FC2ブログ

#裏のメッセージを読み取る

仲間に対しての「ちょっかい」が止まらない子どもがいたとします。

教師は、ちょっかいをかけられた子が嫌がっているという事実を大切にして、ちょっかいをかけている子を注意してやめさせるでしょう。それはそれで大切な指導だと思います。

しかし一方で、その子がどうして「ちょっかい」ばかりかけるのだろうか?と、その子の裏のメッセージを読み取る作業をしてほしいのです。子どもたちは、問題だとみられる行動を通して、私たち大人に、無意識にメッセージを発信していることが多いからです。

「ちょっかい」の件で言えば、反応を知りたい、自分を認識してほしい…、等々の思いが他の子よりも強い子なのかもしれないということがあるでしょう。そしてその思いが強いのは、何らかの事情で、彼の中に満たされていない面があるのかもしれないし、その満たされない部分を、教師との関係や、仲間づくりの実践で乗り越えることができるのではないでしょうか。

問題行動を一面的に叱るのではなく、裏のメッセージを読み取り、対応していくことこそ、コロナ禍で孤立しがちな子どもたちに大切な指導なのだと思います。


(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 


ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新しました!
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!
ブロトピ:更新しました
ブロトピ:千葉関連ブログ更新

#成人式 に向けて

明日、来年1月に成人式を迎える教え子が、実行委員として私の話を聞きたいという連絡を受けたので会ってみることにしました。

\( どんな話をするのかは、わかりません )/

私自身の成人式は、大学のテニス部の合宿所にいたせいもあり、地元の式には参加しませんでした。当時は、成人式に参加することをそんなに重視していなかったような気がします。今は、成人式に特別な思いを寄せる若者の方が多いようです。

全国の成人式が荒れてから、各自治体は色々な工夫をするようになりました。浦安で育った教え子たちは、今回もディズニーランドで祝うのでしょうか?

18歳選挙権時代になり、成人式の意味が……、
大人になることの意味が問い直されています。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#塩崎光蔵 #旭日小綬章 #ファミリーヒストリー

IMG_20201121_090921_047.jpg 
 天皇陛下から勲章をもらった祖父、塩崎光蔵について調べてみました。
 マイ・ファミリーヒストリーですね。

 祖父は、成蹊大学敷地内の広い庭のある一戸建てに住んでおり、私の本籍地は、今でも成蹊大学の住所のままです。

  まず、「成蹊大学 塩崎光蔵」で検索してみました。

 すると次のようなブログが出てきました。

 

▼川口仁「日本アメリカンフットボール史-フットボールとその時代-」
http://kawaguchi-kgfighters.sblo.jp/article/24104549.html

 そのブログ記事の中に祖父が出てきます。

引用-----↓ここから-----
1927年『アメリカンフットボール』の出版に先立ってフットボールのゲームが行なわれた。4月30日、旧制成蹊高校グランドおいてである。成蹊高校は三菱財閥の岩崎小弥太が理事長をし、英国流のパブリック・スクールを範としていたので芝生のグランドがあった。高等師範学校であるためアメリカのテキストの通りに行った場合、実際にできるのかどうかのテストを行った。防具も用意された。このゲームに参加したラグビー部員の中に塩崎光蔵という人がいた。橋本順治は塩崎と甲組で同級生だった。塩崎はこの本の翻訳チームにも加わり、のちに筑波大学ラグビー監督※になった。
※厳密に言えば塩崎監督のときは筑波大学という名称ではないが、名称の履歴にそい旧名で表してもイメージがわかない
引用-----↑ここまで-----

祖父は、筑波大学(当時、教育大学)のラグビーの監督をしていたことは聞いていました。

戦争から引き揚げてすぐに成蹊大学に勤務。

その後、教育大学(現筑波大学)に勤めたようです。そこでラグビー部の監督になりました。

成蹊大学の敷地内の祖父の家に、ほぼ合宿状態で、教育大のラグビー部の学生が通ってきたそうです。

一方、自分自身も、ラグビーの経験を東京高師でしています。

早稲田大学ラグビー蹴球部の1926年の試合記録に、東京高師のメンバーとして祖父の名前が出てきました。東京高師というのは、筑波大学の前身です。

▼1926-10-06vs東京高師/早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト
https://www.wasedarugby.com/gamerugby_detail/id=1118?fbclid=IwAR2dSu51rlU3Nn1on1cG5kdFZ0iTibFuvXHNkcwHJ9wxIuihWOS7EaaCpz0

さて、先のブログには、さらに次のようなことも書かれていました。

引用-----↓ここから-----
『アメリカンフットボール』の復刻を新聞記事にしていただいた。それをご覧になった伊與田康雄氏というかたから出版社を通じて連絡をいただいた。以前筑波大学のラグビー部監督をされていたということであった。連絡いただいた当時は大阪の大学に勤務しラグビー部の監督を引き受けられていたので、お訊ねし話をうかがった。塩崎光蔵氏は大先輩にあたり、塩崎氏は後継者である伊與田氏に自分たちは日本において最初期にアメリカンフットボールのゲームをしたメンバーであることを口伝されたそうである。「塩ジイは」と伊與田氏は切り出された。「私に、君はぼくの後継者だから伝えておきたい。ぼくらはね、岡部さんの後を引き継いで昭和のはじめにアメリカンフットボールをしたんだよ、と言っておられました」
引用-----↑ここまで-----

どうやら祖父は学生時代、日本でアメリカンフットボールを始めたレジェンドの一人だったようです。

また、「塩ジイ」と呼ばれていたことを知り、なんとなくうれしくなりました。

実は、硬式テニスを小学校の時から教えてくれたのは、この「塩ジイ」でした。東伏見のテニスコートに連れていかれて厳しくトレーニングさせられました。

同時に水泳やゴルフも「塩ジイ」に教わりました。今思えば、塩ジイのおかげで、スポーツの習い事いらずだった、私自身の少年期です。

そして、テニスを今の歳まで楽しむことができているのは、「塩ジイ」のおかげであることをあらためて実感しました。

私からも、心からの勲章を渡したいです。

ラグビー (1958年) (体育図書館シリーズ〈第10〉) - – 古書, 1958/1/1
塩崎 光蔵 (著)

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#旭日小綬章

実家で、祖父の荷物を整理していたら、旭日小綬章をいただいたという賞状が出てきた。

旭日小綬章とは、日本の勲章の一つで、旭日章(きょくじつしょう)6つのなかで4番目に位置する。「日本国天皇は…」で始まる賞状は、当時の大平総理大臣と、総理府賞勲局長の名前で発行されていた。
IMG_20201121_090921_047.jpg
「勲章の授与基準」によれば、対象者は、公職では政令指定都市の市長、それ以外の市長、特別区の区長、町村長、都道府県議会議員、市議会議員、特別区の議員、公益団体では全国および都道府県を活動範囲としている団体の長、企業経営者では経済社会の発展に対する寄与が大きい企業、国際的に高い評価を得た企業や技術がとくに優秀な企業の最高責任者、となっています。

成蹊大学で保健体育の教授をしていた祖父であるが、勲章をいただくほどの研究をしてきたことに驚いた。

どんな研究をしてきたのか、とても興味を持った。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#標語でコロナ禍を乗り越えられるのか

「秋の我慢の三連休」だの、
「静かなマスク会食」だの、
「5つの小」だの……

だんだん戦時中の、戦争標語みたいになってきましたねぇ。

戦時中の標語も次のように変換されるかも。

( ̄‐ ̄)。oO(もちろんジョークですが、シャレにはなりませんね)

「欲しがりません勝つまでは」⇒「出たがりません収まるまでは」
「ぜいたくは敵だ!」⇒「会食は敵だ!」
「日本人ならぜいたくは出来ない筈だ!」⇒「日本人なら大声は出せないはずだ!」

共通しているのは国民の個人努力を促すのみで、国としての具体的な政策が出てこないところなのかも……。

標語にすることで、リズムよく国民の脳にアクセスし、いかにもそれが当たり前のことのように決めつけ、前向きな批判を投げかける余地を許さないところが問題です。

政策としての対応、科学的な対応が求められているのだと思います。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

ブログ内検索

1日1回ポチッとよろしく(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

にほんブログ村 教育ブログへ 

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

37年間千葉県の小学校で学級担任として勤務。退職後2つの大学で非常勤講師として、生活・生徒指導、特別活動、発達障害 等の講義を担当。全国生活指導研究協議会常任委員。雑誌『生活指導』(高文研)編集長。著書『教師と子どものための働き方改革』『学校珍百景』 他。黒猫大好き。

さらに詳しいProfile……

にほんブログ村
人気ブログランキング

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
e-mail-send_icon_1150-80.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki
しおちゃんマン YouTubeチャンネル

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター