FC2ブログ

自前の生活、自前の文化、自分の言葉の取り戻す(2)~特別活動における演技・発表実践をとっかかりに~

学校現場で、子どもたちに提供できる(子どもたちが受け入れる)「文化」には、次の三種類+1、あります。

学校が子どもたちに教育の目的を達成するために(達成できるはずだと思い込んで)利用してきた文化を仮に「学校文化」と呼びます。

(1) 学校文化

具体的には、教育の目的を達成するために配慮された(ふさわしいと判断された)合唱・合奏の指導、上から承認された踊りや、学習発表、等々の「文化活動」です。

二つ目は、しおちゃんマン的に、仮に「エンタメ文化」と呼んでいるもの。

(2) エンタメ文化

「娯楽」「気晴らし」「余興」「演芸」「軽い読み物」といったエンターテイメント的に、主にテレビを通して広げられてきた、流行している歌や演芸などの文化。学校文化とは対極にあるもの。

三つ目は、主にネットを中心に広がったニューカマー的な文化。

(3) ニューカマー文化

動画やSNSで広がっている、ダンス、アニメ、ゲーム、ギャグ、それに付随する、音楽や流行語などの文化。エンタメ文化に近いが、低年齢化され、「クローズドでありながら拡散的」な文化です。

プラス(1)とは、学校が好んで利用する文化分類で、かつ、三つの分類の要素を備えている文化。

ジブリドラえもんなどの文化です。

こうした日本の文化実態の中で、それらを教育がどう利用しているのかというテーマで、前任校の「六年生を送る会」を参観させてもらいました。

(つづく)

    




ブログ内検索

1日1回ポチッとよろしく(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

にほんブログ村 教育ブログへ 

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

37年間千葉県の小学校で学級担任として勤務。退職後2つの大学で非常勤講師。生活指導・進路生徒指導、特別活動、発達障害と学級づくり等の講義を担当。2月、3月には小学校現場にも臨時講師として勤務。全国生活指導研究協議会常任委員。著書『教師と子どものための働き方改革』『学校珍百景』 他。黒猫大好き。

さらに詳しいProfile……

にほんブログ村
人気ブログランキング

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
e-mail-send_icon_1150-80.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki
しおちゃんマン YouTubeチャンネル

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター