FC2ブログ

パワハラ・いじめだけではない学校現場

あいかわらずのパワハラ相談。

パワハラ相談_1
来年講師登録をして学級担任をやりたいと報告した若い支援員に「君なんかに担任はできない」と校長が発言。励ますためだなんて言い訳は通用しない。傷ついているのだから。

パワハラ相談_2
新採用指導員に「あなたなんかに教えられている子どもたちがかわいそう」と、職員室でみんなの前で言われた。この指導員。元校長の再任用。女性。

パワハラ相談_3
同僚から「カレー食わせるぞ」と、笑えないいじめ予告。洒落にならない。

しかし、全く別な報告も。

落ち込んでいたら、ベテラン先生から、飲みに誘われた。飲めないけれど、優しさオーラが出ていたのでお供したら、たくさんたくさん元気をもらった。

管理職からパワハラまがいの指導?を受けて落ち込んでいたら、学級の子どもから、「先生、元気ないね。元気出してね。」と言われて、不覚にも涙が出た。

管理職からダメな指導だと酷評されても、保護者から連絡帳で「学校に行くのが楽しくなったと子どもが言っています」と書いてもらえて、やっていることは間違いではないと確信した。

⇒どんなに厳しい学校現場でも、同僚、保護者、そして子どもたちに支えられ、そして支え合うことで、やりがいのある現場に変えていくことができるのです。


 


学校現場のパワハラ問題 Ⅱ

学校現場におけるパワハラ問題が急増しています。

新採指導員が、会議の時間に遅れたことを理由に教師を正座させた、という身体的パワーハラスメントも珍しくありません。問題はそういった「異常な」事案に対して、周りの職員が何も言えないということです。

これは、地位を利用して恐怖により集団的な精神的支配を生み出しているということです。低評価(あいつはダメだという評価)を広げられること…、排除されることの不安と恐怖…、そういったことが「集団的精神的支配」を生み出しています。

また、異議申し立てをすることは、和を乱すもの、空気を悪くするもの(非日常の空気をかもしだすことの否定)、新たな標的になる不安…、があるので何も言えなくなるということです。

管理職に相談しても、自分の力が足りないことを指摘されるだけ、という話も聞きます。管理職としては、コトを問題化したくないという思いが強いためです。

そんな学校現場のパワハラ問題を乗り越えるキーワードは、 "仲間と学び" だと思っています。いい意味で「不当な力に対する陰口が言える仲間を増やす」こと、そしてその中で、どうしてそんなことが起こってしまうのかの学びと分析、そしてそこから具体的な行動を生み出していくことです。

そんな仲間がつくれそうにない時は、外部の相談機関に利用することも大切な行動です。それは卑怯なやり方でも、姑息な事でもないのです。勇気をもって行動するべきです。

忘れてはならないことは、私たちには子どもたちがいるということです。理不尽な支配をそのままの形で子どもたちに自分自身がしていることもある…、ということにも注意を払わなければならないのです。

学校現場のパワハラ問題

国家主導による「一斉・一律、競争」の教育が具体的な形で現場に降りてくる時代になり現場の人間関係で悩む教師が増えてきています。上からの伝達事項が増えたり、成果を求める動きが増えたりする中で、強引な指示命令によるパワハラ問題が急増しています。

「労働問題弁護士ナビ」によると、
https://roudou-pro.com/columns/45/
パワハラとは『地位や優位性を利用した苦痛を与えて職場環境を悪化させること』と定義されています。国家が、現場の地位や優位性に依拠して目的を果たそうとしているのですから、当然そういった問題が発生してきます。

全国各地のパワハラ問題の中身を聞いてみると「きちんとやらせる」「静かにやらせる」「成果を出させる」の三つの目的でパワハラ問題が発生しているようです。その中で、子ども一人ひとりの子どもの思いや苦悩は扨置かれています。そして教師はその間に立って苦しんでいるという図式。

教師の精神的疾患による休職者数は5万人以上。薬を飲みながら仕事をしている人を合わせると、10万人にものぼるのではないでしょうか。教師はその目をどちらに向けるべきなのか、あらためて確認する必要があります。


教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちらです(^-^☆

教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちらです(^-^☆

■ 下記の2つのバナーを1日に1回ずつ、ポチッとしていただけるとランキングが上がり、多くの方に読んでいただけます。よろしくお願いいたします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ内検索

ランキングアップにご協力を

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 

しおちゃんマン★ブログ 嘘芝居な学校を超えて - にほんブログ村

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

37年間千葉県の小学校で学級担任として勤務。退職後2つの大学で非常勤講師。生活指導・進路生徒指導、特別活動、発達障害と学級づくり等の講義を担当。2月、3月には小学校現場にも臨時講師として勤務。全国生活指導研究協議会常任委員。著書『教師と子どものための働き方改革』『学校珍百景』 他。黒猫大好き。

さらに詳しいProfile……

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
mail2020_100.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター