FC2ブログ

静かにさせることが目的な指導に疑問

 黙働黙食…、日本の学校は黙って行動させることが好きです。

 黙働は、仕事に集中させるため、
 黙食は、残さず食べさせるため……、

だそうです。

 おしゃべりしていて仕事が進まないのは問題ですが、仕事が進まないことをおしゃべりしていることのみに原因を求めるのは、あまりにも分析が浅い。

 黙って仕事をすることは、結果的にそうなることがあっても、指導の目的であってはなりません。シーンと掃除をしていても、仕事がはかどらないこともあるのですから。

 黙食にしても、黙って食べさせたところで、好き嫌いがなくなるわけではありません。逆に、友達と楽しくおしゃべりをしながら食べた方が、食べられなかったものが食べられるようになることがあります。

 日本の学校の給食に残飯が多いことの大きな原因は、食べる時間が短いからです。約40分間で、準備と後片付け、そして完食を強いるのは、大人でも難しい。このあわただしい給食Timeを見直さない限り、残飯は増え続けるでしょう。

 おしゃべりが原因ではないと考えています。

 ではなぜ、日本の学校は静かに行動させることが好きなのでしょう。

 一つは、日本の文化に「上からの指示、上が決めたこと」に何も言わず黙って、整然と行動することが美徳とされている点があげられます。

 二つ目に、同じく日本の文化に、「言われる前に行動すること」「上の期待に忖度して行動すること」が優れた生き方であるという価値観があることです。

 そして三つ目が、日本の教育は、創造型ではなく(上からの)伝達型であり、組織自体も伝達型にふさわしいシステムになっていること。つまり、学級は子どもたちの基礎(的)な「集団」ではなく(子どもたち一人ひとりの声を集めてそれを実現するための基礎的集団ではなく)、上からの指示を伝える末端集団であることです。

 日本の学校をトップダウン型からボトムアップ型に変えていかなければならないと考えています。

ブログ内検索

ランキングアップにご協力を

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 

しおちゃんマン★ブログ 嘘芝居な学校を超えて - にほんブログ村

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

37年間千葉県の小学校で学級担任として勤務。退職後2つの大学で非常勤講師。生活指導・進路生徒指導、特別活動、発達障害と学級づくり等の講義を担当。2月、3月には小学校現場にも臨時講師として勤務。全国生活指導研究協議会常任委員。著書『教師と子どものための働き方改革』『学校珍百景』 他。黒猫大好き。

さらに詳しいProfile……

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
mail2020_100.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター