FC2ブログ

大学の授業がなかなかうまくいかないです

大学授業がなかなか思うようにいかなくて悩んでいます。うまくいかないどころか、どんどん下手くそになっていく……。

話していても学生さんたちにメッセージが届いていないことが手に取るようにわかります。つまらなそうに他のことをしていたり、寝てしまっていたり、そんな風景を見るたびに「申し訳ない」と落ち込みます。

授業の方法は、大学の他の先生方の授業を見せてもらったり、自分でも工夫したりして、ある程度固まってきています。

それでもどんどん下手になっていく理由はわかっているのです。

それは、現場から離れているからです。自分のウリは現場の立場で教育を語れることだったはず……。退職してからどんどん時間がたって、現場の空気を伝えられなくなっているのです。

もともと研究者ではない自分が、難しい話をしようとしているところにそもそも間違いがある……。もう一度原点に戻らなくてはいけないな、と。

現場の声を伝えよう。
子どもたちの声を伝えよう。
理論は大切だから学び続けるにしても、その次だ。

それが現場上がりの講師の役割だと……。


【学校珍百景】三部作
  

何を伝えたいのかを明確にしてからしゃべる

先週と今週の月曜日、不登校の子を担任した時の生活指導、学級集団づくり実践を、大学授業で話しました。

昨年度は、200人分のレポートを印刷して配布したのですが、200人規模の授業が3つもあって、一つのレポートだけでA3×裏表4枚もあり、印刷は大変だしその時間もない。しかたなく、口頭で実践を紹介することにしました。

しかしここで、しゃべることの難しさを実感。何人かの学生は寝ていたし、つまらない小ネタには全く反応せず。

今流行の講談師のようにしゃべりたいのですが、そんな力量やスキルはあるはずもんい。形だけでもと、パパンパンの張り扇を使おうと思ったら、通販で5000円かかる。遊び心で利用するものではないと判断して諦めました。

つまらなそうに教室を後にする学生を見て、申し訳なさと悔しさでかなり凹みました。

おもしろくしゃべるのではなく、何を伝えたいのか明確にしながら話をすることが大切。もっと内容を伝えることについて真摯に向き合わなければダメだ。そのためにはもっと準備をしっかりと。

でも、一度落ち込むと、なかなかテンションが上がらないで困ってます。


【学校珍百景】三部作
  

授業は子どもたちとの関係がベース

二つの大学での全ての授業をぶじスタートさせることができました。

昨年度と違うのは、授業前と授業後に、学生さんたちと話ができるようになったことです。一年目は、何を話していいのか、どう話していいのか、いろいろ考えすぎてしまい、なかなか話ができませんでした。それが自然にできるようになりました。

これは、昨年、他大学で授業を参観させてもらった時に、関係づくりの大切さを学んだことと、そして、そもそも自分は小学校時代から、そのことが大切だと言い続けてきたこと、そして私自身がそういったことが好きであったことなど……、つまり、自分は関係をつくりながら授業をつくっていく教師だったことを思い出したということです。

学校現場の皆さんで、子どもと何を話したらいいのかとか、どう話したらいいのかとか悩んでいる人がいたら、まずはあまり考えすぎないことです。話したくなかったら無理に話さなくてよいし、あくまでも自然なスタンスで子どもたちと接しましょう。そのスタンスが逆に話ができるようになるものです。ただし、子どもたちの方から話しかけてきたら、真摯に向き合い、応答しましょう。

授業というのは、授業だけで完結するのではないこと、子どもたちとの関係づくりが大切であること、そして最近では、できる・できない、守る・守らない…、ばかりを指導して、関係づくりを忘れてしまって、子どもたちとすれ違いを起こしたり、子どもたちが学力を失っているケースが増えていることを心配しています。


  


特別支援学級の参観で学ぶ(3)

読むこと、書くこと、計算することの学習でやっかいなのは、どうしても達成目標があること。そしてその達成目標に対してどれだけ近づけるかが教師の指導目標になってくる。

ところが、特別支援学級の子どもたちは、学年も違うし、持っている課題も違うので、その子に合ったペースと内容で指導しようとすると、どうしても個々バラバラな教材を与えて個別に指導することになる。そしてその学習スタイルも、ドリル学習、繰り返しのトレーニング学習中心になってしまうのが現実。

この方法だと当然教師の数は足りない。この方法であれば、子ども一人あたりに一人以上の教師が必要である。

複数の子どもに共通の課題を見つけて、その課題に合った教材と指導方法についてもっと研究が広がっても良い。

つづく

  



ブログ内検索

ランキングアップにご協力を

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 

しおちゃんマン★ブログ 嘘芝居な学校を超えて - にほんブログ村

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

37年間千葉県の小学校で学級担任として勤務。退職後2つの大学で非常勤講師。生活指導・進路生徒指導、特別活動、発達障害と学級づくり等の講義を担当。2月、3月には小学校現場にも臨時講師として勤務。全国生活指導研究協議会常任委員。著書『教師と子どものための働き方改革』『学校珍百景』 他。黒猫大好き。

さらに詳しいProfile……

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
mail2020_100.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター