FC2ブログ

歪んだシェルター

●事件を日本の学校のSOS

「神戸同僚いじめ事件」が報道された当時、「ああいうグループいるいる」「うちにも似たようなことがある」という声が全国から寄せられました。つまりこの事件は、どこの学校にも起こりうる(起こっている)事件であり、特別な個が起こした事件ではなく、 “日本の教師からのSOSである” という見方が大切であることがわかります。

ではここで言う「ああいうグループ」とはどんなグループなのでしょうか。そのグループを分析することで、そのような関係を発生させてしまう職員間の問題や、それを生み出す教育政策について見えてくるかもしれないのです。
「ああいうグループ」について聞き取りを続けていくと次のように整理することができました。

・『のり』と「いじりコミュニケーション」でつながっているグループ。
・メンバー個々は仕事ができる(ように見せている)。
・子どもたちと仲が良い(ように見せている)が、裏ではかなり厳しい。
・子どもたちや保護者に強く支持されている(ように見せている)。
・管理職に一目置かれていて、何かと彼らに仕事が任せられる。
・彼らは管理職に異議申し立てはしない。意見する者には批判的。

いじりコミュニケーション」とは、誰かをいじることによってグループ内の『のり』を高め、そのスキルでメンバーの “「キャラ起て」や力関係が決まる関係” です。いじられる側もいじられるキャラを演出しながら、そこを居場所にしていることもあります。このような関係が、「いじめ・迫害」につながせることは言うまでもありません。「ように見せている」と書いてあるのは、本当はそうではないのだけれどそのように見えるように「嘘芝居」をしなければならない立場におかれている、ということです。

このような一見親密なグループは、上からの強い管理と競争、そして同調圧力が強い集団に発生します。そこから身を守るための『歪んだシェルター』だとも言えます。

成果を出さなければならない競争と同調圧力は、できていることの『嘘芝居』が求められます。そんな『嘘芝居』ができる者とできない者とで、さらに力関係が発生します。


●2013年のブログですでに警告していた

6年前の2013年12月、私はブログで日本の学校に職員間のトラブルが起こることを警告していました。

「来年から特に教員の「強い指導」、緻密な実務力、そして「上」への忠誠心が求められるでしょう。そしてそれを徹底させるための厳しいしめつけ、さらには教師間の差別、できない職員に対して蔑む空気が今よりも益々広がることが予想されます。」

「こういった職場の問題について今までは教師個々が自分の問題として受け止め、自分を責めることで対応してきました。その結果教師の精神的疾患が広がりました。しかしこれからは外に、攻撃的に向かう危険があると思っています。それが来年あたりからかなと……。」

「傷害事件等、教師間のトラブルが多発する心配があります。子どもたちと教師のトラブルは過去に沢山ありましたが、教師間のトラブルはあまりなかったのです。しかしそれが多発する予感があるということです。そんな悪い予感が当たらなければ良いと思っています。」

ちなみにこの時期は、特定秘密保護法が話題になり、12月6日に成立し、12月13日に公布され、2014年12月10日に施行されています。教育界では、教師のSNS参加について「調べ」が始まり、外国語の授業や道徳の教科化の準備がスタートしました。改正教育基本法が具体的に現場に降り始めた時代です。現場では、同調圧力が強まり、見える成果を出す仕事が求められ、教師の多忙化はますます異常になっていきました。職員間のトラブルがこうした教育行政の背景の中で発生していることに注意を払う必要があります。


●教師個々の違いを大切にして共同していける職員室に

上からの目に見える成果を求められる現在の学校。果たして教育は見える成果として評価できるのでしょうか?教育とは『見えない豊かさ』こそ大切なのではないでしょうか。

若い職員がどんどん入ってくる時代になり、同じ指導方法を強いることが多いのですが、それが同調圧力につながっていないでしょうか。

今求められているのは、教師個々の『違い』を大切にして実践の自由を保障し、そのアイデアと工夫を生かしつつ、全職員で『共同』することです。

『違い』と『共同』は一見矛盾するように感じますが、だからこそリアルな対話が求められます。そしてリアルな対話こそ、大きな『教師力』を発揮するのではないでしょうか。


 


ブログ内検索

ランキングアップにご協力を

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 

しおちゃんマン★ブログ 嘘芝居な学校を超えて - にほんブログ村

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

37年間千葉県の小学校で学級担任として勤務。退職後2つの大学で非常勤講師。生活指導・進路生徒指導、特別活動、発達障害と学級づくり等の講義を担当。2月、3月には小学校現場にも臨時講師として勤務。全国生活指導研究協議会常任委員。著書『教師と子どものための働き方改革』『学校珍百景』 他。黒猫大好き。

さらに詳しいProfile……

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
mail2020_100.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター