FC2ブログ

『生活指導』10-11月号

特集 子どもの権利条約が発効して30年
子どもが権利行使主体として育つ学校

kikanshi20131011.jpg

日本財団による2019年「18歳意識調査」の結果、他国の若者の意識と日本の若者の意識を比べた結果、

「~日本の若者は、それでも半数近くは社会課題があると思いつつも、『口には出せない』、ましてや『自分の力ではどうしようもない』と思っている~」藤井啓之

子どもたちを権利主体に育てる実践が3本紹介されています。

実践_1 「なんの、さなぎかな」嶋田真木子
実践_2 学級、学校を子どもたちとともに 星野寛
実践_3 学校に自治を 村松忠彦
解説ミニ論文 藤井啓之
論文 学校における子どもの権利学習と権利保障 間宮静香


第2特集
新型コロナ感染が子どもたちに及ぼしたもの
-新型コロナ問題と子どもたちのいま 加納昌美

「~コロナ禍で顕在化する子どもの困難の多くは、コロナ以前から存在している社会のひずみより顕在化したものである~」松田洋介

この視点を大切にしたい。教室の密の問題、オンライン授業環境の準備が整っていなかった問題、教師個々の業務負担の問題等々、全てコロナ以前から問題視してきたことだったということです。

紹介実践は5本です。

実践_1 コロナ禍でも変わらないこと 勝野一教
実践_2 コロナ禍の中で 藤崎慎悟
実践_3 お昼においで、猫の足あとハウスへ 岸田久恵
実践_4 教師にすべてを押しつける学校再開への「ロードマップ」 西長吉
実践_5 CHANGEをCHANCEに! 坂本光子
解説ミニ論文 コロナ禍が生活指導実践にもたらすもの 松田洋介

[特集以外でも読み応え満載]
■実践の風景
今こそ子どもたちの "声"から実践を 柏木伸一

■子どものこえ・おとなのこえ
教室での言葉をひろって 金城善史

■読書案内
『サル化する世界』紹介者:古関勝則


▼全生研機関誌『生活指導』年間購読申込フォーム(年度途中用)
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=a9a244a5b54e06b3



(*ᴗˬᴗ)⁾⁾


----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

真・4つ目の「密」

コロナ禍においては、3つの「密」に気をつけなければなりません。

それは、密閉・密集・密接です。

しかし、私たちは4つ目の『密』に注目してきたことに気づきました。

それは、『親密』です。

新版「学級集団づくり入門~小学校~」(明治図書)の「班づくり-班とは何か」P68では、

引用-----↓ここから-----
班づくりとは、自治の基礎的集団であると同時に、一人ひとりの子どもにたいしてもっとも人格形成力をもつ第一次集団でもあるような班をつくっていくことを課題とするものである。
引用-----↑ここまで-----

としています。

そして、第一次集団とは、

引用(P67)-----↓ここから-----
家族、遊び集団のように、顔と顔をつきあわせて親密な接触と協同をおこなっているインフォーマルな小集団のこと。
引用-----↑ここまで-----

と解説しています。


「3密」を経て、親密な関係が発生します。

コロナ禍の班づくりのあり方が問われています。

3密を経ない親密……、つくりだせるのでしょうか。

3密を経ずに、子ども一人ひとりの要求を守り、引き出し、実現していく班づくりが可能なのでしょうか。

コロナ禍での実践は、あと1,2年は続くと思います。

出会わない「出会い」
参加しない「参加」


そんな一見矛盾した実践の切り口が、冗談でなく、問われているのかもしれません。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾


----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

「生活指導」誌の編集長になりました

高文研から隔月で発行されている雑誌『生活指導』の編集長になりました。

発行元は、全国生活指導研究協議会です。

_20200830_084919.jpg

雑誌『生活指導』は、長年、生活指導・集団づくりについて、常に先進的、研究的な実践を提起してきました。

そして何よりも、子どもの声、保護者の声、教師の声がリアルに紹介されていることが特徴です。

年間購読の申し込みは、下記のフォームからできます。

▼全生研機関誌『生活指導』年間購読申込フォーム(年度途中用)
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=a9a244a5b54e06b3

Amazonから一冊ずつ購入もできます。



これからも、現場の皆さんに、未来を見通した教育実践を、先進的・研究的に提起し、私もその編集につとめたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾


----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

子どもの多様性を認める集団の指導

「多様性を認める」とは、違いを明確にするだけでは足りません。

その権利を平等に保障すること……、そして権利を平等に保障する社会・集団をつくること、それらに取り組まなければ「多様性を認める」とは言えません。

たとえば…、

特別なニーズを持つ子どもの指導について、教師とその子の指導については明確になってきました。

しかし、その子と他の子、その子をめぐる子どもたちの指導については、まだまだ研究が足りないと考えています。

教室では、やっかいな仲間として受け入れていても、対等な意見交換のできる仲間としてはなかなか受け入れられていません。

研究的教育実践は出始めているので、その研究に期待しています。



(*ᴗˬᴗ)⁾⁾


----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

今日は「夏のレポート学習会@オンライン」

今日は、全国生活指導研究協議会(全生研)の、夏のレポート学習会@オンラインの、私が担当する分科会「小学校高学年の集団づくり」の日です。

※参加受付は締め切られています。

2本のレポートを午前中2時間、午後2時間かけて分析します。

おかげさまで、多くの参加を得ることができ、私の分科会だけで70名を超えています。

Zoomを使うのですが、正直、こんなに大人数でZoomの司会をすることは初めてです。

そして何よりも、Web会議自体が苦手です。

せっかく多くの価値が参加してくれるのに、その学習保障ができるのかどうか不安ですが、開き直って進めるつもりです。

2本のレポートに共通しているのが、様々な要因で指導が困難な子どもが増えているということです。

そしてそんな子どもたちにしてしまっているのは、学校そのものではないのか?という疑いも持っています。

しかしそんな困難な状況にあっても、教師と子どもたち、教師と保護者、子どもたち同士がつながりながら、集団づくり・生活指導を進めていく実践が紹介されています。

機会がありましたら、このブログでも、分析から学んだこと紹介してみたいと考えています。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾


----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

教師の夏休み

ひと昔前は、教師は夏休みがあってうらやましいだの、ずるいだの言われていた時代もありましたが、今は、教師は子どもは来ないけれど、色々な公務・校務があることが知られてきたので、ズルイという人はいないと思います。

年休(有給)を夏休みにまとめてとる人も多いのですが、夏休み短縮により、年休を使い切れる人はますます減ると思います。

そもそも部活動を担当している人は、コロナ禍でなくても年休どころか、決められた休暇日数も消化できなかった……。

書類上休んだことにしておいて、部活動の指導をするという事例もたくさんありました。


そんな「休めない夏休み」で、私自身が楽しみにしていたのが、民間教育団体や組合が主催する全国規模の研究会に参加することでした。

しかし今年は、どの大会も中止になってしまいました。

そんな中、全国生活指導研究協議会では、Zoomを利用したオンライン学習大会を開くことになっています。

▼夏のレポート学習会@オンライン(要項)
https://ameblo.jp/zenseiken/entry-12612756903.html

オンラインでどれだけの「元気」を参加者とともに感じることができるのかどうかわかりませんが、新しい試みに前向きにチャレンジしてみたいと考えています。

私の担当するのは、12日の第7分科会です。

なお、参加するには、全生研の会員であることか、または、会員の紹介が必要です。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾


----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

夏のレポート学習会@オンライン(要項)

夏分科会_1_520

申し込みは、こちらから
https://ameblo.jp/zenseiken/entry-12612188517.html


夏分科会_2_520

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾


----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 


ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新しました!
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!
ブロトピ:更新しました
ブロトピ:千葉関連ブログ更新

子どもの心の中に「安心感」を届ける(生活指導8_9月号)

注目していた『生活指導』8/9月号が届きました。

EcxTMdhUcAAEbjz.jpg

特集紹介の文章を引用いたします。

引用-----↓ここから-----
子どもの心の中に「安心感」を届ける~アタッチメントと生活指導~

小さな子どもは恐れや不安を感じると、養育者に依存している大人にくっついたり、抱っこしてもらい、そこで「安心感」を与えてもらうことで再び、外界への探索活動に参加していきます。しかし、今日の貧困問題や児童虐待問題の深刻化に見られるように、多くの子どもたちが家族の中で十分な「安心感」を育めず、恐怖や心身の苦痛を抱えたまま日々の生活を送っているのではないでしょうか。

それだけに学校では、まず、子どもたちの心の中に「安心感」を育み、子どもたちが安心して世界の探索に参加していけるように援助していくことが課題になってきます。

また、子どものなかには、自分の恐怖や心身の苦痛を敏感に受け止め、応答してくれる他者をどこにも持てないまま、他者と世界への強い恐怖と不安から攻撃的な言動をしてしまうことも少なくありません。

それだけに、一見すると攻撃的な言動を繰り返す子どもの心の中にある不安や恐れを受け止めつつ、子どもの心に「安心感」を届ける関りがとても重要になってくるのです。

本特集では、3本の実践報告と理論的な解説を通して、学校現場のなかで子どもたちの心に「安心感」を届ける生活指導の課題と方法を、通常の場合、「愛着」と訳されていることが多い「アタッチメント」の理論を踏まえて考えたいと思っています。

編集委員会 楠凡之(北九州市立大学)
引用-----↑ここまで-----




教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちらです(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちらです(^-^☆

アタッチメントと生活指導

愛着障害を「アタッチメント」と言い換えることによりその意味を明確にしました。

そして、アタッチメントのトラブルにより苦悩する子どもたちにどう向き合ったのかの生活指導実践と解説が満載です。



代金、681円と安価です。
どうぞ、ご購入下さい。


教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちらです(^-^☆

教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちらです(^-^☆

ブログ内検索

1日1回ポチッとよろしく(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

にほんブログ村 教育ブログへ 

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

37年間千葉県の小学校で学級担任として勤務。退職後2つの大学で非常勤講師。生活指導・進路生徒指導、特別活動、発達障害と学級づくり等の講義を担当。2月、3月には小学校現場にも臨時講師として勤務。全国生活指導研究協議会常任委員。著書『教師と子どものための働き方改革』『学校珍百景』 他。黒猫大好き。

さらに詳しいProfile……

にほんブログ村
人気ブログランキング

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
e-mail-send_icon_1150-80.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki
しおちゃんマン YouTubeチャンネル

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター