FC2ブログ

「不安と投げやり」「不信と傷つき」の荒野にいる高学年の子どもたち

一 高学年は「競争」の "最後の戦場"

今の子どもたちは幼児期から競争がスタートする。スイミングやサッカー等のスポーツはもちろん、ピアノやバイオリン、そして学習関連の習い事……。それらが二~三歳からスタートできるように準備されている。

しかし、実際には早くからスタートできる家庭とそうでない家庭があることも事実であり、スタート時からその格差は広がっている。

この競争は "必ずしも幸せに結びつかない「幻想の競争」である" ということを保護者はなんとなく気づいている。それでも子どもたちの「勝利」を信じて(願って)子どもたちをスタートラインにつけるのである。

子どもを幼児期から競争のスタートラインにつける保護者の思いは、まずは子の幸せを願う愛情がある。しかし一方で、「競争に勝利できるか、逆に敗者になるかは『自己責任』である」といった「新自由主義」の考え方の「あおりとおびやかされ」がある。この「あおりとおびやかし教育政策」に追い立てられるかのように競争に参加し、生きづらさを抱え込まされているのが今の日本の子育て・教育状況であると言える。

ちなみに、今の子どもたちは、仲間の失敗や間違いを許さない傾向と、一方で自分を責める傾向が強いのは、自己責任を強いられてきたからなのかもしれない。

さて、幼児期から、可能な限り「子育て競争」に経済的にもつぎ込んできた幻想のレースも、小学校高学年で、ある程度結果が見えてくる。

スポーツの習い事を続けてきた子も、自分の実力を目に見える形で突きつけられ、どんなに努力しても自分は上にはいけないこと、勝てない仲間がいる事に気づくことになる。そしてその中で自分を見失い、荒れることもある。

学力も同様で、自分の「学力」を仲間と比較してみることになり、自分の「学力」のレベルはこの程度....と自分を評価しつつ、一方で、将来に対する大きな不安とあきらめ、中には投げやりな態度をとる子も出てくる。これは、高校進学という具体的な第一のゴールが見えてくる中学校二年生あたりまで続く。

そして中学校二年生で「第一次競争」は一段落する。子どもたちは競争の結果がどうであれ、ほっと一息つくのである。そういった意味で、小学校高学年の時期が「最後の戦場」であると同時に、子どもたちが一番不安におののく時期であると言える。

私たちは、子どもたちのこうした幻想のレースの真実を知り、その不安と苦悩に並走することが求められている。それは答えを出す対応ではなく、一緒になって頭を抱えられる関係であり、呼びかけて応答の関係であるとも言えるのである。

二 「高度?」なコミュニケーションからあぶり出される子どもたち

通級指導とは、子どもの自立を目指し、障害による困難を改善・克服するため、一人一人の状況に応じた指導を行うことを言う。この通級指導を利用している子や、特別支援学級に在籍する子が急増している。通級指導を利用する子は二0一七年調査でついに十万九千人にも及び、その後も増え続けているのだ。このことをどうとらえれば良いのだろうか?文科省は認知が広まったことと、個別な対応や特別な支援に理解が広がった……、と前向きに評価しているが、果たしてそれだけなのだろうか。

私は、通級に通う子どもが急増の背景には二000年前後からの「一斉・一律・競争」の教育の中で、それに適応できない子どもたちが「あぶりださされた」疑いをどうしても持たざるを得ないのである。

学校は、学校生活の細かな所作や生活態度を統一徹底させ、教師は、教育成果を見える形で出すように求められる中で、個性ある子どもたち、特性を持つ子どもたちが「あぶりだされた」のではないかと危惧しているのである。

さらに学校は、一斉・一律に行動、生活できない子を問題視し、マウントをとるような強い指導で調教しようとするので、発達の特性を持つ子が二次障害を引き起こし、反抗的・暴力的になっている事例も少なくない。

また、子どもたち同士の中にも、私が「嘘芝居コミュニケーション」と呼んでいる "高度なコミュニケーションスキル" が求められるようになり、それについていけない子ども……、ついていこうとしない子どもが、排除されているのではないか、とも見ている。
 
「嘘芝居コミュニケーション」とは、

・関係を保つために、互いに本音でないことを了解しつつ付き合い
・強い意見に同調し
・時にはおちゃらけ、
・意図的に誰かをいじり、時には自分がいじられるように仕向け、
・そのために必要以上に悪ふざけができる自分を演出するコミュニケーションである。

そんなコミュニケーション世界についていけない子……、必要としない子があぶり出されているような気がしてならないのである。

三 教室の中にシェルターを……、そしてやがて立ち上がる

幼児期から "自己責任レース" に参加させられ、やがて現実を突きつけられる高学年の子どもたち。

学校の理不尽な管理と、過度な気遣いが必要な仲間関係の中で傷つき、生きづらさを感じている高学年の子どもたち。

まさに高学年の子どもたちは "「不安と投げやり」「不信と傷つき」の荒野" にいる。そんな高学年の子どもたちの実践テーマを提起してみる。。

[安心と信頼関係はお互いの理解を深める]
子どもたちは身体的にも精神的にも守られなければならない。特に今の学校現場のように競争と排除が押し寄せてくる中で身を守ることは必須である。まずは、教師が子どもたちと安心と信頼の関係づくりにつとめよう。

「ロビー活動」を積極的に進めよう。
「個人ノート」を多用し、一人ひとりとじっくり語り合おう。

そしてその過程で子ども理解を深め、出会い直しを何度でもしていこう。

また、同じ生きづらさを抱えた仲間の存在を知らせることも大切。そういった仲間と、学級内クラブやボランティア活動など、時には学級を超えた仲間づくりや行動提起をすることも考えられる。

それらの活動の中で、自分とは違った仲間が自分と同じ生きづらさを感じながら生きていることを知るだろう。そして自分と違ったものを持っている仲間こそリスペクト出来ることに気付くであろう。

[点数で競う学習に対峙する「学び」を]
社会に課題や問題をみつける目と、それに対する「学び」の指導が大切だ。子どもたちが自ら立ち上がるためにはこの「学び」が原動力となる。その「学び」とは、点数で競う学習に対峙する「学び」である。その「学び」の必要に気づくためには、次の三つがキーワードだ。

1.情報に批判的に関わること
2.自分とは違った意見こそに耳を傾けて議論を深めること
3.学びから、行動することへの見通しを持つこと

[学校を変えるルートの再生]
自分たちの生活に直結している学校生活を変えることができるルートの確保、または再生が必要だ。具体的には児童会の利用と再生の道筋をもう一度見直してみよう。子どもたちの声が反映され、要求が実現されるような児童会の「カタチ」を今の時代にあった組織の仕方で見直してみよう。

[教師の共同とヘルプできる力]
教育活動は実は共同作業である。小学校では学級担任制であるので、ついついそのことを忘れてしまう。共同というのはなんでもかんでも足並みをそろえることではない。一緒になって子どもの成長のストーリーに関わり、科学的な分析と指導のアイデアと知恵を出し合い共に実践していくことである。そして困った時、悩んだ時にはヘルプできる関係と力を持つことである。ヘルプする力は教師にとって大切な力量の一つである。

[保護者と和解して連帯する]
教師と保護者は和解しなければ連携・連帯はできない。お互いが持っている不信感を消すためにお互いの生きづらさを知る必要がある。同じ生きづらさの中で生きていることに気づく必要がある。そのためには自分の弱さやつらさを出し合えるような対話と空間が必要だ。

SNSの時代、不可能ではない。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

小学校高学年の実践課題(3)

※メモ的投稿

3.教室の中にシェルターをそしてやがて立ち上がる

"「不安と投げやり」「不信と傷つき」の荒野" にいる高学年の子どもたちの実践課題4。

①教師との安心できる関係づくり
【具体的実践例】
ロビー活動での対話
個人ノートの活用
 
②同じ生きづらさを抱えている仲間づくり
【具体的実践例】
ボランティア活動の呼びかけ
時には学級を超えたサークル活動の支援

③社会に課題・問題をみつける目と学びの指導
【具体的実践例】
点数で競う「学力」に対峙する『学び』
情報に批判的に関わることも
 
④学校社会を変える問題提起ができることの指導
【具体的実践例】
児童会の再生と利用の指導
一人の声をみんなの声に広げるイメージで

まずは子どもたちを守り、安心できる関係をつくることが大切である。

子どもたちはその中で癒されて学び、仲間をつくりながら生活に働きかけていくのである。

高学年の教室は、ケアーと自治、学びに向けて学級集団づくりを進めていく必要があるのです。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

小学校高学年の実践課題(2)

2.「高度?」なコミュニケーション世界からあぶり出される子どもたち

通級指導とは、子どもの自立を目指し、障害による困難を改善・克服するため、一人一人の状況に応じた指導を行うことを言います。

この通級指導を利用している子や、特別支援学級に在籍する子が急増しています。

通級指導を利用する子は2017年調査でついに10万9千人にも及びその後も増え続けています。

このことをどうとらえれば良いのでしょうか❓

文科省は認知が広まったことと、個別な対応や特別な支援に理解が広がったと前向きに評価していますが果たしてそれだけでしょうか。

私は、通級に通う子どもが急増の背景には2000年前後からの「一斉・一律・競争」の教育の中で、それに適応できない子どもたちが「あぶり出された」疑いをどうしても持たざるを得ないのです。

・学校生活の細かな所作や生活態度を統一徹底されたり....。
・教師は教育成果を見える形で出すように求められたり....。
・その中で「あぶり出される」子どもたちが急増したのではないかと....

一方で、子どもたち同士の中にも、私が「嘘芝居コミュニケーション」と呼んでいる "高度なコミュニケーションスキル" が求められるようになり、それについていけない子どもが、排除され、撤退しているのではないかと見ています。

嘘芝居コミュニケーションとは、

・関係を保つために、互いに本音でないことを了解しつつ付き合い
・強い意見に同調し
・時にはおちゃらけ、
・意図的に誰かをいじり、
・時には自分がいじられるように仕向け、
・そのために必要以上に悪ふざけができる自分を演出したりするコミュニケーションです。

そんなコミュニケーション世界についていけない子、必要としない子があぶり出されているような気がしてならないのです。

3.教室の中にシェルターをそしてやがて立ち上がる

つづく

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

小学校高学年の実践課題(1)

1.高学年は「競争」の最後の戦場なのかもしれない....

今の子どもたちは幼児期から競争がスタート。スイミングやサッカー等のスポーツはもちろん、ピアノやバイオリン、そして学習関連の習い事。それらが2~3歳からスタートできるように準備されている。しかし、実際には早くからスタートできる家庭とそうでない家庭があることも事実でありその格差は広がっているのも事実である。

いずれにしろこの競争は幻想であることは(ゴールが必ずしも幸せに結びつかないことは)保護者はなんとなく気づいている。それでも子どもたちの「勝利」を信じて(願って)子どもたちをスタートラインにつけるのである。

子どもを幼児期から競争のスタートラインにつける保護者の思いはもちろん一つは子の幸せを願う愛情。

もう一つは「競争に勝利できるか逆に敗者になるかは『自己責任』である」といった「新自由主義」の考え方のあおりがある。この「あおりと脅し教育政策」に追い立てられるかのように参加し、生きづらさを抱え込んでいるのが今の日本の子育て・教育であると言える。

さて、幼児期から、子育てに成果を出すことを自己責任と評価され、経済的にも可能な限り子育て競争につぎ込んできた競争も、小学校高学年で、ある程度結果が見えてくる。スポーツの習い事を続けてきた子も、自分の実力が目に見える形で突きつけられ、どんなに努力しても自分は上にはいけないこと、勝てない仲間がいる事に気づくことになる。その中で自分を見失い、荒れることもあるのである。

学力も同様で、自分の「学力」を仲間と比較してみることになり、自分の「学力」のレベルはこの程度....と自分を評価しつつ一方で大きな不安とあきらめ、中には投げやりな態度をとる子も出てくる。これは、高校進学という具体的なゴールが見えてくる中学校2年生あたりまで続く。

中学校2年生で「第一次競争」は一段落する。子どもたちは競争の結果がどうであれ、ほっと一息つくのである。そういった意味で、小学校高学年の時期が「最後の戦場」であり、子どもたちが一番不安におののく時期であると言えるのかもしれない。

私たちは、子どもたちの幻想レースの真実を知り、その不安と苦悩に並走することが求められている。それは答えを出す対応ではなく、一緒になって頭を抱えられる関係ではないだろうか。


2.「高度?」なコミュニケーションからあぶり出される子どもたち

つづく

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#社会的排除とそれを利用した政治的包摂

全生研メモより

●システム転換の権力性が生み出す社会的排除とそれを利用した政治的包摂

・「在宅勤務」という『働き方改革』
・「オンライン学習」という『支配的学び方改革』

格差の顕在化
家庭の学校化による学習環境格差の顕在化
DV件数、自死する女性、子どもの急増

×インクルーシブな顔をした嘘っぱちな「政治的包摂」

その陰で、大手企業と官僚・政治家たちとのズブズブな関係

タブレッとを子ども一人ひとりに渡す背景に、どれだけのお金が動いているのだろうか。

嘘っぱちな政治的包摂に、ケアーと自治を対峙する。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

生活指導2021年4・5月号

雑誌『生活指導』4-5月号が購入できます。

編集長になってからの初めての仕事です。とは言っても、ほとんど編集委員の助けをかりながら仕事を進めました。

故竹内常一先生の生活指導論との対話特集は必読です。

多くの皆さんのお手元に届くことを願っています。

20210405.jpg

mokuzi_45.jpg
上記表紙をクリックしてAmazonでも購入しましょう。 

年間購読(6冊)はこちらです。 
↓↓ 
▼全生研機関誌『生活指導』年間購読申込フォーム(年度途中用) 
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=a9a244a5b54e06b3

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#コロナ禍の学校づくりと生活指導の課題 (まとめ)

来月発売の「生活指導」誌4-5月号の冒頭論文、「コロナ禍の学校づくり・生活指導の課題」(山梨大学 高橋英児)を先行して読ませてもらいました。その読書メモをこのブログで3回に分けてアップしました。本日、そのまとめと感想です。

高橋(英)氏によると、
-----↓ここから-----
コロナ禍で発生したように見える日本の危機は、実はコロナ前から問題にされてきたことです。子どもの貧困の問題しかり、虐待の問題しかり、そして教育格差(教育の機会均等)の問題でもあります。それらの問題がコロナ禍によって、より明確に可視化されたととらえて良いと思います。

日本政府は、コロナ禍の中でより明確に可視化されたそれらの問題を、国民個々の自己責任で耐えさせ、それが耐えられない人々から切り離していく政策をとり続けています。そしてその中から、人々を相互監視や差別、排除の関係へと向かわせることになっています。

学校再開後の学校現場では子どもたちの感染防止対策と学力保障との間に矛盾と葛藤、そして教師の大きな苦悩が生まれました。しかし文科省は学校現場に、人的保障・環境保障をしないままに学習指導要領全面実施を徹底させることを結果的に強要し、学校・教師・家庭に多くの負担を与えることになりました。

文科省が学校再開後、感染予防対策が呼びかけながらも、学習指導要領の全面実施の圧力が強かった理由は、今回の学習指導要領が「改正」教育基本法が目指した 「国家の統治行為」としての「義務教育」を全面的に実施する最初の学習指導要領であるということです。

そして、コロナを「口実」にして学習指導要領の方向性を実現すべく、コロナ前に準備してきた施策を進めていると言えます。その二つの柱は、
「GIGAスクール構想」(文科省2019年12月)
「未来の教室」(経産省2018年度~)
であり、これを『令和の日本型学校教育』(中教審答申素案)としています。

苅谷剛彦「コロナ後の教育へ」によると、それらは「文科省が経産省とともに進めてきたGIGAスクール構想をさらに日本の教育全体に拡張するプラン」であり、「AIやICTの活用を全面展開することで新しい社会の実現をめざすSocirty5.0の政策構想に適合する教育をつくり上げようとする政府の明確な意思の表れ」であると言えます。そして現政権がねらう「行政や社会サービスのデジタル化」の推進と一致しているとも言えるのです。。

そして、この構想の中核が『個別最適な学び』です。それは、一人ひとりの子どもに合わせて指導方法・教材・学習時間帯などの柔軟な提供や設定を行う「指導の個別化」であり、指導の個別化を通して、子ども自身が学習を最適となるように調整する「学習の個性化」です。これをICTを活用しながら追及していくということです。

しかし、この構想には本質的な問題があります。子安潤「ICTの不可能とリアル授業の可能性」よると、

(1) 商品化されたアプりとコンテンツを利用するICT活用授業によって、教師の自律性と専門性が奪われ、授業の画一化が進む。

(2) 一人ひとりの学習者自身のニーズ・要求やつまずきに十分応答するものではないだけでなく、学習者自身の自己決定権の契機を欠いた学習を強いるものとなる。

そして、

(3) 方法として用いられるICTやAIが、教師と子どもを監視・管理するむための手段と化す問題もある。

という問題があげられます。

さてこのような状況の中で、高橋(英)氏は、今後の取り組みとして必要な視点を3つあげています。

(1) 福祉と教育とをつなぐ視点からの学校づくり
・子ども、保護者、同僚が健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を保障するための場所へと学校を作り直す。ICT機器は、対話や関りを取り戻す手段として活用する。

(2) コロナ禍での生活現実、社会的現実を問い、社会参加にひらかれた「学び」を追及していく。

(3) 子どもたちの成長や発達に必要な交わりと関係を保障する場所として、学校の時間と空間、活動を見直す。
・子どもの意見表明権の機会の保障し、共にコロナ後の学校生活の実現に向けて「自治」を追及していくこと。

このような取り組みが、すべて自己責任にされる現在の世界を乗り越え、現実世界に対する共同責任と連帯の世界を立ち上げ、その克服に向かっていけるとしています。
引用-----↑ここまで-----

生活指導誌では、この論文の後、コロナ禍における具体的な生活指導実践が紹介されていますが、この場では、この論文の感想のみ、あげておきます。

●コロナ禍を契機にして、政府が「行政や社会サービスのデジタル化」の推進を教育の面からも推し進めていこうとしていることが分かった。

●その構想が、学習指導要領にもあり、コロナ禍において、やたらと時数確保や、オンライン授業の推進を現場の負担や子どもたちの健康管理を無視して取り組もうとしている背景がわかった。

●「行政や社会サービスのデジタル化」の問題、ICTやAIを利用した『個別最適な学び』の問題点について、現場目線から具体的に明らかにしていく必要がある。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#討議づくり

討論、議論、討議の使い方を整理していかなければならない。「討議」は意見を交換することで何らかの結論を出そうとすること。「議論」に近い。協力的、合意的なイメージ。それに対して「討論」はそれぞれの意見の違いをはっきりさせることを目的とし、それぞれが有利なように主張し合うこと。

全国生活指導研究協議会は集団づくりの側面として、班づくり・リーダーづくり・討議づくりの三つの側面を提起してきた。ここでいう「討議づくり」とは、合意形成を目的とした単なる「議論」ではない。集団の合意を民主的に形成し、その意志とちからの目的意識的な表現・行使を指導していく指導だ。

教師は子ども一人一人の精神的自由権、とりわけ意見表明権と自己決定権を尊重しその行使を保障。そして、討議を広く・深く・正しく組織し、民主的な合意を形成し、集団の自己決定権を確立。このことによって集団は「知」を「ちから」に転化し環境変革・関係変革に取り組むことができるようになる。

子どもたちの意見を都合の良い学校の「正義」でマウントをとるように押さえつけ、教育的ヘゲモニーを集団に移行していこうとしてない指導は、議論をするだけの仲良し主義であり、結局は管理主義に陥ってしまうと考えている。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

ブログ内検索

1日1回ポチッとよろしく(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

にほんブログ村 教育ブログへ 

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

雑誌『生活指導』(高文研)編集長/全国生活指導研究協議会常任委員/最新著書『教師と子どものための働き方改革』(学事出版)/小学校で37年間学級担任として勤務/現在某私立大学文学部教育学科特任教授/iPhone12 Pro/Surface Laptop3/黒猫大好き/手相は両手とも「ますかけ」。

さらに詳しいProfile……

にほんブログ村
人気ブログランキング

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
e-mail-send_icon_1150-80.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki
しおちゃんマン YouTubeチャンネル

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター