FC2ブログ

千葉市も臨時休校の延長

安倍首相の要請により、全国の……、千葉県でもほとんどの自治体が、修了式まで臨時休校に踏み込みました。

しかし千葉市は、市民の生活にマイナスの影響がありすぎるという理由で、臨時休校を3/16日までにして、17日から平常日課で、子どもたちとも再開できる予定でした

千葉市は、そればかりでなく、低学年の子どもたちを対象に学校が子どもを預かるという政策を打ち出しました。
( ̄‐ ̄)。oO(『見守り』と呼んでいる。その後、中学年にまで拡大……)

この『見守り』(以下、学校保育)の人数は、学校によっては、70~80人にのぼりました。

他市は、午前中から学童保育を開いていたのですが、千葉市はなぜか普段通りの、2:30からしか開かなかったので、学校保育希望者が多かったのです。
( ̄‐ ̄)。oO(指導者を集められなかったのでしょうか?それとも、予算がなかった?……)

他市も学校保育に取り組んでいる所もありますが、担任ではなく、補助教員が取り組んでいる地域が多いです。
( ̄‐ ̄)。oO(希望した人数が少ないこともある……)

しかし千葉市は補助教員がほとんどいないので、これらを全て担任をしている教師がやっています。

つまり、普段担任している教員が、学年末の目が回る忙しさの中で、2時間ごとのシフトをしいて取りくんでいるということです。
( ̄‐ ̄)。oO(出欠席の確認が一番厄介……)

また千葉市は、学校保育だけでなく、昼食の準備が厳しい家庭のために、お弁当を注文できるようにもしました。

そのお弁当の注文数の確認やキャンセル、ゴミの処理も担任が行いました。

こういった市長の政策は、市民に優しい政策のように見え、実際に支持する市民がほとんどです。しかしその陰で、他市に比べて人員の少ない千葉市の教員の奮闘ぶりに目を向けてほしいのです。

しかしそんな千葉市も、一向におさまる気配のない新コロナウィルスの広がりの中で、休校を延長するしかありませんでした。当初、16日までだった休校は、修了式前日まで延長されました。
( ̄‐ ̄)。oO(卒業式は、卒業生とその保護者の参加のみ、時間も短縮……)

今度子どもたちに会えるのは、24日の修了式のみ。

そして、2,3月限定の現場復帰の私にとって、おそらく本当に最後の小学生になるのだと思います。





卒業式に何かひと工夫添えて

総理大臣の要請により、結果的に、全国の多くの学校の卒業式がなくなったり、短縮しなければならなくなっています。(このご時世であるからであることは理解しています)

先日書いたように、日本人は「卒業式」に対して強いこだわりがあります。

ゆえに、それができなくなったり、簡単に済まさなければならなくなったことについて、申し訳ないし、気のどくでたまりません。

今、おそらく全国の学校で、卒業式ができなかった学校はそれに代わる何かを……、

そして、

短縮して行われる学校は何かひと工夫添えることを考えているに違いありません。





読み聞かせをしています

 フリーランス担任でも、毎朝読み聞かせをしています。

shiotushin.jpg

 今は、ご存知…、『ズッコケ三人組』 を少しずつ読み進めています。
 
 登場人物は、
 
短気でおっちょこちょいのハチベエ、
物知りで思慮深いけど理屈っぽいハカセ、
スローモーで気持ちが優しいモーちゃん

この三人組が活躍する物語です。

 低学年の読み聞かせとしては少し難しいかも……と思いましたが、すぐに3年生になることや、聞き取り能力が高いと判断し、市の図書館で借りてきました。(当時は学校の図書館の利用方法がわからなかったこともあり……)

 子どもたちは毎日楽しみにしてくれています。

 図書の時間には、このシリーズを見つけて、読み始めた子もいるようです。

 3月末までに何冊読めるでしょうか。

「しおちゃんマン通信」バナーがついている記事は、学級通信的な記事です。





今日は学習参観

今日は学習参観で出勤日。

授業は、あらかじめ学年(4クラス)で統一して同じ授業が準備されていました。

教科は生活科。小さい時の思い出や、2年生になってできるようになったこと、そして将来の夢など、一人ひとりが発表していきます。

その授業の準備は、実は教頭先生が進めていたので私にはわかりません。

ということで、私だけ違う教科を展開してもいいですよ、と言われたのですが、やらなければならないことを残しておくのが嫌だったので、同じ授業を展開することにしました。

他のクラスは、教室を装飾したり、司会を子どもがつとめたりするようなのですが、2月にいきなり担任を任された私にはその準備をする時間的余裕がありません。

子どもたちの様子を見てもらうことを優先して、授業を進めることにしました。

さてさて、どうなることやら。


9784761925680.jpg
logo_header.png



子育てのコツは(懇談会メモ)

子育てのコツは長い目で見ること
今の苦しさ、しんどさも、長い目で見れば……

目の前のことばかりに振り回され、
 早く早く
 ちゃんとしなさい
効果はゼロ
むしろマイナス

話を聞く
相談にのる
口出すタイミングのベストをさがしだす

そして…

子育て仲間を増やす
 相談する
 情報を得る

学校はそのための大切なツールとして利用しよう
 追い立てるための学校ではなく、
 仲間を増やすための学校でありたい。


9784761925680.jpg
logo_header.png



好きな言葉は『大丈夫(だいじょうぶ)』(学級通信1号より抜粋)

本日から3月末まで、地元の小学校で担任をさせていただきます。

自己紹介の学級通信を発行する予定ですが、その号に書いたことの一部を紹介します。

----↓ここから↓----
(前略)

好きな言葉は『大丈夫(だいじょうぶ)』

2,3月限定の担任ではありますが、やはり保護者の皆様には、学級経営方針的なこともお伝えしておかなければと思っています。

(8日の懇談会でもお話させていただく予定です)

まず基本的に、2年生の学年経営方針に従って学級を担任させていただきます。

一方で、個人的には、
安心できる教室
をテーマにしたいと考えています。

今の日本の子どもたちのまわりには、不安になることがたくさんあります。

〇 勉強はついていけているのだろうか……、
〇 友達関係はうまくいっているだろうか……、
〇 いじめたり、いじめられたりしていないだろうか……、
〇 事故や事件に巻き込まれないだろうか……、
〇 学校や地域は、そんな子どもたちを守ってくれるのだろうか……、
その他、いろいろ……

学校は(私は)、そんな心配をかけることなく、大丈夫だよ と子どもたちに言ってあげられるような教室にしていかなければならないのだと考えています。

それが私の学級経営方針だと理解していただいて結構です。

しかし、現実的には、様々な要因により、心配ばかりかけてしまう現実があることもまた事実です。(全国の学校で、地域で……)

課題は山ほどあるとは思いますが、その課題の一つでもみなさんと一緒に乗り越えて、子どもたちが4月以降も、この地域で、笑顔で成長できるための、小さな力になれたらと考えています。

2か月間ではありますが、よろしくお願いいたします。

(しおちゃんマン)
----↑ここまで↑----


9784761925680.jpg
logo_header.png



教室でそっと子犬を飼っていた?

古い仲間と新年会を開いた。

このメンバーが集まると話題になるのが、当時児童の急増で利用していたプレハブ教室で犬を飼っていた話。

今では考えられないし、おすすめしないが、そんな時代もあったことをここに記しておきたい。(約40年前の話)

犬を連れてきたのは、先輩教師が担任していた4年生の子どもたち。当時でも、学校では飼うことはできない。ところがそのクラスの話し合いで、正式な飼い主が見つかるまで、教室の子どもたちでお世話することになってしまったのだ。

担任のO先生(3年目の先生)は、新採一年目の私たちに「管理職には内緒だよ」と口止め。面白そうだったので、私たちも口止めに同意した。

教室に犬がいることは、4年生の学年の子どもたちと学年教師、そして一部の教師たちの秘密事項になった。(プレハブ校舎は、本校舎とは少し離れていたので、そんなことが成立したということもあった)

ここで問題が二つ。

一つは、放課後、その子犬をどうするかということ。

もう一つは、保護者にどう伝えるかということ。

特に数日後に学習参観があったので、その時にどうするかが "口止めチーム" の職員と子どもたちの間で話し合われた。

そんなことを大真面目で教師たちが話し合いをしていた時代だったのだ。なんとなくうれしくなる。

学習参観の時には、選ばれた子どもが足元のダンボールの中に子犬を入れて置くことになった。吠えたり、鳴いたりしたらばれる……、だから声を出さないように子犬に伝えられる子どもが話し合いで選ばれたという。その子は子犬を一番世話をしていたおとなしい子が選ばれたという話だ。そして見事に子犬は一声も発しなかったのだ。

放課後問題は、家で面倒が見られる家で、順番に見てもらうことになった。ということは、あらためて説明しなくても、実は保護者は知っていて、何も言わずに受け入れていたということだ。

二週間ほどでクラスの中で飼い主が決まった。それまで管理職には全くばれなかった。知っていたのではないかと思うかもしれないが、それはない。なぜなら、そんなことは絶対に許さない、厳格な(ある意味、理解のない)校長だったからだ。

今では、アレルギー問題、安全問題もあり、こんなことは許されないだろう。それに口止めが成立する職員室ではないし、保護者も説明がなく受け入れてくれるとは思えない。

しかしそれが成立した時代があったことを記憶しておきたい。

そして今はないが、当時あったことが(それぞれの関係性について)、教育活動にどのように反映されていたのかはもっと研究されて良い。





「さいきんやっとわかった」(日刊通信最終号より)

2018年3月23日(金曜日)
浦安市立高洲小学校5年1組担任:塩崎義明発行
NO.198(最終号)

さいきん やっと わかった

それは 幸せって どんなことか…、ってこと

今までは、

たくさんの人に ありがとうって…

感謝される人生が幸せな人生だと思ってた。

でもちがう……。

ありがとうって、感謝される人生よりも、

ありがとうって言える相手がたくさんいることの方が幸せなんだって


5年1組の子どもたち 本当にありがとう

しおちゃんマンは、とても幸せでした。

保護者の皆様、本当にありがとうございました。

みなさんのおかげで、幸せな小学校教師人生をおくることができました。


37年間、しおちゃんマンと出会った全ての子どもたちと保護者の皆さん、

そして同僚たちに

幸せいっぱいな笑顔で、ありがとう と言いたいです。

ありがとうございました。

そして……、涙をこらえて……、

さようなら。


日刊で記事を書く メインブログ を、このブログから下記のブログに移行しています。

▼しおちゃんマン★ブログ
 ↓↓↓
https://ameblo.jp/shiozakiy/



フェスティバルでの学級劇、シナリオ

THE★火の神 元気の火の物語

~スクリーン1には、火が燃えている~
~キャンプファイヤーの写真をスクリーン2に映しだす。~

ナ(ナレーター) 私たちの林間学校。感動的なキャンプファイヤー。私たちは火の神から「元気の火」を受け取りました。
火の神 5年1組に元気の火を与える。

火の子 元気の火を受け取りました。……んっ?元気の火なんかもらったけど、そんな火をもらってどうするんだ?
ナ こらこら、火の神に向かってそんな失礼なことを言ってはいけません。みなさんも、こんなことで元気をなくしたことはありませんか?

~三人の女子が登場。~

女子A それでさー、どこに行く?
女子B やっぱ、映画にしようよ。C子は?
女子C う~ん、私、D子も誘って行きたいんだけど。
女子A え~?D子?わたし、D子が行くって言ったらいかなーい。
女子C どうしてぇ!
女子B だってさ、D子って、わがままじゃん。自分の思い通りにいかないとすねちゃうし、すぐにかげで人の悪口言うし…。
~女子D登場~
女子D おはよう。なに楽しそうに話してるの?
~3人は無視~
女子D ねえ、どうしたの?
女子C うん…、冬休みになったら映画に行こうって…
女子D いいねえ、何の映画?
~3人は無視して、机の上に本を出して読み始める~
女子D どうして無視するの?わたし、何かいけないことした?
~女子D、しゃがみこむ~

ナ おうちではどうでしょうか。

母親 ○○!!もう塾に行く時間でしょ!!どうしてそうゆっくりしていられるの?信じられない。私の子なら、もっとテキパキやるはずでしょ!!早くしなさい、早く!!
子供A うるさいなぁ~、これから準備しようと思っていたのに、早く早くっていわないでよ。もう~、 “早くしろオババ” なんだから~。
母親 えっなんだって?なにオババだって?
父親 もううるさいなぁ、せっかく早く帰ってきたのに、親子喧嘩ばっかり
母親 あなたがもっときびしく言ってくれないからこんなにだらしない子になるんでしょ。
父親 えっ、なんだって?オレのせいだというのか? “人のせいオババ” じゃないか!!
母親 なんですって?あなたまで私の悪口を言うのなら、もうわたし、出て行きます。
子供A まってよ、ぼくのせいでけんかしないで!!

~子供Aしゃがみこむ~

ナ こんなことはありませんか?

子供B みんなうるさいよ!!静かにしてよ!!!
子 はいはい、いい子ちゃん、みなさ~んブリッコさんのいうことをしっかりききましょうねぇ
子供B よし、来週の鉄棒のテストの向けて、練習しよう。
子 はいはい、がんばりやさん。まじめに努力するって、ダサくない?
子供B やめなよ!!その子が傷ついてるじゃないか!!
子 うぁー、○○って、マジ卍。暑苦しいし、つかれる。
子供B 正しいことを言うこと、まじめに努力すること、いけないことを止めることはそんなにいけないことなの?

~火の神登場~

火の神 元気をなくしている三人の子どもたちに、元気の火を与えよう。

⇒子供Bに 正しいことを言うこと、まじめに努力することこそ大切。実は、あなたのそんな姿を、みんなが応援しています。一部のそんな悪口やからかいに負けない元気の火を与えましょう。

⇒子供Aに あなたはもう家族の中で自立した一人。いつまでも言われることだけをやっていてはダメです。家族の中の自分の役割を自覚して家族の中でも光り輝ける元気の火を与えましょう。

⇒女子Dに みんながあなたの笑顔を待っています。あなたの笑顔は、そんな小さな関係の中だけのものではありません。あなたには、もっともっと広い世界で笑顔を振りまける元気の火を与えましょう。

ナ 5年1組、元気の火。私たちは、いつも元気の火を心にともしながら、がんばります。

Copyright (C) 2017 Yoshiaki Shiozaki All Rights Reserved.

----------
▼しおちゃんマンのプライベートブログはこちら
 ↓↓↓
https://ameblo.jp/shiozakiy/




本日「フェスティバル」

本日、フェスティバルと呼ばれている、総合的な学習の、学習発表会です。

学習発表会と言っても、かたいものではなく、文化祭に近い形で、学級ごとに発表があります。

5年生4クラスでは、共通のテーマを「林間学校」として、そこで学んだことを学級ごとに演出しながら発表します。

我が5年1組では、テーマを "キャンプファイヤー" にしました。

スクリーンに、炎の動画を映しながら、劇やダンスの指導をする予定です。

劇の脚本は、明日のブログで紹介する予定です。

楽しい一日になりそうです。

----------
▼しおちゃんマンのプライベートブログはこちら
 ↓↓↓
https://ameblo.jp/shiozakiy/


ブログ内検索

ランキングアップにご協力を

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 

しおちゃんマン★ブログ 嘘芝居な学校を超えて - にほんブログ村

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

37年間千葉県の小学校で学級担任として勤務。退職後2つの大学で非常勤講師。生活指導・進路生徒指導、特別活動、発達障害と学級づくり等の講義を担当。2月、3月には小学校現場にも臨時講師として勤務。全国生活指導研究協議会常任委員。著書『教師と子どものための働き方改革』『学校珍百景』 他。黒猫大好き。

さらに詳しいProfile……

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
mail2020_100.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター