FC2ブログ

#学生さんたちとの出会い

7日(水)は、基礎演習1年生のガイダンスでした。

初めて、新しい大学の学生さんたちと顔合わせです。

6クラスにわかれていて、私はC組の担当になりました。

人数は22名。

ガイダンスの休み時間には、意図的にそばに行っておしゃべりをしてみました。

ちょと大変な仕事も頼んでみました。

ジイジのおしゃべりにも気持ちよく応じてくれました。

頼んだ仕事も、快く引き受けてくれました。

他の講義もしながら、この22名の1年生と1年間学びます。

少しの不安と、大きな楽しみと、たくさんの笑顔と……、そんな一年間になるといいなぁ。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#講義と雑談

前期の講義の資料を作り始めました。資料の最初には必ず「雑談」として、ブロぐの記事を一つ紹介して学生さんたちの意見を聞いてみることにします。ブログ記事のチョイスは、教育関係の記事はもちろん、教育分野とは少し外れた世間話分野にまで広げようと考えています。

ちなみに、私は(も)、雑談だけで小学校の授業一時間分(45分間)、持たせることができますし、時には必要だと考えています。また、授業中の討論と同じくらい、いやそれ以上に、休み時間の子どもとの対話を大切にします。そちらの方が子どもの本音を聞くことができるからです。

何をそんなに話すことがあるのか?と聞かれることがありますが、答えは「何でもいい」です。思いつくことでいいのです。そして、思いつくことができるために、常に社会に目を向け、そのことに対する自分のコメンとを持っていることが大切です。読書も大切であることは言うまでもありません。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#講義の準備を始めよう

大学の授業は、私は14日からです。

前期は、

「特別活動の研究」
「現代子ども論1」
「基礎演習1」

の三教科です。

全て、対面式で行います。

対面式の授業は2年ぶりです。

大阪の講座の時も思いましたが、自分は対面式の方が向いているようです。

参加者・履修者の反応に応答するリズムで話をするからです。

学生さんたちとの出会いが楽しみです。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#挫折や傷つきを抱えながら生きてきた若者たち

新しい大学で、教師を目指す学生さん何人かと面談をさせてもらいました。どの学生さんたちも、夢と希望のオーラを感じて、好印象でした。全員が教師となって、子どもたちの前に立ってほしいと強く思いました。

面談をしてみて気が付いたことは、今の若者たちの多くは必ず何らかの挫折と傷つきを抱えながら生きているということです。そしてその挫折と傷つきは自分一人の努力で乗り越えるべきだと考えているということです。逆に言えば、乗り越えられない者は "負け組" だと考えているということかもしれません。

また、助けてもらったり元気をもらったりすることは良いことだと考えていながらも、それは少しだけ残念なことである(自分で解決できなかったので)と考えているふしもあります。このままでは、学級がうまくいかなかったときに、自分一人で抱え込んでしまう危険性を感じました。

ヘルプできることも、教師として大切な力量であり、そのヘルプは、連帯と共同へとつながることを教えていきたいです。今年度の一つ目の課題が見えてきました。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#焦りと緊張感

4月1日、新しい大学に初出勤。

今年度からは非常勤講師ではなく、正式な採用なので、辞令交付式に参加しました。

その後、1時間半にわたる、オリエンテーション。

覚えなければならないこと、注意しなければならないことが山ほどある。

その量が多すぎて、一つも頭に入ってこない。

研究室を与えられたが、どんな部屋にして、どのように活用していくのかが見えてこない。
D812CECE-B0C6-4056-996F-D7CD19600DDE.jpg

何もわからなくて、

久しぶりの焦りと緊張感がおそってきました。

少しずつ覚えていくしかない……。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#進路指導の講義を終えて

「進路指導」についての講義終了。親の過度な期待に苦しんだという学生が少なくない。大学まで行くことが「普通」だと言われて中卒、高卒で働いている人たちを下に見ていた自分に気づく学生もいる。進路指導は学校選択指導ではなく生き方指導であると伝えると「楽になった」と言ってくれる学生もいる。

逆に、親の期待に応えられなかった自分を責めている学生もいる。何度も子どもに裏切られることが「親の特権」だと伝えた。そしてそれでも支援してくれる親の愛情に涙する学生もいる。教師自身が経験できなかった生き方をする子どもがほとんどだ。教師はその全ての生き方をリスペクトすることが大事だ。

子どもの数だけ生き方・進路がある。「普通」の生き方などない。全ての進路が正解だ。進路は、失敗もやり直しも許される。大きな失敗をすると人がどんどん離れていくけれど、その時に最後まで寄り添ってくれるのが大切な友人である。大きな失敗は、誰が自分にとって大切な人間だったのかを教えてくれる

失敗を恐れず、何度でも遠回りして、自分発見をしながら未来を生きる子どもたちを育てていきたいものである。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#残りの講義を全力で

今週から大学の講義が再開されます。(今週は千葉大学。都留文科大学は18日からです)

履修者の数、私自身のオンラインスキル、大学のネット環境等々、事情は多々ありましたが、今年度は学生さんたちととうとう顔を合わせることはありませんでした。正直、残念です。

大学の非常勤講師を始めてから、今年度で3年目になります。教師を目指す学生の皆さんに、リアルな学びを提供し、教育的課題について一緒に考えることが私の役割でもあるし、ようやくそのことに生きがい、やりがいを感じ始めた時期にコロナ禍になってしまいました。

今年は、2つの大学の私の講義の履修者約400人の授業コメント全てに、一言コメントを返すことを自分に課しました。かなり大変でしたが、パソコンの向こうに学生さんたちの顔が見えてくるようで有意義でした。対面では、紙のコメント用紙を集めていたので、今年度のように全てのコメントに返事を書くことはできませんでした。

4月から非常勤講師を続けることに一段落させ、新しいチャレンジをしていきたいと考えています。常に前を向いて生きていくスタンスは維持していきます。まずは残りの講義を、オンラインではありますが、全力でコメントしていきますので、よろしくお願いいたします。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#課題提出エラー

\( 千葉大学「特別活動T4」のみなさんへ )/

大学の授業の評価は、私の場合、短いレポートを提出してもらって評価します。

オンライン授業なので、学生さんたちは、moodleやstep等の大学に設置されたシステムを使って課題を提出します。

しかし、100人以上履修者がいれば、中には、課題提出でエラーを出してしまう学生さんもいます。拡張子が間違えていて開けなかったり、別な資料や他の講義の課題が提出されていたり…、様々なエラーがあります。

問題は、学生さんたちが、自分の課題提出がエラーを起こしていることに気が付いていないことです。特に、テスト課題まで、一日も休まず真面目に授業を受けていて、最後もまじめに提出したのに、エラーで単位を落としてしまうこともあるということです。

もちろん私から、個々に連絡をしているのですが、普段は大学のシステムにアクセスしないのか、全く返事がありません。

しかたなく、締め切り延長をして返事を待っています。

評価テスト提出を終えて、もしこのブログを読んでいる学生さんで、エラーが心配な人がいたら、再度提出状況を確認してみてください。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#不安と恐さを大切にして子どもの前に立つ

4月から現場に立つ人、または、来年教育実習を控えている人たちの中から、子どもたちの前に立つことが不安、恐い…、という声がここ数年の学生さんたちの中から聞こえてくるようになりました。

私は、これは逆に良い傾向だと考えることにしています。

自信満々で教師になって、子どもの気持ちなど無視して思い通りに動かせるものだと勘違いして子どもの前に立って大失敗した私のことを考えると、不安な気持ちを抱えて、謙虚に子どもたちの前に立つ方がどれだけ良いか……。

教育という仕事は、人と人との営みで、人が人を教えるということはもしかしたら恐れ多いことなのかもしれないのです。不安や恐さを持っているくらいが調度良いのです。

不安や恐さを大切に胸に抱えながら、そのことに自信をもって、子どもたちの前に立とうではありませんか。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#教育実習2020

コロナ禍でも、ようやく教育実習をスムーズに受け入れてもらえるようになりました。

( ̄‐ ̄)。oO(一時期、受け入れてもらえないことが話題になりました)

私たちの時代、教育実習はとても楽しみでした。

そして実際に体験してみて感激し、教師になることの夢をあらためて強く持ったことを思い出します。

今でも同様なことがほとんどですが、少しずつではありますが、学生さんの中に、現場の厳しさにあらためて戸惑う声が聞こえてくるようになりました。

一つは、やはり現場の忙しさです。担当教員も、実習生に(じっくりと)目を向ける時間がなかなか取れず、実習生も何をしていいのかわからず立ち尽くしてしまう……。

( ̄‐ ̄)。oO(それでも、夜遅くまで指導案作りにつき合ってくれたと感激していた学生さんもいます)

二つ目は、子どもたちの指導の難しさです。実習生の年齢は子どもに近いはずなのですが、ここ数年の子どもたちの変化に戸惑う学生も少なくありません。

しかしそれでも、教育実習は学生さんたちに忘れられない経験を与えてくれることは間違いありません。

それは、最後には(指導が難しいと感じていた)子どもたちこそが元気を与えてくれるからです。

働きかけているようで、実は働きかけられているのは大人たち(現場の教員や実習生)の方だということをあらためて思ったしだいです。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

ブログ内検索

1日1回ポチッとよろしく(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

にほんブログ村 教育ブログへ 

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

雑誌『生活指導』(高文研)編集長/全国生活指導研究協議会常任委員/最新著書『教師と子どものための働き方改革』(学事出版)/小学校で37年間学級担任として勤務/現在某私立大学文学部教育学科特任教授/iPhone12 Pro/Surface Laptop3/黒猫大好き/手相は両手とも「ますかけ」。

さらに詳しいProfile……

にほんブログ村
人気ブログランキング

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
e-mail-send_icon_1150-80.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki
しおちゃんマン YouTubeチャンネル

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター