fc2ブログ

みんなオトナの都合だ……

送迎バス置き去り事件も

なくならない児童虐待や子どもの交通事故も...、

子どもの命が奪われる原因はみんな「オトナの都合」だ。

もっと言えば

「いじめ」も、子どもは大人社会の人間関係をなぞっているだけだとしたら...。

子どもの命を本気で守るためにはオトナ社会の問題を考えることが大切。

「オトナの都合」が子どもの命を奪っている事実にもっと真摯に向き合うべきだ。

東京オリパラキャラクターの製造・販売に汚職疑惑があるという。

これが事実なら、

全国の子どもたちが選んだキャラクターをオトナが

金儲けのために利用されたことになる。

これもまた、オトナの都合で子どもたちが犠牲になった例だ。

子どもたちの思いがオトナの都合で利用され、命が軽視されることが続く。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾


【お願い】
しおちゃんマんのTwitterをフォローしよう!
@y_shiozaki

----------
教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

責任をとれ?

新しい提案をすると、

まず否定され、その次に、

責任は取ってくれるのならどうぞ、と言われた。

ああ、この人は、内容よりも、責任問題優先の人なんだな、と思った。

自己責任が問われる時代になった。

やりたいことを保障してくれる世の中ではなくなった。

共に夢を追い、

生きていくことを楽しむ仲間が去っていった。

そんな国が、組織が、

発展するはずがない。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾


【お願い】
しおちゃんマんのTwitterをフォローしよう!
@y_shiozaki

----------
教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆


ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新しました!
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!
ブロトピ:更新しました
ブロトピ:千葉関連ブログ更新

文字コミュニケーションの時代は黎明期

メール文化が当たり前のような時代になり、

文字によるコミュニケーションが重要になってきました。

手紙文化は今までもありましたが、

日常的に身近なことをやりとりする文字文化がある時代は

人類にとって、歴史的に初めての経験なのかもしれません。

つまり、文字コミュニケーションの時代は、

まだまだ黎明期。

始まったばかりなので、

これから研究されて、

まだまだ進化するべきなのかもしれません。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾


【お願い】
しおちゃんマんのTwitterをフォローしよう!
@y_shiozaki

----------
教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆


ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新しました!
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!
ブロトピ:更新しました
ブロトピ:千葉関連ブログ更新

暴力がルールを超えてしまう時代

ロシアのウクライナ侵攻から、

暴力がルールを超えてしまう価値観が広がり、

みな危機感を感じている。

そして、

力に対しては力で対抗するのは当たり前だという考え方も広がっている。

話し合いによる解決、平和的ルール作りは、

甘い、現実的ではない、平和ボケだとされてしまう。

どの時代の戦争も、こうした流れで勃発し、広がっていったのだろう。

もう一度、平和的解決に挑んでみたらどうだろうか。

対話による解決を、

あきらめてしまっている。

本当にこのままでいいのだろうか。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾


【お願い】
しおちゃんマんのTwitterをフォローしよう!
@y_shiozaki

----------
教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

真実を述べる人の身辺警護を

政府や宗教団体に批判的なコメントをする人たちに、身辺警護をつけてほしい。

オウムの時の坂本弁護士の事件もある。

そんな心配をしなければならなくなったこの国は、

真実が述べにくくなった報道の在り方について、

言論の自由の視点から、

大いに反省しなければならないのではないだろうか。

テレビを始めとするほとんどの報道機関が、

スポンサーをはじめとする…、

そしてそれらを牛耳る大きな力に忖度したり、

屈したりして、

正しい真実から目をそむけ始めてから何年たつのだろう。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

【お願い】
しおちゃんマんのTwitterをフォローしよう!
@y_shiozaki

----------
教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

自分を社会にひらく

学生たちは選挙に行っただろうか。

もう少し投票を呼びかけるべきだったかもしれない。

教師を目指す若者たちは、その目を社会に向ける必要があるのだと思う。

そしてもう一つ。社会に働きかけるのは選挙だけではないということだ。

自分自身の生き方を社会に開いていく必要があると思う。

指月は私自身がSNSにムキになっているのも、

「自分を外に(社会に)開いておきたい」からだ。

自分の中にこもることなく、

オープンにしておくことが、

これからの自分の成長にとって、

大切なことだと考えている。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

【お願い】
しおちゃんマんのTwitterをフォローしよう!
@y_shiozaki

----------
教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

参議院選挙

参議院選挙は、猛暑問題や、コロナ再び感染増加の問題に隠れて、

今一つ盛り上がりのないまま、残り一週間になってしまった。

物価高の問題、電力不足問題、平和外交問題、防衛費の問題……

あげればきりがないほど問題は山積みのはず。

私は教育問題に注目しているが、なかなか話題にならない。

教員不足の問題は、この夏の採用試験の競争率でさらに明確になるはず。

それを、無免許講師で解決しようとするのでは、話にならない。

いじめの問題、不登校の問題等々。

どういった切り口で考えているのか、

もう少し各党の教育問題に関する政策に注目してみたい。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

【お願い】
しおちゃんマんのTwitterをフォローしよう!
@y_shiozaki

----------
教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

顔パンツ問題

小さな子どもでも、恥ずかしくてマスクを外すことができないという話を聞いてショックを受けました。こういった現象を顔パンツ問題というそうです。もしコロナ禍が終わってもマスクはつけ続けたい、マスクを外して顔を人前にさらすのは人前で下着を脱ぐのと同じ、マスクはもはや顔のパンツとなった、というわけのようです。

コロナ禍前までは「顔をさらす」という意識はなかった。顔を見せるのは普通のことだった。それがマスクによって顔を隠せることを学んでしまった。本当の自分やコミュニケーションを遮断できることがわかってしまった。そしてそのことで、わずらわしさから解放されて安心できることもわかってしまった。

学校の教室では、子どもたちの表情が見えないので、教師は最初は戸惑ったようだ。しかし最近では、それも気にならなくなったという。子どもの表情がわからなくてもやりとりができてしまうのか、表情にあらわれる子どもの思いを無視するようになったしまったのか、マイナスなすれ違いが増えていないか心配している。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

【お願い】
しおちゃんマんのTwitterをフォローしよう!
@y_shiozaki

----------
教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教師になりたい高校生が多いのに教師が不足している意味は?

LINEリサーチによると、

高校生で「将来いちばんなりたい職業」は、

男子のトップ3は「教師・教員・大学教授」「国家公務員・地方公務員」「システムエンジニア・プログラマー」

女子のトップ3は「看護師」「教師・教員・大学教授」「国家公務員・地方公務員」。

なのに、なぜ教師が不足している?

学校現場の様々な現実の情報が入り込み、

迷ったり、教員になることをやめたりするのはどの時期で、どんなきっかけからなのでしょうか。良い資料があったら教えてください。

ここらへんの仕組みをわかりやすく知りたい!!

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

【お願い】
しおちゃんマんのTwitterをフォローしよう!
@y_shiozaki

----------
教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

【緊急提言】無免許教員採用制度は危険

無免許教員採用制度に関わっての話題です。

最近学校で、お金を払って外注授業をしてもらう取り組みが目に付くようになりました。

本来授業をする場所の学校が、お金を払って外部に授業をしてもらうといったこと自体が「学校珍百景」なのですが……。(笑)

この外注有料授業を参観させてもらう機会が何度かあります。

しかし申し訳ないのですがどの授業も「授業」として成り立っていないというのが本音の感想です。(あくまでも私が参観した授業だけの感想です)。あらためて日本の教師は力量がある、と思います。

何がいけないのかというと "情報提供のみに終始している" ということです。

子どもに考えさせ、意見交換による教育力を発生させていないのです。

外注授業はその道の専門家が進めていることが多いので、情報の質としてはAランクだと思うのですが、その情報を提供しているだけなので「授業」としてはかなり質の低いものになっています。

たとえば、発問をして、子どもの意見が分かれたとします。私たちはそれそれの理由を発言させ、時には意見をたたかわせて考えを深めたり、さらに新しい課題を持つように導きます。外注授業はそれができないのです。なぜか……。

それは「目の前の子どものことを知らない」からです。

私たちは目の前の子どもが、場面によってどのような考え方をしてどんな発言をするのかを「知っている」のです。

知っているからこそ、意見交換を "学びが深まる方向で" 「瞬時に」プロデュースすることができるのです。

これはベテラン、若手に限らずできる。気づいていないだけで誰でもやっていることです。

実はこのことは、上から指導案が降ろして「同じ授業をしなさい」という文科省・教育委員会もわかっていないかもしれません。

同じ授業などありえません。授業は生き物で、子どもたちによってその授業は様々に変化します。そしてどう変化するのかを見通すことができるのが担任です。

そしてそういったスキルと理論は、大学で学び、教育実習で経験し、学校現場で磨かれたものなのです。

知識が豊かであるだけで教壇に立てるものではないのです。

今一つは、行政が免許を発行するもう一つの意味です。

それは、
①専門的資格のあるものを育成する
②免許取得者の業務に対して責任を負う
③免許取得者の働く環境を整備する
といった義務を負うことだと考えています。

無免許で教壇に立つ教員がしっかりとフォローされ、その身分が守られるのかも心配です。

ちなみに、飛び込み授業をするような名人教師は、授業を進めながら子どもを知る作業をしています。授業を見ているだけでこの子はどんな子なのか見えてくるのです。ここまでくると名人技。そんな名人技の授業は、長い教員生活の中で私は二度しか見ていません。全く違った思想をお持ちの二人なのですが、私の中の "授業名人"です。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

【お願い】
しおちゃんマんのTwitterをフォローしよう!
@y_shiozaki

----------
教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

ブログ内検索



2つのバナーを
1日回ポチっとよろしく。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

しおちゃんマン★ブログ

anime_shio.gif

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

小学校で37年間学級担任として勤務/現在大学で教師を目指す学生に指導。/最新著書『教師と子どものための働き方改革』(学事出版)//iPhone12 Pro/Surface Laptop3/黒猫大好き/手相は両手とも「ますかけ」。

さらに詳しいProfile……

にほんブログ村
人気ブログランキング

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
e-mail-send_icon_1150-80.png

リンクツリー
全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki
しおちゃんマン YouTubeチャンネル
しおちゃんマン mixi
旧ブログ『ザ・教室』

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

09  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター