FC2ブログ

退職教員用リフィル

自作手帳のこだわりについては、詳しくは、下記の書籍で書きました。


久しぶりに退職教員用の(笑)、リフィルを作りました。
リフィル

遊び心でいろいろ作れるのが、自作手帳の良いところです。
techou_6.jpg
techou_5.jpg
techou_1.jpg

amazonで販売開始しています!!

[新刊本]
教師と子どものための働き方改革
あなたが大切にしたい「教師の仕事」は?

塩崎義明 著
四六判 144ページ 定価(本体1,600円+税)
ISBN978-4-7619-2568-0

お待たせしました。amazonから購入できるようになりました。



よろしかったらご購入ください。

----------
学校はなぜ忙しいのか。わかっていてもなぜ働き方改革は進まないのか。根本的な原因を分析しつつ、教師と子どものための働き方改革を提案。
----------

----------
【目次】

プロローグ

---
第1章 多忙化の中での教師の苦悩
 学校現場の異常な忙しさ
 忙しさの原因は「一斉・一律主義」と「競争主義」な教育
 1977年改訂学習指導要領から2006年教育基本法改正の流れの中で
 「女工哀史」以上の、まさに「教師哀史」
 「忙しい」で済まされない
 教育費節約による「負のループ」は終わりにしよう
 多忙化で奪われた三つのもの

---
第2章 自分の意見を言うことから「働き方改革」は始まる
■仕事レベル1 やってはいけないもの
■仕事レベル2 やらなくてよいもの
 なぜ「やってはいけない」のか
 同じようなアンケートは「やらなくてよい」
 「先生の嫌なところ」アンケートをめぐって
 誰のための指導案検討なのか

---
第3章 誰にでもできる簡単時短術
■仕事レベル3 やっておけばいいこと
■仕事レベル4 やること
 「A5ノート・三色ボールペン・付箋」は三種の神器
 なぜA5ノートなのか
 なぜ30シートなのか
 リフィルは自作する
 手帳カバーで必要書類をきれいに挟める
 ボールペンは三色
 付箋の大きさは7.6×2.5cm
 付箋は並べ方が勝負
 仕事は2週間で見通す
 このレベルの仕事はとにかく時間をかけない! ただし……
 これからはスマホとの連携だ

---
第4章 子どもの指導にはたっぷり時間をかけて
■仕事レベル5 やらねばならないこと
子どもの指導に関する仕事は丁寧に
SNSに関するトラブルの記録
日刊で学級通信を発行する

---
第5章 やりたい仕事の「発想術」
■仕事レベル6 やりたいこと
■仕事レベル7 やれたらいいなと思うこと
 パソコンのテキストエディタを利用する
 マインド・マップにはまった時期
 付箋の活用
 スマホアプリで
 発想術を使って考えたオリジナル授業
 朝の会で何を話すか
 Twitterがメモになる
 発想を豊かに、作業は手元で

---
エピローグ

---
時短術から見る学校のリアル 内田 良

----------

『教師と子どものための働き方改革』詳しい目次

出版社のサイトから、『教師と子どものための働き方改革』詳しい目次が紹介されています。

下記の表紙をクリックして、学事出版のサイトへ飛んでください。

978-4-7619-2568-0.jpg


プロローグ

第1章 多忙化の中での教師の苦悩

学校現場の異常な忙しさ
忙しさの原因は「一斉・一律主義」と「競争主義」な教育
1977年改訂学習指導要領から2006年教育基本法改正の流れの中で
「女工哀史」以上の、まさに「教師哀史」
「忙しい」で済まされない
教育費節約による「負のループ」は終わりにしよう
多忙化で奪われた三つのもの


第2章 自分の意見を言うことから「働き方改革」は始まる

■仕事レベル1 やってはいけないもの
■仕事レベル2 やらなくてよいもの

 なぜ「やってはいけない」のか
 同じようなアンケートは「やらなくてよい」
 「先生の嫌なところ」アンケートをめぐって
 誰のための指導案検討なのか

第3章 誰にでもできる簡単時短術

■仕事レベル3 やっておけばいいこと
■仕事レベル4 やること

 「A5ノート・三色ボールペン・付箋」は三種の神器
 なぜA5ノートなのか
 なぜ30シートなのか
 リフィルは自作する
 手帳カバーで必要書類をきれいに挟める
 ボールペンは三色
 付箋の大きさは7.6×2.5cm
 付箋は並べ方が勝負
 仕事は2週間で見通す
 このレベルの仕事はとにかく時間をかけない! ただし……
 これからはスマホとの連携だ

第4章 子どもの指導にはたっぷり時間をかけて

■仕事レベル5 やらねばならないこと
 子どもの指導に関する仕事は丁寧に
 SNSに関するトラブルの記録
 日刊で学級通信を発行する

第5章 やりたい仕事の「発想術」

■仕事レベル6 やりたいこと
■仕事レベル7 やれたらいいなと思うこと

 パソコンのテキストエディタを利用する
 マインド・マップにはまった時期
 付箋の活用
 スマホアプリで
 発想術を使って考えたオリジナル授業
 朝の会で何を話すか
 Twitterがメモになる
 発想を豊かに、作業は手元で

エピローグ
時短術から見る学校のリアル 内田 良







緊急出版『教師と子どものための働き方改革』

学事出版から、
教師と子どものための働き方改革(定価 1600円+税)
という本を緊急出版しました。

現場のみなさんの異常な忙しさは限界にきていると判断し、一週間で書き上げました。

内容は、

 現場を取り巻く異常な忙しさの背景には何があるのかの分析、
 「気になる子」や「学校づくり」の実践、

さらには、
 手帳やスマホの使い方…、そして発想法まで、

 理論書でも、実践本でも、技術・方法の本でもない、自分しか書けないものを目指してみました。

----------
[目次]

プロローグ
第1章 多忙化の中での教師の苦悩
第2章 自分の意見を言うことから「働き方改革」は始まる
 仕事レベル1 やってはいけないもの
 仕事レベル2 やらなくてよいもの
第3章 誰にでもできる簡単時短術
 仕事レベル3 やっておけばよいこと
 仕事レベル4 やること
第4章 子どもの指導にはたっぷり時間をかけて
 仕事レベル5 やらねばならないこと
第5章 やりたい仕事の「発想術」
 仕事レベル6 やりたいこと
 仕事レベル7 やれたらいいなと思うこと
エピローグ
----------

購入は、ネット購入できます。
----------
amazonからは


まとめて注文したいときは、下記に連絡してください。

 学事出版株式会社 出版部
  二井 豪(Futai Go)
  学事出版株式会社 出版部
  TEL 03-3255-5472
  E-Mail futai@gakuji.co.jp
----------

[エピローグより]
----↓ここから↓----
 教師3年目の彼女は校門の前で足が止まり、それ以上一歩も進めなくなりました。なんとか校舎に入っても、吐き気をもよおし、何度も戻してしまいました。先日の保護者会でも、保護者の前で何も話せなくなり、体調不良を理由に、保護者の皆さんには帰宅してもらったばかりです。
 教室の中を常に誰かに見張られているような気がして、教室の窓という窓に、中が見えないように、掲示物を張り巡らせました。子どもが管理職に自分の悪いところを告げ口しているような気がして、その子どもに強く当たりました。
 何もかもネガティブに考えてしまい、ようやく心療内科で診察を受けたところ、休職を勧められました。1年間休んで現場に復帰しましたが、再び体調を崩しました。結局、教師の仕事はあきらめることにしました。

 教師として歩み始めた1年目の夏休み、新採研の合宿から戻った2日後、彼は命を落としました。
 彼が勤務していた学校は、体育の研究では歴史ある学校でした。早朝に子どもが器械体操の練習に来ることもあり、自動的に教師の出勤は6~7時台になります。公開研究会の指導案作成時は、日をまたいでの勤務もありました。そんな中、1年目の教師はどれだけ心身に負荷が与え続けられたのでしょうか。
 彼のお葬式に参列した友人から次のような話を聞き、私は涙しました。
「お化粧のせいかもしれませんが、彼の目から赤い涙が流れていました。血の涙のように見えて……、悔しかったんだと思います。」
 
 彼らは、教師の仕事に夢を持っていたはずです。
 彼らは、子どもの笑顔が見たかっただけなのです。
 学校現場は、そんな彼らから、夢と子どもたちの笑顔を奪いました。
 
 子どもと教師ファーストで現場の働き方の改革を提起していくことは、私たち世代の責任です。子どもたちと教師が、もう二度と悲しい涙を流さないことを願いながら。
 本書から、そんなメッセージが皆さんに届くことを祈りつつ。

2019年9月
塩崎 義明
----↑ここまで↑----

それが当たり前ではない

全国で話をさせてもらったり、話を聞きに来てくれた方たちと対話をしていく中で、理不尽なことを強要されていても、それが当たり前だと受け止めて我慢しているケースが多いことに気づいた。

例えば、4月当初、担任発表前の職員室は、カーテンを閉めて中が見えないようにしている地域があるのだが、そんなことはしていない地域の方が多い。

職員室の中が見えないようにしている理由は、担任が事前に保護者に知られないようにするためだが、そんなことは気にしていない(わかってもどうということはない)地域の方が多いことを、カーテンを閉めている地域の教師にはわからない。

カーテンを閉めている地域は、学校と保護者との関係が、新学期スタート前からカーテンで仕切られていることが当たり前だと考えている……。

例えば、下駄箱の靴の入れ方を、下駄箱のフチから靴のかかとまでを5mmと決めて統一している学校の職員は、それが当たり前だと思っているが、全国のほとんどの学校では、そんなことは決めていない。

学校文化を見直すべきだ。そのために「学校珍百景」を書いた。



もう一度、自分たちのもの周りについて、あらためて考えてみようではないか。

新刊本『教師と子どものための働き方改革』

9月、しおちゃんマンの新刊本が出ます。

学事出版から緊急出版です。

EDHGM_EUYAEzHGj.jpg

【新刊】
教師と子どものための働き方改革
~あなたが大切にしたい「教師の仕事」は?~


教師の仕事にはレベルがある。

そんな教師の仕事を、

「やってはいけない仕事」から「やってみたいなと思う仕事」まで、7つのレベルにわけて、その取り組み方を具体的な実践を通して紹介。

手帳や発想法から、生活指導実践まで。

教師の息苦しさ、生きづらさを乗り越えるヒントとしてぜひお手元に置いていただければと思います。

発行された時に、さらに詳細をお知らせします。

まずは第一報ということで。

新刊本を出します

今年度の二つの目標。

(1) しおちゃんマン講座で全国を回る。

現場の教師の声を生で聞くことが、大学で学生さんたちに生きたメッセージを伝えることにつなげることになる、というのが私の考え。そう、しおちゃんマン講座は、私が話しをしにいくのですが、実は、私が現場の声を聞きに行くことが大切なテーマだったのです。現在、12弾まで終了。31日に13弾、江東区の教職員組合の学習会に呼ばれています。

(2) 現場の応援歌としての新刊本を出すこと。

新刊本の原稿はかなり前にかけていたのですが、編集に時間をかけました。発行元の編集担当の方と慎重に協議を重ねてつくっています。そして、ここにきてようやく、発行のメドがたちました。内容は、教師の働き方改革になるのかなぁ?タイトルは未定です。単なる社会批判、単なる時短スキルの本にならないように書いています。9月に発行できるようにしますので、よろしくご購入下さい。

雑誌「教育」2019/9に執筆

教育科学研究会編集『教育』に初めて書かせてもらいました。

「学校珍百景」「闇百景」が生まれる理由
・学校は誰のものになったか
・強まる「形だけの一斉・一律」
・誰のための学力向上なのか…
・職員室の入り方
・「学校珍(闇)百景」を笑い飛ばすために

67936747_2899572896783487_8626959495014121472_n.jpg

「第三の教室」は子ども一人ひとりの権利を大切にする『子ども集団づくり』で

一斉・一律・競争の教室からあぶり出された子どもたちを受け入れ、安心と信頼、学びと権利にあふれた教室を「第三の教室」と呼ぶことにした。(第二は、特別支援が必要な子のための学級)

その役割を、特別支援学級や保健室、カウンセラー室や放課後の補習教室などが無意識に担っていたが、第一、第二の教室も、第三の教室にしていかなければならない。

それが、子ども集団づくりだ。

学級集団づくりとも呼んでいたが、集団づくりは学級を超えることもあるので、「子ども集団づくり」と呼んでいる。

子ども集団づくりの方法については、下記の書籍に詳しくまとめてあるので、参考にしてほしい。




ブログ内検索

ランキングアップにご協力を

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 

しおちゃんマン★ブログ 嘘芝居な学校を超えて - にほんブログ村

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

37年間千葉県の小学校で学級担任として勤務。退職後2つの大学で非常勤講師。生活指導・進路生徒指導、特別活動、発達障害と学級づくり等の講義を担当。2月、3月には小学校現場にも臨時講師として勤務。全国生活指導研究協議会常任委員。著書『教師と子どものための働き方改革』『学校珍百景』 他。黒猫大好き。

さらに詳しいProfile……

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
mail2020_100.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター