FC2ブログ

文字が読めない

歳をとることはいいことだ…、という思いがどこかであったわけですが、今のところいいことはありません。

最近特に困っているのが、メガネをかえてからパソコンの文字や本の文字がほとんど見えなくなってしまったこと。つまり老眼。

新しいメガネで遠くのものがすごく見えやすくなった分、近くのものが極端に見えなくなったということです。

特に困るのが、教科書の文字。高学年の教科書はある程度文字が小さいので、それを読むのにいちいちメガネをはずさなければならない。これには困ってます。

どうして遠近両用にしなかったのかというと、人によっては疲れる…、とメガネ屋さんに聞かされたから。実際にかけてみると確かに疲れる。大きな目の病気をした自分にとって目の疲れはマズイのではないかと思ったわけです。

とりあえず、簡易の老眼鏡を購入する予定。

最近では。読書用とか、パソコン用とかいろいろあるのですか?

まったく不便な体になってしまいました。

いつもありがとうございます!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

初任者研修

出張やら、提出物やら、公開授業やらで、初任者の研修が[無意味に]厳しすぎます。

出張で担任が教室をあけて研修?子どもたちを無視した研修はおかしいと思うのです。

教師は、子どもたちとの関係の中で学ぶことの方が大きいのです。現に私たちはそうやって自分を鍛えてきました。

また、研修の感想を聞いても、心構えばかりで、教室で役に立つ情報はほとんどないし、子どもたちをリアルにとらえた研究もないとのこと。

ただ、現場は現場でさらに厳しいので、出長がある意味、「息抜きの場」になっているとか。「こんな研修なら事業仕分けにかけてほしい」といった笑えない冗談もあります。

年度途中で辞めていく初任者が増えているのを、今の若者のせいにしてほしくないです。行政のやり方をもう一度振り返ってみてほしいと思います。

いつもありがとうございます!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

賞状の名前書き

絵画や書写の「有料」コンクールの賞状。

子どもの名前をどうして主催者が書かないで現場に書かせるのかよくわかりません。その「おかしさ」は別の機会に書くとして、今回は教師の筆づかいの話。

私は文字に自信がありません。きれいな字を書く人がうらやましくてなりません。教師として字が上手でないことは決定的な弱点だと考えています。

ゆえに、こういった賞状の名前書きをする時は、筆ペンで必死に書くことにしています。若い時先輩に、文字というのは書けば書くほど上手になると言われたことがあったからです。

ところが最近では、この名前はパソコンで書けてしまいます。筆文字でかっこよく書けてしまうのです。

「明日の朝に書こう」と思っていた賞状が、学年の先生が気をきかせてくれてすべてパソコンの文字で作っておいてくれていました。助かった、ありがとう……、と思うと同時に、便利さというのは様々な問題点(現場が書くおかしさや、私自身の文字の下手さ)をかくしてしまうものなんだということをあらためて感じました。

(はい、やってもらってそんなこと書くな!というご意見はごもっともです w。)

いつもありがとうございます!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

田の中勇さんと小林繁投手が…

目玉のおやじの声優、田の中勇さんが亡くなりました。みんなあり声を真似したものです。

そして続けて、小林繁氏(現日本ハム投手コーチ)が亡くなりました。57歳。私たちの世代にとっては江川氏との交換トレード事件…、そして投手としてもスーパースターでした。

死因はお二人とも心筋梗塞とのこと。ご冥福をお祈りいたします。

心筋梗塞…。
私もなりました。
http://shiochanman.com/sinkin/

私は遺伝で血糖値が高いので、血管がボロボロの状態。何かの拍子に血管がつまってしまうことを覚悟しなければなりません。

それが心臓の冠状動脈であれば心筋梗塞。脳であれば脳梗塞。その他血管に対する様々な病気を覚悟しなければならないようです。

小林氏は、今でも細身の体型を維持されていました。それでもこういった病気になってしまうようです。

残念でなりません。

いつもありがとうございます!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

「○○のせい」にしないこと

教師も弱い人間です。しかも今の時代、なかなか指導がうまくいかない。そんなとき、ついつい子どものせいにしたり、親のせいにしたり、今までの学年の指導のせいにしたりしてしまうことがあります。そしてここでその教師の思考は停止します。それ以上の指導の工夫や関係性の向上はないでしょう。

指導がうまくいかない原因を分析することは大切です。しかしそれは、次への指導のあり方をみつけるためです。

自分の指導の中身を常に振り返る必要があります。しかしこれは、自分を責めること、追いつめることではありません。これもまた、次への指導のあり方をみつけるためです。

これらの作業は一人では出来ません。仲間から意見を聞いたり、逆に仲間に対して意見したり…、そういった関係の中で、原因を分析し、指導のあり方を振り返り、次の指導を発見していけば良いのではないでしょうか。

~のせいにしたり、自分を追いつめたり…、そんな悪循環が現場に広がっているような気がします。

いつもありがとうございます!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

千葉マリンマラソンに向けて

24日(日)は、千葉マリンマラソン10kmの部に出ます。

そこでレース慣れしておいて、2月7日(日)の浦安のハーフマラソンへ、というのが毎年の日程。

ただ今年は思うように走れていません。

昨年は病み上がりで、そのおかげで…、と言ってはなんですが、体重が77kgでした。しかし今年は82kg。5kgがなかなか落ちないのです。

体重が5kg違うということは大変なことでして、足が思うように前に出ません。

しかし実は、今の体の方が健康体なわけで、それにすがるしかない状態。

とりあえず、10kmは1時間を切ること。ハーフは2時間をきることを目標にしてもう少し走り込みます。

いつもありがとうございます!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

自分が生まれた日は何曜日?

図工で、版画に取り組んでいます。台紙はカレンダーになっていて、そこに刷り込みます。

テーマは、季節の絵。

基本は自分の生まれた月の季節をテーマに。でも、どうしてもその季節の絵がうかばなかったら、他の季節でもいいということにしました。

カレンダーと言えば、こんな話になって横道にそれました。つまり、自分が生まれたのは何曜日か知っていますか?という話。

しおちゃんマン自身は、この日まで知りませんでした。

しかししおちゃんマンが生まれた日は日曜日だったことがすぐにわかってしまいました。今の時代は、52年間しらなかったことがこうしてあっという間にわかってしまうのですね。

身体測定

今週の火曜日は身体測定でした。

身長と体重をはかります。

今の測定器はすぐれものでして、身長と体重が同時に測定できます。また、測定値も目でみるのではなく、デジタルでピピッと出てきます。

男子は身長を気にしています。成長痛がうらやましいという声もあります。しかし男子の身長が本格的に伸びるのは、あと一年後ぐらいかもしれません。

女子は体重を気にしています。女子の測定は、保健の先生にお願いしています。しおちゃんマンに見られるのがすごく嫌だそうです。

絶対に太っていないのに…、もっと体重を増やした方がいいのに…、増えることを嫌がっていることが気になります。

子どもの頃は、男子も女子もちょっと太り気味の方が将来的にいいそうですよ。(もちろん太り過ぎは健康に悪いです)

一生のうちで、今の時期ほど体が劇的に成長する時期はないのではないでしょうか。

私たち大人は、そんな子どもたちの成長をしっかりと見ていてあげたいですね。

また、体だけでなく、心もぜひ成長してほしいと思いました。

いつもありがとうございます!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

買い替え

新しいメガネ。

新しいスーツ。

新しい車。

新しい携帯。

それぞれ限界まで使ってきて、とうとう買い替えなければならなくなったもの。

使えるだけ使うと、物にも情が移ってくる。

情が移るほど使うこと。そもそも、情がうつるってどんなことなのか。

子どもたちはきっとわからないだろうなあ。そして、どう教えるのかも難しいなあ。

いつもありがとうございます!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

最近タバコが吸いたくなってきた

表題の通りです。理由はわかりません。

タバコをやめたのは、2007年11月。2008年夏に心筋梗塞。同年秋に網膜剥離。ということで、タバコをやめたら大病した、と友人には冗談で言われています。

しかしこれはあながち間違いではなくて、タバコをやめて、太って、血がドロドロになって…、ということだったのかもしれません。

しかしこの2010年1月にどうして急にまた吸いたくなったのかはよくわかりません。もちろん、もうタバコは二度と吸わないつもりではいます。

そう言えば、3の区切りで吸いたくなるというのを聞いたことがあります。3日目、3ヶ月目、3年目…。でも3年目までには数ヶ月早いな。

こんな時は、気持ちをリセットして、新しいことにいろいろチャレンジしてみるのがいいかもしれません。

自分をもう一人の自分で客観的に見てコントロールすることは大切なことだと思っています。

いつもありがとうございます!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

手段としての整理整頓と時間厳守

日本のあちこちに行かせてもらい、いろいろな話をさせてもらっています。その中で、なかなか理解してもらえないこと、そして反応が悪いのが「教師は机の上をきれいにするべき」「時間は守らなければならない」という話。

中には、あからさまに嫌悪感を示す参加者までいます。

私の話を聞きにきてくれる人たちは、上記のことはあまり重視しない人たちのようです。それよりも子どもたちのことを!と考えている人たちが多いからかもしれません。

そして、管理職から同じようなことを言われ続けてきて、それに対する反抗心を持っている人たちが多いからかもしれません。

しかしそれでも私は、教師は机の上をきれいにしなければならないし、時間は守らなければならないと考えています。

きたなくてもいい…、守らなくてもいい…、といったアウトロー気どりでは他の職員からの支持も得られないし理解もされません。

ただこれは目的ではありません。手段です。

たとえば、職員の共同・協働が大切だなどと言っている人が、話し合いの会議の時間が守らないことが私には理解できないのです。職員の共同・協働を実現するためにはその話し合いの時間が保障されなければならないのではないでしょうか。

残念ながら私のまわりで、校内でも、校外の研究会でも、時間通りに会議や勉強会が始まったことがありません。

しかし私はこうして自覚を呼びかけますが、そうできない職場環境の改善にも目を向けることにしています。

教師が身の回りの整理整頓が出来ない、時間に余裕がない学校ではまともな指導ができるはずがないと考えているからです。

いつもありがとうございます!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

薄皮鯛焼き

「鯛焼き屋 武蔵家」

0fb39882.jpg

1個130円。

外に広がった皮が香ばしくておいしい。

あんはさっぱり系。

保護者からの批判は受け止める側の問題?

誰だか知りませんが「モンスターペアレント」などという言葉を作ってしまったので、それがあっという間に広がってしまいました。

学校や教師に対して理不尽な要求や、クレーマー的な意見を言ってくる保護者のことを指して言うらしいのですが、モンスターなどと表現されるような保護者の方には少なくとも私はお会いしたことがありません。

しかしこういった世の中(個人が優先されるべきだという価値観の世の中)ですので、学校・教師にとって理不尽だと受け止められる事例や、こじれてしまって裁判にまで発展する事例もあるのだと思います。ただそれはあくまでも特殊な事例だと思うし、そういったことは今に始まったことではありません。

ではどうして最近になって、モンスターペアレントなどという言葉が広がってしまったのでしょうか。

私は、それは受け止める側…、つまり学校・教師の方が逆に変わってしまった…、声を受け止める余裕がなくなってしまったからだと思うのです。

私から見ると、
「どうしてそんなことで学校や教師が腹を立ててるの?」
「向き合って話し合ってみればいいじゃないか」
と思える事例も少なくないのです。

保護者のみなさんからの正当な声…、そして不安や悩みまでも、クレーマー的な声に変換してしまっていないだろうか?

もう一度学校や教師は振り返ってみる必要があるのではないでしょうか。

いつもありがとうございます!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

ブログ内検索

1日1回ポチッとよろしく(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

にほんブログ村 教育ブログへ 

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

雑誌『生活指導』(高文研)編集長/全国生活指導研究協議会常任委員/最新著書『教師と子どものための働き方改革』(学事出版)/小学校で37年間学級担任として勤務/現在某私立大学文学部教育学科特任教授/iPhone12 Pro/Surface Laptop3/黒猫大好き/手相は両手とも「ますかけ」。

さらに詳しいProfile……

にほんブログ村
人気ブログランキング

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
e-mail-send_icon_1150-80.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki
しおちゃんマン YouTubeチャンネル

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター