FC2ブログ

#成人式 に向けて

明日、来年1月に成人式を迎える教え子が、実行委員として私の話を聞きたいという連絡を受けたので会ってみることにしました。

\( どんな話をするのかは、わかりません )/

私自身の成人式は、大学のテニス部の合宿所にいたせいもあり、地元の式には参加しませんでした。当時は、成人式に参加することをそんなに重視していなかったような気がします。今は、成人式に特別な思いを寄せる若者の方が多いようです。

全国の成人式が荒れてから、各自治体は色々な工夫をするようになりました。浦安で育った教え子たちは、今回もディズニーランドで祝うのでしょうか?

18歳選挙権時代になり、成人式の意味が……、
大人になることの意味が問い直されています。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#塩崎光蔵 #旭日小綬章 #ファミリーヒストリー

IMG_20201121_090921_047.jpg 
 天皇陛下から勲章をもらった祖父、塩崎光蔵について調べてみました。
 マイ・ファミリーヒストリーですね。

 祖父は、成蹊大学敷地内の広い庭のある一戸建てに住んでおり、私の本籍地は、今でも成蹊大学の住所のままです。

  まず、「成蹊大学 塩崎光蔵」で検索してみました。

 すると次のようなブログが出てきました。

 

▼川口仁「日本アメリカンフットボール史-フットボールとその時代-」
http://kawaguchi-kgfighters.sblo.jp/article/24104549.html

 そのブログ記事の中に祖父が出てきます。

引用-----↓ここから-----
1927年『アメリカンフットボール』の出版に先立ってフットボールのゲームが行なわれた。4月30日、旧制成蹊高校グランドおいてである。成蹊高校は三菱財閥の岩崎小弥太が理事長をし、英国流のパブリック・スクールを範としていたので芝生のグランドがあった。高等師範学校であるためアメリカのテキストの通りに行った場合、実際にできるのかどうかのテストを行った。防具も用意された。このゲームに参加したラグビー部員の中に塩崎光蔵という人がいた。橋本順治は塩崎と甲組で同級生だった。塩崎はこの本の翻訳チームにも加わり、のちに筑波大学ラグビー監督※になった。
※厳密に言えば塩崎監督のときは筑波大学という名称ではないが、名称の履歴にそい旧名で表してもイメージがわかない
引用-----↑ここまで-----

祖父は、筑波大学(当時、教育大学)のラグビーの監督をしていたことは聞いていました。

戦争から引き揚げてすぐに成蹊大学に勤務。

その後、教育大学(現筑波大学)に勤めたようです。そこでラグビー部の監督になりました。

成蹊大学の敷地内の祖父の家に、ほぼ合宿状態で、教育大のラグビー部の学生が通ってきたそうです。

一方、自分自身も、ラグビーの経験を東京高師でしています。

早稲田大学ラグビー蹴球部の1926年の試合記録に、東京高師のメンバーとして祖父の名前が出てきました。東京高師というのは、筑波大学の前身です。

▼1926-10-06vs東京高師/早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト
https://www.wasedarugby.com/gamerugby_detail/id=1118?fbclid=IwAR2dSu51rlU3Nn1on1cG5kdFZ0iTibFuvXHNkcwHJ9wxIuihWOS7EaaCpz0

さて、先のブログには、さらに次のようなことも書かれていました。

引用-----↓ここから-----
『アメリカンフットボール』の復刻を新聞記事にしていただいた。それをご覧になった伊與田康雄氏というかたから出版社を通じて連絡をいただいた。以前筑波大学のラグビー部監督をされていたということであった。連絡いただいた当時は大阪の大学に勤務しラグビー部の監督を引き受けられていたので、お訊ねし話をうかがった。塩崎光蔵氏は大先輩にあたり、塩崎氏は後継者である伊與田氏に自分たちは日本において最初期にアメリカンフットボールのゲームをしたメンバーであることを口伝されたそうである。「塩ジイは」と伊與田氏は切り出された。「私に、君はぼくの後継者だから伝えておきたい。ぼくらはね、岡部さんの後を引き継いで昭和のはじめにアメリカンフットボールをしたんだよ、と言っておられました」
引用-----↑ここまで-----

どうやら祖父は学生時代、日本でアメリカンフットボールを始めたレジェンドの一人だったようです。

また、「塩ジイ」と呼ばれていたことを知り、なんとなくうれしくなりました。

実は、硬式テニスを小学校の時から教えてくれたのは、この「塩ジイ」でした。東伏見のテニスコートに連れていかれて厳しくトレーニングさせられました。

同時に水泳やゴルフも「塩ジイ」に教わりました。今思えば、塩ジイのおかげで、スポーツの習い事いらずだった、私自身の少年期です。

そして、テニスを今の歳まで楽しむことができているのは、「塩ジイ」のおかげであることをあらためて実感しました。

私からも、心からの勲章を渡したいです。

ラグビー (1958年) (体育図書館シリーズ〈第10〉) - – 古書, 1958/1/1
塩崎 光蔵 (著)

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#旭日小綬章

実家で、祖父の荷物を整理していたら、旭日小綬章をいただいたという賞状が出てきた。

旭日小綬章とは、日本の勲章の一つで、旭日章(きょくじつしょう)6つのなかで4番目に位置する。「日本国天皇は…」で始まる賞状は、当時の大平総理大臣と、総理府賞勲局長の名前で発行されていた。
IMG_20201121_090921_047.jpg
「勲章の授与基準」によれば、対象者は、公職では政令指定都市の市長、それ以外の市長、特別区の区長、町村長、都道府県議会議員、市議会議員、特別区の議員、公益団体では全国および都道府県を活動範囲としている団体の長、企業経営者では経済社会の発展に対する寄与が大きい企業、国際的に高い評価を得た企業や技術がとくに優秀な企業の最高責任者、となっています。

成蹊大学で保健体育の教授をしていた祖父であるが、勲章をいただくほどの研究をしてきたことに驚いた。

どんな研究をしてきたのか、とても興味を持った。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#標語でコロナ禍を乗り越えられるのか

「秋の我慢の三連休」だの、
「静かなマスク会食」だの、
「5つの小」だの……

だんだん戦時中の、戦争標語みたいになってきましたねぇ。

戦時中の標語も次のように変換されるかも。

( ̄‐ ̄)。oO(もちろんジョークですが、シャレにはなりませんね)

「欲しがりません勝つまでは」⇒「出たがりません収まるまでは」
「ぜいたくは敵だ!」⇒「会食は敵だ!」
「日本人ならぜいたくは出来ない筈だ!」⇒「日本人なら大声は出せないはずだ!」

共通しているのは国民の個人努力を促すのみで、国としての具体的な政策が出てこないところなのかも……。

標語にすることで、リズムよく国民の脳にアクセスし、いかにもそれが当たり前のことのように決めつけ、前向きな批判を投げかける余地を許さないところが問題です。

政策としての対応、科学的な対応が求められているのだと思います。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#布団から出ないヨシムネ #戦時標語に似てきた新型コロナ感染防止標語

猫にとっては寒い日が続いている千葉県。

ヨシムネ君もなかなか布団から出ようとしない。
DSC_0543.jpg

「秋の我慢の三連休」だの、「静かなマスク会食」だの、「5つの小」だの……

だんだん戦時中の、戦争標語に似てきました。

「欲しがりません勝つまでは」「ぜいたくは敵だ!」「日本人ならぜいたくは出来ない筈だ!」「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」……。

共通しているのは、国民の個人努力を促し、国としての具体的な政策が出てこないところかな?

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#六つの小 #小池さんの小 #黒猫ヨシムネ仕事中

IMG_20201119_185832_359.jpg

黒猫ヨシムネ、お仕事中。

えっと……、
六つの「小」

小人数で会食の計画を
小一時間時間を決めて会食を
小声で会食を楽しんで
小皿で料理を取り分けて
小まめに手洗い、消毒、マスク、換気

そして
小池百合子 の「小」

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#言葉のチョイス #秋の我慢の三連休 #ハンマー

日本医師会・中川俊男会長の会見。

「みなさまにはぜひ『秋の我慢の3連休』としていただきたい。感染拡大を防ぐために、家で十分な換気を行ったうえで、しっかりと睡眠を取り、ゆっくりとお過ごしいただきたい。GoToトラベルから感染者が急増したというエビデンスがなかなかはっきりしないが、きっかけになったことは間違いないと思っている。今後、このまま感染が拡大し続ければ、強い政策を打ち出すハンマーを振りかざさなければならない

印象に残った3つの部分、

「GoToトラベルから感染者が急増したというエビデンスがなかなかはっきりしないが、きっかけになったことは間違いない」

このことに政府はどう応答するのだろうか?

「秋の我慢の三連休」

これは言葉のリズムが良くて、伝わりやすいなと思いました。

そしてもう一つ、

「ハンマーを振りかざさなければならない」

どうしても、人間に向かって振りかざしているイメージがあり、もっと違った "たとえ" ができなかったのかと……。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#教育実習の思い出

教育実習期間もそろそろ後半でしょうか?

教育実習というのは、私の場合は、教師になるという決意を固めることのできた大きな体験でした。しかし出来栄えは散々でした。高校と小学校の二つで実習を受けたのですが、二つとも精錬授業(まとめの授業)は失敗しています。

高校での実習の時は、国語の「杜子春」の授業をしたのですが、途中で何をやっているのかわからなくなり、立ち尽くしました。生徒が「がんばれ!!」と言ってくれて、なんとか強引に終えることができました。落ち込んでいた私に、担当の先生から(高校の時の私の担任の先生でした)、

授業なんかこれからいくらでもうまくなる。しかし生徒から応援される教師はあまりいない。そのことに自信を持て。

と言われたことを今でも覚えていて、励みにしています。

小学校の実習では、3年生の体育で跳び箱の授業をしました。体が大きい子で、一人だけ跳べずに泣き出してしまう子がいて、これまた授業が止まってしまいました。その時に担当の先生が、踏切版の手前に、自分の上履きを、他の先生に見られないようにそっと置きました。そしてその上履きを飛び越えて両足で踏み切ることをそっとその子に伝えました。すると、その子はリズムよく助走して生まれて初めて跳び箱が跳べたのです。その子の周りに他の子どもたちが集まって一緒に喜んでいるのを見て、感動して私は何と泣いてしまったのです。

( ̄‐ ̄)。oO(自分は何もできなかったのに…、恥ずかしい……)

上手に実習を終えるよりも、失敗から得ることの方が大切です。もし失敗したと考えて落ち込んでいる人がいたら考え直してほしいし、そしてこれから教育実習をする人は、子どもたちとの関係、子どもたち同士の関係こそ大切にして現場で過ごしてほしいと思っています。

そのために子どもたちとたくさんたくさん遊んで、おしゃべりをしてきてほしいと思っています。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#感染拡大 #第3波

全国各地で新型コロナ感染者が急増しています。

国の政策は、各自で注意することメイン。まじめて健気な日本人は、マスクをつけ、手洗いを欠かさず、密を避けて生活してきました。にもかかわらず、第3波は避けられなかったどころか、今までで一番大きな波になってしまいました。

原因は、冬になり、低温低湿、換気の悪さだと報道されています。本当にそれが原因ならば、2,3月までこの増加傾向は続くことになります。まだ11月です。

Gキャンペーンで人が動いていることにはあまり深く触れられていません。

Gキャンペーンを否定的に報道しないのは、経済を回さないとさらに生活が厳しくなるためだと思います。息子の店もGキャンペーンの恩恵を受けてきたので、そのことはよく理解できます。

しかしここで、少しだけブレーキをかける必要があるのではないでしょうか。

効果があるならば、食事の人数制限や時短制限に取り組む必要があるかもしれません。

年配者の数が増えてきていることも第3波の特徴です。

家庭内感染が増えてきているからかもしれませんが、その原因ははっきりしていません。

基礎疾患があり、60代の自分としては、かなりの注意が必要なようです。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#最低でもあと1年 か……

ワクチン開発 が現実に使用できるレベルまで近づいているようです。しかし話をよく聞いてみると、行き渡るまでには、最低でもあと1年かかるとのこと。場合によってはそれ以上の時間がかかる場合もあるとか。

私たち60代は、1年1年がとても貴重です。これは、若い人たちの一年間が貴重ではないということではありません。私たちは焦りが大きいということです。もう一年間以上ウィズコロナの生活が続くのはきついです。

しかし、新型コロナが広がる中で、人類の医学は飛躍的に進化したとも言われています。特にワクチン開発部門の発展は人類史上最速だと言います。何事も、前向きに考えて、新しい時代を生き抜きたいと思っています。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#子どもからエンパワーメントされる教師

若い時は、これでもか、これでもかと、新しい授業や活動を企画しました。そのせいで、時には管理職の先生や同僚とぶつかってしまうこともありましたが、実践し続けました。

公開できる実践は、下記にまとめてあります。

▼ザ・教室 実践集
http://shiochanman.com/report/index.html

公開できない実践も含めて、大学ではこれらの実践の紹介と意味、教訓を講義しています。

今は、学校現場は、多忙化と同調主義、上下関係絶対の学校現場において、教師個々の実践の自由は奪われてしまう傾向が強いです。

私が現場にいた当時も、今ほどではないと思いますが、そういった傾向はありました。

それでも、「ちょっと変わった実践」(学生談)にこだわってきたのは、子どもたちに楽しく学んでほしいということと、学校体制から少しだけズレたところに真実があるような気がしたからです。

そして何よりも、子どもたちの笑顔から、私たち教師はエンパワーメントされるからです。

私たちは、子どもたちや保護者、同僚からこそ学び、元気をもらっているのだと思います。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#特別活動に意識的に取り組もう

修学旅行の時期もそろそろ終わり、小学校現場は大きな行事が終了する時期だ。

学校によっては、保護者を迎えての、全校的な学習参観や文化祭的なイベント、または音楽発表会などもある地域もあるが、そういった行事は中止になる学校が多いかもしれない。

こうした「学校行事」や「児童会行事」は、学習指導要領によると『特別活動』に分類される。こうした分野の授業時数回復はどうするのだろうかと思う。

授業時数回復が、教科に偏ることが気になっている。

特別活動は、生きるための「実習」の要素がある。そしてそこに生まれる子どもたちの笑顔は、何よりも教師を元気づける。

子どもたちの元気…、そして教師も元気を取り戻すためにも、コロナ禍でも可能な特別活動の企画を各学校で考えてみてほしいものだ。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#教育実習2020

コロナ禍でも、ようやく教育実習をスムーズに受け入れてもらえるようになりました。

( ̄‐ ̄)。oO(一時期、受け入れてもらえないことが話題になりました)

私たちの時代、教育実習はとても楽しみでした。

そして実際に体験してみて感激し、教師になることの夢をあらためて強く持ったことを思い出します。

今でも同様なことがほとんどですが、少しずつではありますが、学生さんの中に、現場の厳しさにあらためて戸惑う声が聞こえてくるようになりました。

一つは、やはり現場の忙しさです。担当教員も、実習生に(じっくりと)目を向ける時間がなかなか取れず、実習生も何をしていいのかわからず立ち尽くしてしまう……。

( ̄‐ ̄)。oO(それでも、夜遅くまで指導案作りにつき合ってくれたと感激していた学生さんもいます)

二つ目は、子どもたちの指導の難しさです。実習生の年齢は子どもに近いはずなのですが、ここ数年の子どもたちの変化に戸惑う学生も少なくありません。

しかしそれでも、教育実習は学生さんたちに忘れられない経験を与えてくれることは間違いありません。

それは、最後には(指導が難しいと感じていた)子どもたちこそが元気を与えてくれるからです。

働きかけているようで、実は働きかけられているのは大人たち(現場の教員や実習生)の方だということをあらためて思ったしだいです。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

ブログ内検索

1日1回ポチッとよろしく(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

にほんブログ村 教育ブログへ 

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

37年間千葉県の小学校で学級担任として勤務。退職後2つの大学で非常勤講師として、生活・生徒指導、特別活動、発達障害 等の講義を担当。全国生活指導研究協議会常任委員。雑誌『生活指導』(高文研)編集長。著書『教師と子どものための働き方改革』『学校珍百景』 他。黒猫大好き。

さらに詳しいProfile……

にほんブログ村
人気ブログランキング

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
e-mail-send_icon_1150-80.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki
しおちゃんマン YouTubeチャンネル

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター