FC2ブログ

#空気を読む

「自閉症の子どもは空気を読めない」などと簡単に言いますが「空気を読む」ことの行為をどのように分析しているのかが不明です。そんな事を考えていたら偶然にも「チコちゃんに叱られる! - NHK」で『空気を読む』ことを取り上げていました。それは、0.2秒の表情の変化を読み取ることだそうです。

「反射」と言われる本音と、それを0.2秒で隠そうとする「理性」の変化を読み取ることだというのです。

う~ん、そうなのかなぁ?もっと集団的なものだと思うんだけど……。

反射と理性を読み取ろうとする個々に同調するのか、異議申し立てをするのか、ボケたりつっこんだりして自分のキャラ立てをするのか、無視するべきと判断するのか……。

そういった自分の動向を決めることを「空気を読む」ということではないでしょうか。

しかし…、周りを気遣うことは大切なことですが、そのために「嘘芝居」をする必要はないと考えています。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#家父長的中央集権型組織

思えば自分は「家父長的な中央集権型組織」とずっと闘ってきた。

そんな組織は、個々の人権や自由を奪い、自分の行動一つひとつについてもいちいち組織の上部にお伺いを立てなければならない。そんな組織が「民主的」という看板を掲げている組織も含めて、日本中に散見している。もちろん学校もそうだ。

報告・連絡・相談がないと組織が成り立たないというのは間違い……。

組織は、個々の自由な活動を保障しつつ励まし、上がってきた取り組みについては横並びで議論し、組織前進のパワーとしていくことが理想。

すでにそういった新しい発想の組織が増えてきていてその多くは成功している。

逆にあいかわらず責任問題(上は知っておかなければ責任がとれない論)と忖度重視の組織では、理不尽な上からの指示や、一部の人間に仕事が偏る現象や、ハラスメント、そしていじめ・迫害、排除の力が発生している。

( ̄‐ ̄)。oO(上は知っておかなければ責任が取れないなどとよく言うけど責任をとってくれたという話は聞いたことがない)

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#現場の要求で研修を創り出そう

コロナ禍でたくさんの制限が課せられているはずの学校現場では研究授業とか公開研究とか…、活動に制限があり授業時数回復で大変だという声は無視されて今までと同じように必ずやる学校が多いです。特に文科省や教育委員会から指定された事業はコロナ禍の制限を超えて必死になってやってしまう……。

文科大臣が教師の仕事が魅力的になるように研修をたくさんすると発言して現場の教師達から失笑されています。上からの研修がいかに教師たちを苦しめているのかの実態を知らないようです。

校内の研修が不要だということではありません。自らの要求で工夫とアイデアに満ちた研修は教師に元気を与えます研修は現場の要求から生み出されるべきです。文科省の意向を浸透させるために行われるものではありません。

ちなみに今の私自身のテーマは、コロナ禍で子ども同士の親密な連携が制限さる中、いかにして子どもたち同士の連携や団結を創り出すのか、というテーマです。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#さらされる話

特措法改正で命令に従わない場合は罰金と店名公表も辞さないらしい。「さらす」ということが罰則になるのは日本の歴史的な文化なのかもしれない?そういえば「さらし首」とかある。「みんなで嫌がらせをしても良い」「悪いことをするとこうなる」という意味になる。今に「引き回し」とかも出てきそうだ。

コロナ禍でかつてはパチンコ屋が悪者になった。今は居酒屋と減らない人出が悪者。誰かを悪者にして政策の良し悪しから目を背けたり怒りのエネルギーを向けたりするのは歴史的にも世界的にも政治の常套手段。因みに息子の居酒屋は時短営業に応じながらお得意さんたちのおかげで何とか頑張っている

居酒屋だけでなく、コロナ禍で損害を受けたり生活が苦しくなったりしている国民の補償を考えるのが政府の役割。罰則ばかり考えているイメージがある。そんなイメージが逆に国民に「さらされて」しまっているようだ。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#オンライン授業奉り主義は人権の危機を生み出す

リモートで授業に参加することが可能にするには、ネット環境と機能の充実が必要だ。今のままでは真似事はできるが深い学びは保障できないと考える。環境とは学校のネット環境だけでなく地域丸ごとのネット環境が保障なければならない。電話の普及と同じくらいパソコンとネット環境が必要である。

ネット機能とは、『 "間取りとかぶり" が可能な対話のできる機能』は絶対である。「間取り」とは、そもそも言葉が遅れてくるような機能ではダメであり対面の対話と同じような間で「返し・つっこみ」ができるスピードが必要である。「かぶり」というのは、同時に声を出せる機能を持つことである。

ネット利用の授業を必修にすることも必要だ。マナーや安全指導はもちろん、ネットメディアリテラシーの指導が重要だ。受け取る情報を無批判で受け入れるのではなく批判的に受け止めながら学習し真実を見極める力を育てる学習である。情報だけでなくAIが準備している「解」に対しても同様である。

オンライン授業をすれば何もかも解決できるような空気があるがそれは間違い。問題を大きくしてしまう危険性がある。問題とは個々の人権を守り世界平和をつくりだせるかの問題である。オンライン教育を無批判に奉る傾向は人権を奪い国家間のトラブルを発生させる危険がある。それについては後日。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#子どもが主体的に学べる学校に今こそ

コロナ禍の学校現場では、友達同士距離をとることが要求されます。また班会議や大きな声で発言、そして歌ったりすること、体育で身体をくっつける運動の禁止等々、教育委員会から細かい指示が出ている地域もあります。

そのような中で一つ目の課題は、それらが可能な学校環境にあるのか、という問題です。

40人学級一人担任制では難しいのではないでしょうか?手洗いうがいの感染防止指導、丁寧な健康チェックを続けていくだけの職員の数が足りません。子どもが利用した教具や教室の消毒の仕事なども考えると到底やり切れないのが現実です。

子どもの感染者数のパーセントが2桁を割ることがないのはこれらのことと無関係ではありません。

2つ目の課題は、仲間との親密な意見交流や身体接触が許されない学校で学力が定着し体力が向上するのかという問題です。

これまでの授業から、主体的・研究的な授業形態に本気で改革していく必要があります。

飛沫に注意しながらの学び方を子どもたち自身が考えて、自らの学習課題を距離をとった共同で研究ししていくスタイルが可能な学校に変わっていかなければなりません。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#鳥インフルエンザと新型コロナ

千葉県ではこのところ鳥インフルエンザがものすごい勢いで広がっています。鳥も人間と同じように感染症で大変だと考えていたら、鳥インフルエンザは感染が一羽でも発見されたらオール殺処分なんですね。

人間はそうでなくてよかったけれど、罰則とか放置とか、色々それに近いことも出てきています。心を一つにして闘おう、などと綺麗ごとを言っておきながら、治療も受けられず命を落としていくことが現実となってきた今、これでは殺処分と一緒だと思うわけです。

医療の施設が足りない、人手が足りない、現在民間病院との調整中だなどと言われても、今頃何をしているのかと怒らない日本人は世界的に見て不思議人なのだそうです。

私たちが選んだ形となっているリーダーの責任を問うことも大切ですが、一方で、具体的な対応をスピードと納得でやり直さなければなりません。

居酒屋や減らない人出ばかりばかり悪者にしていないで、目の前の問題をどう処理していくのかに本気で取り組まなければなりません。

やっと国会が始まったようなので期待します。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 


ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新しました!
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!
ブロトピ:更新しました
ブロトピ:千葉関連ブログ更新

#身体が教えてくれていた

本日22日は自分自身と黒猫ヨシムネの定期健診。私もヨシムネも血糖値が高く糖尿病予備軍。

私の場合血糖値が高いことで血栓が発生しやすく過去に心筋梗塞や狭心症、目の血管が詰まって網膜剥離になり手術の経験あり。

現在1日に9種類の薬を飲んでいる。テニスの試合なんかに出ているがある意味病人(笑)

毎日体重・血圧・体温を測って自作手帳で管理している。

体重は78kgを、血圧は上125・下75を超えないようにしていて、超えた場合はそれなりの努力をしなければならない。

体温は、逆にいつも35度台で低すぎるので、36度台まで上げたい。現在上げるための工夫を研究中。運動や熱いお風呂がいいかも。

小学校現場に勤務していた頃の50代後半は毎年のように心臓関連で救急車で運ばれていた。

眼科にも通いレーザーで不要な血管を焼いたりもしていた。

定年退職して3年間そういったことが一度もない。

いかに現役のころストレスがかかっていたのかということ。

自覚はなくても身体が教えてくれていたのだ

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#新しい卒業生を送る会 #距離は取りつつ繋がる指導

「卒業生を送る会」は「卒業式の儀式化」に対峙する児童生徒の自治による取り組みとして生まれたものである。しかし残念ながら学校の管理主義の広がりと教師の異常な多忙化により「会」そのものが形骸化し教師が企画したものに子どもが乗っかるという形で開かれている所が多いのではないだろうか。

またコロナ禍で体育館に全校児童生徒が集まることが難しくなり6年生が体育館に待機し他学年が順番に体育館入りして感謝と応援の演技を披露していく…、といった形で取り組む学校が多い。しかしこれでは6年生に演技は見せられても、他学年には見せることができない。感動を共有することが難しい。

各学年の演技を全教室にライブ配信を考えている学校もあるだろう。他学年の演技を教室で全校児童生徒が観ることができる。多くの学校で試してほしい。またオンラインであるからこそできる演出も考えられる。過去の行事のビデオ配信や思い出の写真など。それについてのインタビューも展開できる。

どうやら新型コロナとは長い付き合いになりそうだ。「離して黙らせる指導」ではなく、『距離は取りつつ繋がる指導』が求められているのではないだろうか。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#演説原稿

首相の演説原稿を、野党が演説前にSNSに流したことが問題になった。私もそれはルール違反だと思う。一方でその原稿というのが演劇の脚本のように全く「演説する通りの原稿」であることに驚いた。必要事項が箇条書きされた資料に近いものだと思っていた。あれでは棒読み演説になるのも仕方がない。

私が講義をする時はポイントを箇条書きや図解したものを手元に置いたり配布したりする。パワポを映しながらそれがそのまま原稿の代わりになることもある。首相の原稿のように脚本化されたものでは逆にしゃべれない。首相の演説というのは昔からあのようなものだったのだろうか?

コメンテーターによると、菅首相はスピーチをあまり重視していないという。スピーチよりも成果の事実だ、と。スピーチを単なるスタイルだととらえているならばそのチョイスもあるのかもしれない。しかし首相のスピーチは国民に安心と元気を与えるものであってほしいし、そうあるべきだと思うのである。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#何を優先するべきだったか

私は60代の夫婦2人暮らし。もしどちらかが感染したらもう一人は検査を受けながらホテルに避難。陰性確認後息子の家に避難。残された者は一人で自宅待機。私の様に基礎疾患があってもどうやらすぐに入院できる環境ではなくなってきている。このケースで自宅待機している方が亡くなっている報道が続く。

まずは医療体制が感染拡大に追いつかなかったことの問題あり。他国から「日本は夏に何をしていたんだ?」と批判されているようだ。慌てて民間病院への指示について法律を整備しているがとにかく「遅い!!」。そしてもう手一杯の保健所のフォローと環境整備(仕事内容含む)の問題。このフォローも遅すぎる。

医療現場や保健所の環境整備を後回しにして一体この間日本は何を優先してきたのだろう?経済優先と言いながらその経済も活性化していないし…。携帯料金やNHK受信料値下げ等々前向きな取り組みはあるのだけれどとりあえず今なにをしなければならなかったのかを誤ったのではないだろうか。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#緊急事態下の教職員加配を

千葉県の10代&10歳未満の感染者は1月17日現在で11.4%。子どもの感染者は少なくない。

にもかかわらず幼小中に対しての対策がなされず現場任せでほぼ放置状態なのは問題だ。

これは千葉県だけでなく全国的な問題であり緊急事態宣言下の現場に職員の臨時加配するべきという私の意見は相手にもされなかった。

これからでも遅くはない。この間だけでも職員を増やして、衛生管理&健康管理につとめるべきだ。

教職員の感染者も出て、対応が問われている。

感染者を責めるのでなく速やかに補助教員の配置が必要だ。

尤も産休代行や事故対も配置できない状況の中では難しいのかもしれない。

学校現場も危機的状況だ。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#ワクチンに関する情報を正しく

日本でどういう形でワクチン接種が行われるのかなかなか具体的に伝わってこない。発表されたのは優先順位だけだったような気がする。

接種開始は2月下旬から医療関係者からということだが、その準備はどこまで進んでいるのだろうか?休日の学校を使うのか公民館を使うのか球場を使うのかの会場問題。接種したかどうかのチェック方法。メインとなって動く部署。

本気でやるのだったらオリパラよりもこっちが先のはずだ。

一方で、世界に目を向けてみると、ワクチンの接種が遅れているとか、医療関係者が拒否しているとか、ノルウェーでワクチンで亡くなった人が出たとか、接種したのに感染者が続出したとか、ワクチンに関して不安な情報の方が多い。

ただイスラエルだけは、世界最速で接種が進み、感染者が激減しているという情報もある。

ワクチン接種に向けての日本の本気度が伝わってこない。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

ブログ内検索

1日1回ポチッとよろしく(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

にほんブログ村 教育ブログへ 

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

雑誌『生活指導』(高文研)編集長/全国生活指導研究協議会常任委員/最新著書『教師と子どものための働き方改革』(学事出版)/小学校で37年間学級担任として勤務/現在某私立大学文学部教育学科特任教授/iPhone12 Pro/Surface Laptop3/黒猫大好き/手相は両手とも「ますかけ」。

さらに詳しいProfile……

にほんブログ村
人気ブログランキング

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
e-mail-send_icon_1150-80.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki
しおちゃんマン YouTubeチャンネル

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター