FC2ブログ

#気になる子の指導のワンステップ

教室には必ず「気になる子」がいます。どうしてもその子に目が行ってしまう。どうしてもその子ばかり注意してしまう…。そんな子の指導をどうするのかの相談をよく受けます。

私はそんな時、気にする子の問題ではなく『気になる自分』や『気にするようになっている学校』の問題を問うことを伝えます。

教師はついつい、自分が正義で、その「正義」に従わない子は「不正義」だと考えてしまうことが多いのです。

学校や自分の「正義」を批判的に見直してみた時、「気になる子」のストーリーが拓けてきます。

逆にそういったワンステップをふまないと気になる子とのすれ違いは大きくなるばかりなのです。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 


ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新しました!
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!
ブロトピ:更新しました
ブロトピ:千葉関連ブログ更新

#ボランティアの係活動にチャレンジしてみよう

係活動はボランティアの意味を指導するのがいいと思っています。

例えば黒板を消す子どもを募る……。

誰もやり手がいなかったら教師がやる……。

たくさんいたらそのメンバーで順番ややり方を決めれば良い……。


1人1係はつまらない。任期も長すぎる……。

★私は班で仕事を分担していてどの班がやるかはゲームで決めていた。任期一週間。


何故私が最近はボランティア係活動を推薦しているのかというと、その係グループは他の活動に発展する可能性をもつからです。

黒板を消していたグループが別なボランティア活動を始めることがあるし、それを見通すことが大切だと考えます。。

ボランティアだけでなく学級内にサークルを組織し始めることもあります。

実はそういった実践は既に報告されているのです。


ボランティア型係活動の指導のコツは「やってもいいこと」を教えることです。

日本の教師は「やってはいけない」ことばかり指導しているような気がします


学校でもこんな事ができる!と子どもたちに伝えましょう。

そして、それが伝えられる学校にしていこうではありませんか!

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#また飲食店に負担が

まん延防止対策って何をするのかと思ったら飲食店の時短中心らしいです。

千葉県はまだその段階ではないと知事さんは言っていますが、都と隣接している市川市で店を構えている息子の居酒屋は営業制限されるのは時間の問題なのかもしれません。

前回、協力金の支給がかなり遅れて、うちの店でなく、飲食店業界全体が、行政に大きな不信感を持っていることを忘れずに

検査の拡大を。
ワクチン接種のスピード化を。
治療薬研究への予算を。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#学校が休校にならない限り

第4波がいよいよ本格的にやってきたようです。東京都はまん延防止等重点措置を国に要請し国は適用することを決定しました。具体的に何がどう制限されるのかはまだこのつぶやきの時点ではわかりませんが緊急事態宣言に近い形で執行されると思われます。しかし大学以外の学校現場では無風です。ステイホーム学習にする話は全く聞こえてきません。それはなぜなのでしょう?

大学以外の学校でステイホーム学習をしようとしない一番の理由は、小中学校…、場合によっては高校も、それらが休校になると子どもだけ…、学校だけの問題ではなくなってくるからです。例えば小さい子がいる家庭では仕事を休まなければなりません。去年の春に「子どもの数の職種に影響が出る」と誰かが言っていましたが、あながち大げさなことではないということです。

ステイホーム学習がに消極的なのはオンライン環境が各家庭に準備されていないということもあります。この一年間、何をしてきたのかということです。逆に言えば、本気で感染防止に取り組むのであれば、一斉休校、またはステイホーム学習をするべきなのかもしれません。聖火ランナーを笑顔で走らせることには積極的、感染防止には消極的……、と言われても仕方がありません。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#メールは応答することが基本かも

今年度になって仕事のメール量が急激に増えました。

一つは、正規の雇用になったことで仕事量が増えたこと。

二つ目が、コロナ禍で想定していないことが起こりメールで確認しなければならないことが増えたこと。

三つ目が、(メールを出しておく)=イコール(責任を果たす)、といった社会構図になったことです。


社会の中でメールの量が増えたことで、おそらく多くの人は全てのメール内容について正確に深く吟味していないのではないでしょうか。

場合によっては読んでおらず、送信した側は、送ったから自分には責任がない、といったことになり、そういったトラブルも多発しているようです。


物事は、伝える側と受け取る側の一方通行では成り立ちません。

受け取った側が応答し、そしてさらにそれに応答するといったやり取りの中で物事は正確さを増し、内容も深まります。

メール社会が、今一つ生活が上辺化(うわべか)され、深まりがないように感じるのはそのせいなのかもしれません。

メールはできるだけ応答するように心がけようと思いました。


(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#子どもの交わりは軽視してはいけない

昨日は、千葉県浦安市では入学式でした。

奥さんが勤めている小学校では、前日の始業式はリモートでしたが入学式は対面です。

ただし在校生は出ません。

入学式に在校生が参列できないのは残念です。

新型コロナは人と人とのつながりを切る疫病なのだとあらためて思います。


大人はオンラインを利用して、コロナ禍で失われた出会いをカバーできますが、子どもの成長における交わりの教育力(うまく表現できないのですが "仲間関係で培う力" みたいなこと)は、オンラインではカバーできません。

今年度の大きな課題になりそうです。


コロナ禍になり子どもたちの行動や集まっての教育活動が制限されています。

それらを大人のようにオンラインでカバーできると思っている人が多いのではないでしょうか。

子どもにとっての「関係づくり・交わり」は子どもの発達・成長にとって重要であることをあらためて考えてみたいです。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#学生さんたちとの出会い

7日(水)は、基礎演習1年生のガイダンスでした。

初めて、新しい大学の学生さんたちと顔合わせです。

6クラスにわかれていて、私はC組の担当になりました。

人数は22名。

ガイダンスの休み時間には、意図的にそばに行っておしゃべりをしてみました。

ちょと大変な仕事も頼んでみました。

ジイジのおしゃべりにも気持ちよく応じてくれました。

頼んだ仕事も、快く引き受けてくれました。

他の講義もしながら、この22名の1年生と1年間学びます。

少しの不安と、大きな楽しみと、たくさんの笑顔と……、そんな一年間になるといいなぁ。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#一言もしゃべらせない給食 ?

実は、一言もしゃべらないで給食を食べさせる指導はコロナ前から行われていたのです。

私はこれも批判してきました。

それが、コロナ禍になったことをきっかけにして堂々と行われるようになっています。

感染防止の指導をしたければ「マスク給食」を指導すればよいのです。

ここぞとばかりに "黙食" を強要するのはやめてほしい。

感染防止ではない、何か別のねらがあるとしか思えません。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#黄金の何とかとかもうやめようよ

子どもがいうことをきくうちにルールやマナーを叩き込んでおくといった「黄金の〇日」とかいうことが当たり前のようにやられるようになっています。

その準備に追われて追い詰められている教師もいます。

私はそれが広がり始めた時からずっと批判してきました。

本気でそろそろやめませんか?

ルールは "子どもの必要" で子どもたちが作っていくもの、マナーは事実を通してその都度指導すればよい。

そもそも子どもが言うことをきくうちに教えるという発想が「姑息」です。

逆です。

いうことをきかなくなった時にどう子どもと向き合うのかが大切なのです。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#努力は報われない時が大切かも

「努力は必ず報われる」と私たちを励ました池江璃花子さんは、こうも言っています。

「本気で目指してきたことをたとえ達成できなかったとしても、その努力は必ず誰かが見てて、誰かが勇気をもらえるのではないでしょうか。」

努力をしないで「努力は必ず報われるわけではない」とアウトローになる前に努力してみることの方が充実した人生を送れそうです。。

自分で努力したつもりでもそれが報われず挫折感を味わい、落ち込んでいる子どもにどう声をかけてあげるかこそが大切なのかもしれません。

そちらの方が断然多いケースなのですから。

失敗し、落ち込んでいるときにこそ、寄り添える教師でありたいですね。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#講義と雑談

前期の講義の資料を作り始めました。資料の最初には必ず「雑談」として、ブロぐの記事を一つ紹介して学生さんたちの意見を聞いてみることにします。ブログ記事のチョイスは、教育関係の記事はもちろん、教育分野とは少し外れた世間話分野にまで広げようと考えています。

ちなみに、私は(も)、雑談だけで小学校の授業一時間分(45分間)、持たせることができますし、時には必要だと考えています。また、授業中の討論と同じくらい、いやそれ以上に、休み時間の子どもとの対話を大切にします。そちらの方が子どもの本音を聞くことができるからです。

何をそんなに話すことがあるのか?と聞かれることがありますが、答えは「何でもいい」です。思いつくことでいいのです。そして、思いつくことができるために、常に社会に目を向け、そのことに対する自分のコメンとを持っていることが大切です。読書も大切であることは言うまでもありません。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#一人の生き方が他者を励ましたり動かしたりすることが実際にある

池江璃花子選手と同じスポーツクラブに登録していることもあり(笑)、以前からひそかに応援していました。

その彼女が白血病を乗り越えて東京五輪代表に内定しました。

この快挙はオリンピック開催云々を超えて(開催しようが中止になろうが)、凄いことだと思いました。

我々には想像もつかないような困難な状況に直面した中、いったい彼女はどのようにして、生きることの考え方を整理して前向きに生きるように自己コントロールして、夢に向かって再出発することができたのかは、私のような凡人には想像もつきません。

「努力は必ず報われる」と彼女は言いました。

努力をするために、励ましの意味で使うフレーズです。

しかし努力しても報われないことが多いのが現実です。

最近では挫折に対応できるように努力しても報われないことも教えるべきだという意見もありますが彼女に「報われる」と言われると説得力がありました。

生きるということは、一人だけの行為ではないことをあらためて感じました。

一人の生き方が他者を励ましたり、動かしたりすることが実際にあるのです。

そしてその一人の生きる行為は、多くの仲間に支えられ、励まされているものだということも彼女は教えてくれたのだと思いました。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#こども庁でやってほしくないこと

自民党が「こども庁」なるものを言い出しました。報道表記も「子ども庁」と表記するところもあり、どうやらいきなり出てきた案のようで、何をするのかその具体的な内容も明らかにされていません。子どもの貧困問題もなかなか認めない自民党が何をしようとしているのか注視していきたいと思います。

やってほしいことは各分野から色々出ているので、やってほしくないことを書いておこうと思います。一つは子どものプライバシー圏に踏み込んだ「子どものデーター化」。家庭状況や成績や進路、失敗体験に至るまで管理してしまうことはやめてほしいです。(すでにそういったことは始まっていますが)

二つめは、子どもの成長を達成度で評価してデーター化して評価することもやめてほしいです。〇歳になったらここまでできなければ成長が遅れている、みたいな評価を国がすることもやめてほしい。子どもを画一的にとらえて、自由な生き方、個性をつぶすことはやめてほしいです。

そして三つ目が、親子関係の理想モデルを強要することもやめてほしい。多様な親子関係を認めつつ、それを支援するための法案にしてほしいです。以上、「こども庁」なるもので、親子関係や子どもの成長を管理しようとすることのないようにお願いしたいです

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

ブログ内検索

1日1回ポチッとよろしく(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

にほんブログ村 教育ブログへ 

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

雑誌『生活指導』(高文研)編集長/全国生活指導研究協議会常任委員/最新著書『教師と子どものための働き方改革』(学事出版)/小学校で37年間学級担任として勤務/現在某私立大学文学部教育学科特任教授/iPhone12 Pro/Surface Laptop3/黒猫大好き/手相は両手とも「ますかけ」。

さらに詳しいProfile……

にほんブログ村
人気ブログランキング

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
e-mail-send_icon_1150-80.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki
しおちゃんマン YouTubeチャンネル

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター