FC2ブログ

連休明けの教室で大切なこと

連休明けの教室で大切なこと

①子どもとの
②おしゃべりを
③優先して実践し
④子ども一人一人の
⑤事情や背景を理解し
⑥一律・統一を求めない
⑦子ども同士の仲間作りを
⑧後ろからそっと支援し支え
⑨同じ時代に生きる一人として
⑩生きづらさに一緒に頭を抱える

緩んできたと 焦らないことです。

[学級地図にチャレンジ]
連休明けの気になることから脱出するための一つの方法が「学級地図作り」です。

教師の視点で子どもたちの仲間関係を図解します。

グループ間の関係も矢印で記録してみましょう。

教室の様子が見えてくること間違いなし。

私は月末にこの作業をすることを自分に課していました。

[グループに着目して]
学級地図を描いてみたら、グループごとにおしゃべりしてみたり、共同の活動を支援したり、班づくりに生かしたりします。

学級内で、クラブやサークルをつくってみることを進めることも一つの実践アイデアです。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#連休明けあるある七つ

七つの、連休明けあるある。

①私語が増える
②時間が守れない
③物がなくなりがち
④落し物忘れ物増える
⑤暴力のトラブル増える
⑥ノートの文字が雑になる
⑦茶化し発言がウケてしまう

それでも慌てなくても大丈夫。

荒れてきたのではなく "慣れてきた" のです。

友達もどんな子がいるのかわかってきたし、先生はどんな人なのかわかってきた証拠です。

学級が前進するチャンスだとも言えます。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

しおちゃんマン流 教育実習事前指導

① 子どもたちと仲良くなろう ←これにつきる!!

・積極的に話しかけよう
・イケナイことをしていたら叱る前に「どうしたの?」と尋ねてみよう
・提出記録とは別に個人的記録をつけておこう

※①の応用として
  先生方とも仲良くなろう。
  ・積極的に話しかけよう
  ・なんでもかんでも質問してみよう
  ・どんな話でも耳を傾けよう。

そのために,

② やらねばならぬことは素早く済ませる
・実務手帳をつくろう

③ 授業はやりたいことをチャレンジ精神で
・遠慮はいらない。積極的に提案を。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

異常な多忙化から考える日本の教育課題

教師の異常な多忙化をどうにかしないと....

日本の教師の異常な多忙化の原因を考えてみました。

①教師の仕事とは思えない仕事内容
・最近では教室の消毒やタブレットの設定・管理、メンテナンス等々。

②教育活動として必要とは思えない仕事内容
・例えば....、学級経営案に書く内容は別なところにも書いたような....、と思えるような仕事が山ほどある。

③ついに保護者からも募集。教員不足
・代替え教員や講師不足です。それをカバーするために現場の人数で多くの仕事をこなすと大変になることは当たり前。最近では、大学生にもボランティアを募集しています。学徒動員と呼んでいます。

④指導の難しい子どもの登場
・発達の特性を持つ子、親子関係にトラブル(アタッチメントトラブルや子ども虐待)を抱えている子、事情がある子どもが増えてきているのに、その指導についての研究や教育実践が追いついていません。

⑤保護者との行き違い・すれちがい
・教師を目指す学生の不安第一位が、保護者対応です。「対応」という言葉を使っている時点でもうスタンスが違うと思います。「共同」と言い換えた方がいいです。
・勉強ができないことを保護者のせいにする教師も時々いますがそれは明らかに間違いです。実は、しつけにしても同様だと考えています。責める前にその事情に共感して一緒になって悩み解決していけるような教師でありたいです。(本来は家庭の取り組みであることは承知しています)
・子育て環境は自己責任化しています。そして日本の都心部では助け合い支え合いの弱い地域になってしまっています。多くの保護者は孤立し悩んでいることを知りましょう。親同士の共同体も本音が出せない微妙な関係になっているところもあります。子育て相談を公助する機関がもっとあってよいと思います。

⑥指導の自己責任化による追いつめられ
・指導の難しい子の急増、保護者との関係づくりが難しくなってきている中、教師一人ではどうにもならない状況です。いや、そもそも教育活動は共同作業だったはずです。同僚性が弱くなってきたことにも多忙化の原因があります。

⑦ハラスメントの発生
・学校現場にも見える成果が求められるようになりました。そうした中で(職員間に競争や成果の
差が見えてくるなかで)、職員間の関係に歪みが出てきました。パワハラやいじめが発生する現場も少なくありません。

⑧同じ方法で指導しなければならない統一主義
・掲示物の貼る場所から授業のルールや発問まで、学校によっては、傘立てに入れる時の傘の柄の向きやげたばこの靴のいれる位置(縁から5mm)、そして教師の服装まで統一している学校もあります。まわりに合わせる事が負担になり、多忙感が増しているということです。
・「ふぞろい」こそ平等。ちがった個性を認めることが大切。そしてそのための環境整備をすることが "権利を守る教育行政" 。同じ方法で同じように育てることばかり考えている今の日本の教育行政に「喝!」

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

授業は統一出来ない

最近「学校スタンダード」と称して、授業の流れや発問....、子どもの挙手の仕方から頷き方まで統一させようとする動きがあります。

しかしそれは無理なことであり、ありえないことなのです。

なぜなら、授業は子どもの反応も含めて「授業」だからです。

そしてその反応は生き物であり、想定を常に超えているはずだからです。

また、学級・子どもによってその反応が違うのは当たり前であり、違う反応を生み出す授業こそ考えさせる授業です。

それを統一しようとすると、その流れや形式にこだわってしまい目の前の子どもの声にかまっていられなくなるはずなのです。

授業は統一などできていないのです。

どのクラスも同じように指導しているなどというのは偽善です。

教師は子どもの声にしっかりと向き合っているはずです。

子どもの声を無視して同じことをしようとするほど、日本の教師は冷たくないということです。

何でもかんでも統一させようとすることは、そこについていけない子や、ついていこうとしない子をあぶりだし、排除することにつながります。

その自覚が必要であることを肝に銘じるべきです。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

無邪気

無邪気 む-じゃき
[名・形動]
1 素直で悪気がないこと。いつわりや作為がないこと。また、そのさま。「無邪気ないたずら」「質問に無邪気に答える」
2 あどけなくかわいらしいこと。また、そのさま。「赤ん坊の無邪気な笑顔」
3 思慮に欠けること。また、そのさま。
「両親や教師は―にもこの事実を忘れている」〈芥川・侏儒の言葉〉
[派生]むじゃきさ[名]



今の子どもたちは「無邪気」ではいられません。

大人の前ではマナー良く、努力家でいなければならないし、

友達の中では、キャラを設定し、強い力に気遣いしなければならないのが今の子どもたち....

こどもは無邪気でいてほしい。

こどもは、悪気なく失敗をしてほしい。


人類の進化は無邪気であったからだと思うのです。

空を飛びたいなどというのは、無邪気でなければ考えつきませんね。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

小学校高学年の実践課題(3)

※メモ的投稿

3.教室の中にシェルターをそしてやがて立ち上がる

"「不安と投げやり」「不信と傷つき」の荒野" にいる高学年の子どもたちの実践課題4。

①教師との安心できる関係づくり
【具体的実践例】
ロビー活動での対話
個人ノートの活用
 
②同じ生きづらさを抱えている仲間づくり
【具体的実践例】
ボランティア活動の呼びかけ
時には学級を超えたサークル活動の支援

③社会に課題・問題をみつける目と学びの指導
【具体的実践例】
点数で競う「学力」に対峙する『学び』
情報に批判的に関わることも
 
④学校社会を変える問題提起ができることの指導
【具体的実践例】
児童会の再生と利用の指導
一人の声をみんなの声に広げるイメージで

まずは子どもたちを守り、安心できる関係をつくることが大切である。

子どもたちはその中で癒されて学び、仲間をつくりながら生活に働きかけていくのである。

高学年の教室は、ケアーと自治、学びに向けて学級集団づくりを進めていく必要があるのです。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

小学校高学年の実践課題(2)

2.「高度?」なコミュニケーション世界からあぶり出される子どもたち

通級指導とは、子どもの自立を目指し、障害による困難を改善・克服するため、一人一人の状況に応じた指導を行うことを言います。

この通級指導を利用している子や、特別支援学級に在籍する子が急増しています。

通級指導を利用する子は2017年調査でついに10万9千人にも及びその後も増え続けています。

このことをどうとらえれば良いのでしょうか❓

文科省は認知が広まったことと、個別な対応や特別な支援に理解が広がったと前向きに評価していますが果たしてそれだけでしょうか。

私は、通級に通う子どもが急増の背景には2000年前後からの「一斉・一律・競争」の教育の中で、それに適応できない子どもたちが「あぶり出された」疑いをどうしても持たざるを得ないのです。

・学校生活の細かな所作や生活態度を統一徹底されたり....。
・教師は教育成果を見える形で出すように求められたり....。
・その中で「あぶり出される」子どもたちが急増したのではないかと....

一方で、子どもたち同士の中にも、私が「嘘芝居コミュニケーション」と呼んでいる "高度なコミュニケーションスキル" が求められるようになり、それについていけない子どもが、排除され、撤退しているのではないかと見ています。

嘘芝居コミュニケーションとは、

・関係を保つために、互いに本音でないことを了解しつつ付き合い
・強い意見に同調し
・時にはおちゃらけ、
・意図的に誰かをいじり、
・時には自分がいじられるように仕向け、
・そのために必要以上に悪ふざけができる自分を演出したりするコミュニケーションです。

そんなコミュニケーション世界についていけない子、必要としない子があぶり出されているような気がしてならないのです。

3.教室の中にシェルターをそしてやがて立ち上がる

つづく

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

小学校高学年の実践課題(1)

1.高学年は「競争」の最後の戦場なのかもしれない....

今の子どもたちは幼児期から競争がスタート。スイミングやサッカー等のスポーツはもちろん、ピアノやバイオリン、そして学習関連の習い事。それらが2~3歳からスタートできるように準備されている。しかし、実際には早くからスタートできる家庭とそうでない家庭があることも事実でありその格差は広がっているのも事実である。

いずれにしろこの競争は幻想であることは(ゴールが必ずしも幸せに結びつかないことは)保護者はなんとなく気づいている。それでも子どもたちの「勝利」を信じて(願って)子どもたちをスタートラインにつけるのである。

子どもを幼児期から競争のスタートラインにつける保護者の思いはもちろん一つは子の幸せを願う愛情。

もう一つは「競争に勝利できるか逆に敗者になるかは『自己責任』である」といった「新自由主義」の考え方のあおりがある。この「あおりと脅し教育政策」に追い立てられるかのように参加し、生きづらさを抱え込んでいるのが今の日本の子育て・教育であると言える。

さて、幼児期から、子育てに成果を出すことを自己責任と評価され、経済的にも可能な限り子育て競争につぎ込んできた競争も、小学校高学年で、ある程度結果が見えてくる。スポーツの習い事を続けてきた子も、自分の実力が目に見える形で突きつけられ、どんなに努力しても自分は上にはいけないこと、勝てない仲間がいる事に気づくことになる。その中で自分を見失い、荒れることもあるのである。

学力も同様で、自分の「学力」を仲間と比較してみることになり、自分の「学力」のレベルはこの程度....と自分を評価しつつ一方で大きな不安とあきらめ、中には投げやりな態度をとる子も出てくる。これは、高校進学という具体的なゴールが見えてくる中学校2年生あたりまで続く。

中学校2年生で「第一次競争」は一段落する。子どもたちは競争の結果がどうであれ、ほっと一息つくのである。そういった意味で、小学校高学年の時期が「最後の戦場」であり、子どもたちが一番不安におののく時期であると言えるのかもしれない。

私たちは、子どもたちの幻想レースの真実を知り、その不安と苦悩に並走することが求められている。それは答えを出す対応ではなく、一緒になって頭を抱えられる関係ではないだろうか。


2.「高度?」なコミュニケーションからあぶり出される子どもたち

つづく

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

心を通わせるノートを

一斉に、一律に、きちんとやらせようとする教師と、安心と、信頼のできる仲間を求める子どもたちとの関係はどうしてもすれ違いがちです。そこで、子どもたちと真に出会えるため取り組んできたのが、一人ひとりとの日記でのやりとりでした。

いや日記というよりも教師と子どもたちのコミュニケーションノートという性格をもったノートです。そこでは教室では見せない子どもたちの顔が見えてくる。

子どもたちとのノートを読む事で子どもたちのこと(事情)をさらに知る事ができました。ノートの中で、教室では見せてくれない顔を子どもたちは見せてくれることもあるのです。

そして子どもたちは、書くことで文章力がつくことはもちろん、自分をもう一人の自分で見ることができるようになります。そしてそのことは自立へと導いてくれます。

しかし、学校現場の異常な多忙化の中で、これらの取り組みを敬遠したいのが現実です。でも、正解・不正解を付けるノートは見ることも大切ですが、教師と子どもが心を通わせるノートがあっても良いのではないでしょうか。

いやこれらの指導は戦前から我々の先輩達が綴り方指導として取り組んできたものであり、そういった指導が忙しさを理由に無理だとかそれどころではないと言われる時代になったことが問題であると考えるべきだと思います。

(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

倒れ込むようにGW

毎年この時期、日本の教師は倒れ込むようにゴールデンウィークに突入する。

それはまだまだゴールは遠いのにあたかもゴールにたどり着いたような倒れ込み方だ。

この時期の疲れは指導の疲れではない。子どもたちはまだまだ言う事をきいてくれるからだ。

この時期の疲れは実務的な疲れだ。

学年始めの書類準備はハンパな量ではない。

また職員室での新しい人間関係構築の気疲れがある。

ましてや今年はコロナ禍。

子どもたちの感染防止にも気を遣わなければならない。

とりあえずはゆっくり休んで、

谷間の登校日も子どもたちと一緒にゆる〜く過ごして、

心も身体もゆっくり休めましょう。


(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

----------
教育論・教育問題(ブログ村人気ランキング)はこちら(^-^☆

教育問題・教育論(人気ブログランキング)はこちら(^-^☆

2つのバナーを1日1回ポチッとヨロシク!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

ブログ内検索

1日1回ポチッとよろしく(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

にほんブログ村 教育ブログへ 

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

雑誌『生活指導』(高文研)編集長/全国生活指導研究協議会常任委員/最新著書『教師と子どものための働き方改革』(学事出版)/小学校で37年間学級担任として勤務/現在某私立大学文学部教育学科特任教授/iPhone12 Pro/Surface Laptop3/黒猫大好き/手相は両手とも「ますかけ」。

さらに詳しいProfile……

にほんブログ村
人気ブログランキング

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
e-mail-send_icon_1150-80.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki
しおちゃんマン YouTubeチャンネル

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター