FC2ブログ

ごんぎつね(鈴木三重吉おそるべし)

6年生を送る会での4年生の演技「ごんぎつね」に感動しました。
IMG_0933.jpg

IMG_0934.jpg

ごんがうたれて死んでしまう場面では涙が出そうになったほど上手でした。子どもたちの演技力と合唱の力はすごかったです。
IMG_0941.jpg

さて、この「ごんぎつね」は4年生の教科書に出てきます。最近4年生を担任していないので、今時の子どもたちの反応はどうなのかよくわからないのですが、大人でも論議になる箇所がたくさん出てきます。それだけすぐれた作品だということ。

たとえば、
「おれがくりや松たけを持っていってやるのに、そのおれにはお礼を言わないで、神様にお礼を言うんじゃあ、おれは引き合わないなあ。」
というごんのせりふ。この時、ごんはどんな表情で言ったのか?という問題。以前4年生を担任した時、子どもたちの多くが、ごんは悔しい顔をしているという中、"ごんは絶対に笑っている!"と言って引き下がらなかった子がいたことを思い出しました。これはおもしろい話し合いでした。

そしてあのラストシーン。

「ごん、おまい(おまえ)だったのか、いつも、くりをくれたのは。」
ごんは、ぐったりと目をつぶったまま、うなずきました。
 兵十は、ひなわじゅうをばたりと取り落としました。青いけむりが、まだつつ口から細く出ていました。


しかし、新美南吉のこの作品は、鈴木三重吉により添削されていることはあまりにも有名。原文は下記のとおりだったとか。

「権、お前だったのか・・・。いつも栗をくれたのは・・・・。」
権狐はぐったりなったまま、うれしくなりました。
兵十は、火縄銃をばったり落しました。
まだ青い煙が、銃口から細く出ていました。


「うなずきました」と「うれしくなりました」ではあまりにも読後感が違います。そしてこの物語の悲しい印象は、「うなずきました」から伝わってきます。鈴木三重吉おそるべし……です。

logo_3.gif

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター