FC2ブログ

子どもとおとなの関係

教育・子育ての現場において、子どもとおとなの関係はどのようになってしまっているのでしょうか。

一つ目は、対教師との関係です。子どもたちの側から見た教師は、自分を学力競争に追い込みながら、一方でそれを自己責任として放置し、切り捨てるおとなとして存在していないでしょうか。また、拘束の多い学校生活において、子どもを管理しなければならない責任と、逆に子どもの側に立ちたいという思いとの間で揺れ動く教師に対して、一番長い時間に接するおとなとしてすでにあいそをつかしているのではないでしょうか。

二つ目は保護者と子どもの関係です。経済的・時間的にゆとりのない家庭生活において、乳・幼児期以来、親の十分な保護に恵まれず、親や他者に基本的信頼感を持てないでいて、学校生活においてもあらゆる場面で他者とトラブルを起こしたりパニックを起こしたりする子が増えていないでしょうか。

三つ目は、地域とのおとなとの関係です。地域のつながり・共同がなくなったと言われてすでに久しく、今では、自分を監視するおとなとしての存在、子育ての「でき」を評価する存在として地域のおとなが存在していないでしょうか。

以上のような子どもたちとおとなの「不信」や「追い込まれ」の関係を、教育に関わる立場でどのようにとらえ、実践していくのかが問われているのだと思います。重い重い課題です。

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター