FC2ブログ

教育を子どもたちの手に取り戻す

安倍内閣のスローガンの一つは「教育を取り戻す」です。

しかし…、別に民主党が自民党がつくりあげた「教育」を奪ったわけではありません。何もしなかったのです…、むしろ、小泉・安倍内閣時代につくりあげた "自己責任・自己負担" で、"学校間競争の活性化" という路線を継承し、強化したのではないでしょうか。

そのせいで、学校間格差、学力格差はどんどん広がり、教師の負担はさらに増しました。子どもたちの中にいじめが広がり、教師の精神的疾患の多さはあいかわらずです。

ちなみに、民主党の公約だった教員免許更新制度廃止については、その見直しさえしませんでした。

新しい安倍内閣は、この路線の上に、さらに、国家主義的な教育を、内容的にも制度的にも強化することを考えていると思います。

国のために滅私奉公する子ども…、時には命さえ投げ出せる子どもたち…、そんな子どもたちを育てることを目指しながら、一方で、6.3.3.4制を見直し、飛び級・留年を制度的にも認め、ひと握りのエリートとその他の子どもたちを、進路制度的にも早くから振り分けていく……。

そして、そういった教育の方向に反対する組合、またはその応援団的な教師を徹底的に排除していく。

まっ、どこに書いてあったわけでもないし、自民党の人たちがそう言っていたわけではないのですが、安倍さんの言う「教育を取り戻す」って、そういうことなんだろうなあ…、と推理できるわけです。

さて、そういった路線に対置し、逆に、"教育を子どもたちの手に取り戻す" ためにはどうしたらよいのでしょうか?

実は、それは可能なのです。具体的にどう考え、どうすればよいのかは、恒例のお正月のメッセージで書いてみたいと思っています。

ブログ内検索

1日1回ポチッとヨロシク!

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

37年間千葉県の小学校で学級担任として勤務。退職後2つの大学で非常勤講師。生活指導・進路生徒指導、特別活動、発達障害と学級づくり等の講義を担当。2月、3月には小学校現場にも臨時講師として勤務。全国生活指導研究協議会常任委員。著書『教師と子どものための働き方改革』『学校珍百景』 他。黒猫大好き。

さらに詳しいProfile……

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
mail2020_100.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター