FC2ブログ

リクエストは星の話

クラスの子どもたち(6年生)が好きな、岡田淳さんの本をまた1冊読み聞かせを終えました。『リクエストは星の話』です。

ちょっと風変わりで、ちょっとさびしくて、読み聞かせにはどうかな?と思ったのですが、最後まで読み切ることができました。

その中で旅をしているドーフィーという鳥が出てきます。その鳥が、人間には三種類あることを知ったといいます。「ドーフィーを無視するやつ。ドーフィーをつかまえようとするやつ。ドーフィーと話ができるやつ」。

本の解説の斉藤次郎さんが書いているように、ドーフィーが子どもたちの代表であるとしたら、子どもたちも大人のことを一目でどんな人間か見抜くのだということです。

大人に対してはもちろん、教師についてもそうですね。その教師がどんな教師なのかすぐに見抜く。そしてそれに合わせようとする子、合わせようとしてもできない子、そもそも合わせようなどとは考えない子…。子どもは教師に受け入れられようと必死になる時期があるのではないでしょうか。さて、これでいいのか?

私は、教師もまた子どもたちに受け入れられるためにはどうしたらいいのかにもっと心をくだくべきだと考えています。それは、どっかの成人式の首長さんみたいにAKBの歌を歌って若者に無理に合わせたり、迎合するということではありません。教師として子どもたちに受け入れられるということです。

子どもたちが教師を教師として受け入れる、教師とは?、受け入れるとは?、難しいですが、大切な問題です。

ブログ内検索

1日1回ポチッとよろしく(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

にほんブログ村 教育ブログへ 

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

雑誌『生活指導』(高文研)編集長/全国生活指導研究協議会常任委員/最新著書『教師と子どものための働き方改革』(学事出版)/小学校で37年間学級担任として勤務/現在某私立大学文学部教育学科特任教授/iPhone12 Pro/Surface Laptop3/黒猫大好き/手相は両手とも「ますかけ」。

さらに詳しいProfile……

にほんブログ村
人気ブログランキング

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
e-mail-send_icon_1150-80.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki
しおちゃんマン YouTubeチャンネル

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター