FC2ブログ

学校珍百景 「学校あるある」を問い直す

chin_390.jpg
↑↑表紙をクリックして学事出版のサイトから購入する。

▼下記のネット書店でも直接ご購入できます。







塩崎義明 編著
学事出版
四六判で定価は1600円(+消費税)

推薦・解説――――小野田正利(大阪大学大学院教授)

教育史研究の大家であった佐藤秀夫先生が『学校ことはじめ事典』(小学館)を著して、明治以来の学校にまつわる物と行為の歴史をわかりやすく紐解いてくれたのが1987年だった。この『学校珍百景』は、それに続く「いま現在の」動いている「学校のなぜ?」を、とりわけ小学校に焦点をあてて、ていねいに分析している好著だと思う。

〜中略〜

“2「朝の会・帰りの会」はいらない”は、なるほどと思う。確かに、その日に起きた子ども同士のトラブルを、「早く帰りたがっている」帰りの会の中だけで解決するには無理があるし、解決したことにしてしまおうという教師側の見栄えや満足感が先に立つ。『珍百景』といえば、テレビ朝日系列の人気番組「ナニコレ珍百景」が思いつくが、この項目を含めて「所さんの目がテン!」(日本テレビ系列)的な面白さがある。

“5 席替えはいらない?”では「生活する意味での座席」と「授業を受ける権利としての座席」の両面から考える必要があると訴え、多様な席次や席の隊形を工夫してみる必要があるという。

“27 お昼の放送で流せる曲と流せない曲”では、どこまでがセーフで、どこからアウトなのかを、子どもたちと一緒に試すことが提案される。これらはさしずめ「ためしてガッテン」(NHK)だ。

〜中略〜

学校の不思議や問題点を指摘する本はこれまでもいくつか出されているが、本書の最大の特長は「単なる批判」ではなく「こうしたらよいのではないか」ということが具体的に示されていることにある。魅力的な学び舎としての学校とするために「珍百景」を解き、「新百景」から「真百景」を説こうとする“しおちゃんまん”先生たちの姿勢にエールを送りたい。

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター