FC2ブログ

書評:ゼロから学べる学級経営_3

タイトル:クラスのためでなく「仲間」のために

おそらく著者は、「クラスのため」と「仲間のため」を同じレベルで語っているのではないでしょうか?しかし教育基本法が改悪された今、この二つは明確に分けて考えなければなりません。もっと言えば、「仲間」と「友達」も区別して使ってほしい。

P47で著者は、"「自分のクラスのために何ができるか」を考えさせていくこと" が大切だと言います。この考え方は、ある意味とても危ない考え方だと考えました。

理由は、「クラスのために〜」というように「クラス」といった組織・団体のめに個が動くことを目標にすることは、時には個人の自由を保障せず、反対意見も含めた意見表明権までも奪うことにつながるからです。ここは、「クラスのために〜」ではなく、「仲間のために〜」としてみたらどうでしょうか。

ところが次の行で著者は、「クラスのため、仲間のために自分ができることを考え、〜」と書いているのです。これはおそらく、「クラス」と「仲間」とを同等に使っているのだと思います。

しかしこの二つは、実は対立します。クラスのために個の考えを押さえなければならない場面が当然出てくるのです。逆に、個を優先して "クラスのため" を押さえなければならないこともあります。

一方で、子どもたちにはその矛盾と葛藤を体験してほしいというのが私の考え。そのためにも、「クラス」と「仲間」は明確にわけてとらえるべきです。

ちなみに、「仲間」と「友達」もわけて考えていますか。苦手な子でも一致できる目標で連帯できるのが仲間。親密な関係なのが友達です。

(つづく)

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター