FC2ブログ

排除の不安を利用した管理・コントロール

日本には「そろっている(同じである)と美しい」という文化があるようです。学校生活も同様です。しかしここで気をつけなければならないのは、 "そろえる文化" は排除の不安を生み出すということ。

みんなと同じでなければ "置いてきぼり" にされるのではないか。 "村八分" にされるのではないか、 "居場所がなくなるのではないか" という不安が子どもたちや保護者のみなさんに最近特に強くなっています。

子どもたちや保護者のみなさんにこうした傾向が強くなったのは、学校制度がその不安を利用して管理・コントロールしていこうとしているからだと思います

一方、学校や職員も、実は "そろえる管理" に、間違えた方向で向かっているようです。下駄箱の靴の向きをそろえるのは、とりやすいからであって、全員の向きをそろえるのが目的ではないはず。

挨拶をするのは、コミュニケーションのスタートとしてとらえるべきであって、全員ができる・できない、する・しないで評価して良いのか?という問題も同様。見栄えや行動を「一糸乱れぬ」という目的で管理・コントロールしてはいけない……。

最近では、傘の柄の向きまで一糸乱れずにそろえる学校も出てきました。目的がよくわかりません。職員の日常的なユニフォームをそろえる学校まで出てきた。目的はなんなのでしょうか?

「くつがそろっていると気持ちがいい」「まっすぐに机が並んでいると気分がいい」「そろっている歌声は誰が聴いても心地よい」「クラスの心がそろうとみんなが幸せな気持ちになる」…、気持ちがよかったり心地よかったり、幸せな気分になっているのはいったいだれだ?ということです。

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター