FC2ブログ

「生きづらさ」が出会うとき

今教師でいることが苦しいのは(生きづらいのは)、目の前の子どものことは「扨置き」(さておき)、周りと足並みを揃えるふりをしつつ、かつ競争的に上からの指示に対応しなければならないからです。

こうした教師の「生きづらさ」は、実は子どもたちにも不安と息苦しさを与えていることを自覚しなければなりません。つまり、教師の生きづらさは子どもの生きづらさでもあるということ。

たとえば、話の聞き方・頷き方まで統一させなければならない今の学校の生きづらさは、教師の生きづらさでもあり、子どもの生きづらさでもあるということです。

しかし実はここに、子どもとの関係をむすぶヒントが隠されています。つまり、教師自身の生きづらさと向き合うことが子どもの生きるストーリーに参加することである、ということです。

そこでまず、自分の「生きづらさ」の正体と背景に向き合い、意見表明していくことから始めてみませんか?その準備や過程で必ず子どもたちの生きづらさとも出会うことができるはずです。

そのことが子ども理解を生み出し、子どもたちと一緒になって学びをつくりだし、活動し、仲間を広げていくことができるのだと、最近考えています。

【最新本】

chin2_150.jpg

amazon.co.jpで購入
amazon

ブログ内検索

1日1回ポチッとよろしく(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

にほんブログ村 教育ブログへ 

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

37年間千葉県の小学校で学級担任として勤務。退職後2つの大学で非常勤講師。生活指導・進路生徒指導、特別活動、発達障害と学級づくり等の講義を担当。2月、3月には小学校現場にも臨時講師として勤務。全国生活指導研究協議会常任委員。著書『教師と子どものための働き方改革』『学校珍百景』 他。黒猫大好き。

さらに詳しいProfile……

にほんブログ村
人気ブログランキング

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
e-mail-send_icon_1150-80.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki
しおちゃんマン YouTubeチャンネル

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター