FC2ブログ

【ミニ連載】教師の読書術 なぜ読むのか

さて、いよいよ最後の章です。

考えてみると、教師に限らず読書は大切なわけで……、ゆえにここでは、教師にとって読書がなぜ必要なのか…、私の個人的な考えを書いてみたいと思います。

まず、教師の仕事について、思いつくままに書いてみます。


(1) 教師は、多様な生き方を支援し、その人生を励ます。同時に、子どもたち自身も、他者の多様な生き方を尊重するべきであることを教える。

(2) 教師は、子どもたちに、様々な夢をプレゼンする。そのための知識と情報を持っている。

(3) 教師は、子どもたちに、多様な社会の見方、そしてその社会を見るための「学び方」を教える。

(5) 教師は、自分が意識していなくても、自分自身の生き方を、子どもたちに示すことになる。

エトセトラ……


このように書きだしていくと、教師に必要なものは、多様な物の見方と幅広い知識、それでいて芯のある思想性と、夢を与える生き方が必要だということがあらためてわかってきます。

そしてそのためには、読書が不可欠だと考えているわけです。

読書をすれば、そのような教師になれる、というわけでは、もちろんありませんが、読書をしていかないと、そのような生き方にはつながっていかないことだけは確かなようです。

しかししかし…、読書は本来楽しいことのはず。

もっと気楽に本に向き合っていくことも大切なのかもしれません。


(ミニ連載「教師の読書術」おわり)

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター