FC2ブログ

【ミニ連載】学校の在り方を決定的に変えたのはいつから?(終)

学校の在り方が変わり始めたのが1977年学習指導要領。

その時に提起されたゆとり教育は、その後、学力低下問題や、その他多くの教育問題の原因だと決めつけられ、2010年の学習指導要領で脱ゆとり教育が提起されました。

教師の教育サービスはそのままに、さらに学力を上げることが提起され、教師の多忙化は二重三重に異常化されました。

その異常な多忙化を決定的にしたのが、2008年の教育基本法改訂でした。

学校の在り方が変わり始めたのが1977年学習指導要領だとしたに、決定的に変えたのは教育基本法改訂だと言えます。

この改定で、国をつくる人づくりではなく、国に貢献する人づくりが前面に出されました。

学校現場では、子どものことは扨置き(さておき)、とりあえず上からの指示に対応しなければならなくなりました。

教育は、全国一斉に、一律に、しかも競争的に取り組まれます。

教師は個々に評価され、上からの指示通りに動か(け)ない教師は「ダメ教師」として評価され、職員室の雰囲気もどんどん悪化していきました。

この時期に話題になった「第三次学級崩壊」の時代は、教師個々の力量の問題だと評価されることが特徴でもあります。

そして…、この異常な多忙化の上に、さらに英語教育、特別の教科道徳の問題、プログラミング等々、あらたな教育要求が提起されています、

また、担任だけでは指導しきれない課題を抱えている子が増えているにもかかわらず、教師を増やすどころか、欠員状態が全国に広がっています。

そして、こうした問題は、戦後繰り返されてきたように、教師の質の問題だと決めつけられ、学校の複線化を契機に、教員免許法の大改正を考えているというのが私の予想です。

大きな改正をする前に、教育関連の不祥事を繰り返し報道するのが常。

文科省の天下り問題や、児童ポルノの事件、担任不信を原因とした中学生の自死の事件……。

この先、何が報道され、教育がどのように向かうのかが不安です。

さて、こうした大きな流れの中に、私たち現場はどのように向き合うべきなのでしょうか。

一つは、現場の中に当事者性、同僚性を取り戻すことです。

二つ目が、教育内容・方法の自由を取り戻すことです。子どもたちを目の前にした現場発の実践を数多く提起していくことです。

そして三つ目が、地域に目を向けて、保護者との連携を強めることです。

この三つのことについては、また機会がありましたら、ミニ連載で書いてみます。

(学校の在り方を決定的に変えたのはいつから? おわり)

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター