FC2ブログ

「追試」という言い方

そもそも「追試」とは、他人が行った実験を、あとから同様に試みることの意味です。それが学校現場では、『授業のねらいや流れをそのまま同じようにやってみること』として当たり前に使われるようになってしまいました。しかし当初は、あくまでも、実験的・研究的な意味において「追試」だったはずです。

つまり…、だれかが授業の展開について問題提起→それを研究的に追試してさらにその授業について研究を深める、といった意味だったと思うのです。

それが今では、「便利な授業例」として公開されているものを真似をしてみる、といった意味に変わってしまっていることが残念です。「学ぶ」は「真似る」からきているという意味で、真似をしてみることも "有り" だとは思いますが、それを「追試」と言ってはいけない。

ここで問題なのは、上から授業例を降ろしてきて、『追試せよ』と指示してくること。しかも、それをやったかどうか点検してくる教育委員会まである。

まずこれは、追試でも何でもありません。さらに、私が見た限り、そういった授業例?は、ほとんど面白くないし学びになっていないものばかりであること。そもそも学びというのは、子どもの実態や要求に対して、学習素材をどうぶつけていくのかに醍醐味やおもしろさがあるわけです。子どもの実態を無視して、上からの都合でつくった授業?など、意味がないのでは?意味があるとしたら、説明責任としての意味だけです。

ブログ内検索

1日1回ポチッとよろしく(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

にほんブログ村 教育ブログへ 

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

37年間千葉県の小学校で学級担任として勤務。退職後2つの大学で非常勤講師として、生活・生徒指導、特別活動、発達障害 等の講義を担当。全国生活指導研究協議会常任委員。雑誌『生活指導』(高文研)編集長。著書『教師と子どものための働き方改革』『学校珍百景』 他。黒猫大好き。

さらに詳しいProfile……

にほんブログ村
人気ブログランキング

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
e-mail-send_icon_1150-80.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki
しおちゃんマン YouTubeチャンネル

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター