FC2ブログ

国連・子どもの権利委員会からの勧告

国連・子どもの権利委員会から、日本の教育システムに対して非常に厳しい懸念が示されたことがあります。

日本の教育システムがあまりに競争的なため、子どもたちから、遊ぶ時間や、か らだを動かす時間や、ゆっくり休む時間を奪い、子どもたちが強いストレスを感じていること、それが子どもたちに発達上のゆがみを与え、子どものからだや精神の健康に悪影響 を与えていることが指摘され、適切な処置をとるよう勧告されています(二二項、四三 項)。

これは、権利条約の一般原則や規定のうち、特に「子どもの最善の利益」(第三条)、 「生存と発達の権利」(第六条)、「子どもの意見の尊重と参加する権利」(第一二 条)、「教育の目的」(第二九条)、「休息、余暇および遊びへの権利」(第三一条)に 関わるとされています。

子どもの権利条約第二九条一項では「教育の目的」として、

(a)子どもの人格、才能ならびに精神的および身体的能力を最大限可能なまで発達させること。

(b)人権および基本的自由の尊重ならびに国際連合憲章に定める諸原則の尊重を発展させること。

(c)子どもの親、子ども自身の文化的アイデンティティ、言語および価値の尊重、子ど もが居住している国および子どもの出身国の国民的価値の尊重、ならびに自己の文明と異 なる文明の尊重を発展させること。

(d)すべての諸人民間、民族的、国民的および宗教的集団ならびに先住民間の理解、平和、寛容、性の平等および友好の精神の下で、子どもが自由な社会において責任ある生活を送れるようにすること。

(e)自然環境の尊重を発展させること。 (以上、国際教育法研究会訳)

とありますが、日本の教育制度は、この目的を満たしていない、と言われたわけです。審議の中では、競争の激しさとともに、カリキュラムや校則に柔軟性がないことが指摘され ています。

子どもたちが学校の運営にかかわっていないこと、学校で子どもの意見が尊重 されていないことは、ここにも関連してきます。

自殺をする子どもが多いことも、教育システムの生み出すストレスと関係があるのでは ないか、と、審議の中で指摘されており、防止のための措置をとるように勧告されていま す(二一項、四二項)。

また、学校において、暴力がはびこっていること、とくに、体罰といじめがあることに ついて懸念が示され、体罰といじめをなくすために、包括的な対策をとるように勧告され ました(二四項、四五項)。

こうしたストレスの多い教育環境の影響で、いわゆる「登校拒否」の子どもが多いということにも、懸念が示され、適切な対応をとるように勧告されました(二二項、四三 項)。

ただ、ここで注意したいのは、審議の内容などから判断すると、適切な対応という のは、登校を強制したり、施設にいれたりするというような、子どもを学校に適応させる ための対応ではなく、学校や教育システム自体を子どものニーズに合うように変えていく ことであると考えられる点です。


参考
月刊情報誌『スティグマ』2000年10月号からそのまま引用

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター