FC2ブログ

ブラック校則の背景

【学校づくりエッセイ・論文編】

今、ブラック校則があらためて注目されるようになったのはなぜかを考える、というお話。理不尽なブラックな校則は以前からずっと存在していたはず。それがなぜ今話題に?ということ。それを考えることで、今の教師の苦悩の正体も見ていきたい。

「ブラック校則問題」は、1)校則そのものの理不尽さ(体操着の内側に下着着用禁止等)の問題、2)日本の指導文化が生み出す理不尽な伝統の問題(部活動の上下関係等)、3)それを守らせるための教師の理不尽な指導の問題(指導対象の生徒に授業を受けさせない等)がある。

1)や2)は今までも存在していたので、ブラック校則がいまあらためて話題なり始めた理由を考えるのに、3)に注目する必要がある。教師の理不尽な指導が目立つようになったのは、「第3期教育振興基本計画」(答申)<2018/3/8>に表れているように、教育を国の投資的事業として数値を伴う成果をがいっそう求めるようになったことと無関係ではない。

教師は、理不尽な校則の意味を考えるのではなく、守らせることのみに力を注ぐようになった。それが数値化され評価されるからである。指導はPDCAサイクル化され、指導方法も統一化したマニュアル化を求めるようになった。(学校スタンダード)

教育は数値を伴う成果を求めてはならない。そこからは利権とパワハラの不祥事が発生することは、最近のスポーツ界の問題でも明らか。教育では、暴力と不信感を生み出し、さらに問題なのは、子ども同士の関係を崩すということである。その件については、後日。


「学校現場のハラスメント」事例報告フォーム


ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター