FC2ブログ

教師には子どもとの対話と「学び」が大切です

良かれと思って指導したことが実は子どもを傷つけていたり、権利を奪っていたりすることが私にもありました。それを乗り越えるためには教師自身の「学び」しかないのです。

「気になる子」が目につくのは「気になる子」が悪いのではなく「気にしている教師の目」を再検討しなければなりません。

席を立ち歩いてしまう一年生には逆に、そもそも一年生の年齢の子が45分間椅子にきちんと椅子に座っていることについて再検討してみましょう。すると、立ち歩いていることが気にならずに、座っている子の方が奇妙だと思い始めます。このように指導は多角的に見ていかなければなりません。

すぐに暴力をふるってしまう子は自分自身が過去の学級や保護者によって暴力を受けた経験があるという背景があります。教師自身の学びの第一は子どもの事情や生活背景を知ることです。その為には子どもと対話しなければなりません。聞き取りではありません。対話です。

対話と同時に必要なのは科学的な学びです。子ども一人ひとりが前を向いて笑顔で生活し、課題を乗り越えて生きていくためにはどういった指導が必要なのかの教師自身の「学び」です。

子どもたちの命や権利を守るためにも、教師の対話と学びが保障できない今の日本の現場の異常な忙しさについては、もっと強く批判されなければならないのです。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター