FC2ブログ

「担任をかえてほしい」という批判から考えたこと

「担任をかえてほしい」と子どもに相談されて困っていると、担任補助(講師)の方から相談される件が2件ありました。それぞれ県外の別々な市町村の学校の講師の方からです。今は全国的に子どもたちと担任の関係の矛盾が吹き出す時期なのかもしれません。

まずは、子どもたちがそういった相談をしてくれる関係をつくれていることに敬意を表したいです。担任に言えないこと、親にも相談できないことの受け皿があることは子どもたちにとって良いことだと思いました。

さて、担任交代の件ですが、理由は、話を聞いてくれない、すぐに怒鳴る、話が長い、自分の失敗をごまかす・謝らない、授業がつまらない、きまりを押し付けてくる、他の先生の前だけニコニコしている……、不思議なことにこういったことを言い出すのは、高学年の女子からが多いです。

女子は男子に比べて、小さい頃から学校では良い子でいることを期待されて生活してました。その分、担任に対する期待度、依存度が強いのかもしれません。高学年になると、そんな自分を崩そうとすることと、期待に応えてきたことそのものに疑問が出てくる時期なのだと思います。

また女子は、小さな私的グループの中でコミュニケーションが進んでいることもあります。批判がそこでたっぷりと話し合われているということです。ゆえにそんな相談があったら、担任批判は子どもたちが自立し、自治するチャンスだと考えたほうがいいと思っています。

批判でなく、自立・自治の方向でアドバイスしてみたらどうでしょうか。異議申し立てができることを評価しつつ、担任に頼らない自分たちの学校生活をつくっていくためにはどうしたらいいのかを一緒になって話し合ってみればよいのではないでしょうか。

大切なことは、子どもたちの異議申し立てを大問題、そしてやっかいなこととしてとらえないことです。そしてそのエネルギーを前向きに変えていくことだと思っています。ただ……、そもそもそういった発想ができる担任は批判されない、といった矛盾があることも事実です。

小学校は子どもは担任は選べません。たった一人の大人に一日中従わなければならないこと、従っていることを「不思議」なことだと考えてほしいです。

教育は共同作業です。一人の担任が指導する発想から、共同で指導することを意図的につくっていかないと「多様な価値観の時代」に日本の公教育は生き残れないでしょう。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター