FC2ブログ

「学校が楽しい」ことを大切にして学びを構築していこう!!

学力テストが生活環境のアンケートとセットで行われていることが以外と知られていません。

さて、ある学校であった本当の、ありがちなお話。その学校の「生活環境アンケート」で、「学校が楽しい」という項目が全国平均よりもかなり高かったそうです。しかし一方で、「授業はつまらない」という項目も全国平均よりも高かったとか。

ところがこの学校……、「学校は楽しい」といった結果は無視して、「授業がつまらない」という結果に敏感に反応。様々な研修を教師に課すことにしたそうです。

日本の学校は「学校は楽しい」と多くの児童が答えていることになぜ注目しないのでしょうか。どうして「授業はつまらない」の方にばかり目を向ける傾向にあるのでしょうか。

一つは、日本の文化風習が、盛り上がっている空気よりも静かに落ち着いている方に "気品のある高い価値" を見出す、ということがあります。それにより「楽しい」というイメージが、悪くはないが "はしたない" イメージを持つことがあるのでしょう。しかしそれよりも問題なのは……、

二つ目は、成果が数値に表れない(と考えられている)、「楽しさ」よりも、『学力』というすぐに数値に表れることにつながる "授業のあり方" について敏感になっている、ということです。この傾向はここ数年、特に顕著です。成果を数値化することが文科省の一つの方針になったからです。

三つ目は、「楽しさ」が生み出す信頼関係や子どもの自治、そして学びに対する "関心意欲" があいかわらず大切にされず、繰り返し学習、ドリル学習によって向上するといった狭義の学力観が未だに学校には主流であるということ。それは「教師に研修を課す」という発想も同じです。

日本の学校が、 "長い時間をかけて繰り返して覚える(考え方も含めて)" 、といった発想から抜け出さない限り、AI時代に生き残る国をつくっていく、権利ある自由な発想を持った人間を育てることはできないでしょう。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター