FC2ブログ

「学級崩壊」の原因は教師個人の指導の問題だけではない

「学級崩壊」は教師個人の責任や指導の問題だけではありません。

指導の問題があったとしても、それを発生させてしまった現場集団の問題として考えることが大切です。

『学級崩壊を立て直した』などと宣伝する "<カリスマ>教師" が時々いますが、そういったとらえ方がそもそもおかしい。昨年度その学級担任が苦しんでいた時に、その<カリスマ>教師が何をしていたのかが問われるはず。自慢・宣伝するのではなく、自らの共同のあり方、学校づくりのあり方をまず振り返り、大いに反省してほしいものです。

ちなみに、「学級崩壊」と「子どもたちの荒れ」とは別に考えるべきだと考えています。

「学級崩壊」はあくまでも教師と子どもたちとの関係性の崩壊です。子どもが荒れていても(荒れているように見えても)、「学級崩壊」になっていない学級もあるし、静かなクラスでも、内実が崩壊している場合もあるのです。

そして、子どもが荒れているように見えるのは、教師の目が管理に慣れてしまっている為です。子どもは言う通りに動くと思い込んでいるためです。

一見、荒れているように見える子どもたちとその教師が、どのような対話をして、どのような関係を作っているのかに注目するべきです。静かにしていれば良い、ということではないのです。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター