FC2ブログ

AI導入には賛成だがその利用方法については注意深く(続・「やらせなAI教育」)

AIをどのように教育現場に導入されるのかはまだ明らかではありませんが、個の学習課題を明確にし、個人で効率よく学習が進められるような方向で導入されるのではないか、と予想されます。学習の個別化とも言えます。

子どもは自分の弱い部分、遅れている部分についてAIから指示を受け、その課題克服のためのプログラムにそって個別にトレーニングする、という形です。そういったリズムは、すでにネットのサイトやタブレット利用教育で試行されています。

学習の個別化に対して批判的な研究者が多いのですが、私の場合、

1)教師と子どもたちとの関係の質の変化
2)情報操作による教育。

が気になり、それを克服するのが、

「学習の個別化ではない学習」
とそこから生まれる
「批判的学び」と「発見と研究の権利としての学び」


だと考えています。

教師と子どもたちとの関係性の変化については、教師の仕事が指導・支援から監視・監督の面がますます強くなるということ。そしてそれを少ない人数で効率良く進めようとしていることも問題。新たなブラックな働き方問題や、子どもたちとの関係崩壊の心配があります。

そして根本的な「恐さ」は、学習・教育の情報が国の一部の層によって操作され、それが子どもたちに伝えられていくことです。情報操作の教育が進められることに十分注意しなければなりません。

国の一部の層が準備した情報を基にしてそれができているか、その情報を効率的に使っているかを評価するAI教育は、準備されたレールにのっかって学習するのですから、AIはいわゆる「やらせ製造機」。こういった教育活動を、『やらせなAI教育』と名付けました。[塩崎造語2018/11/14]


教育にAIを導入することには賛成です。しかしその利用方法が問題であることと、

「やららせな教育」に対峙する『権利としての学びの教育』の構築こそが(AIを利用して)大切だと考えています。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

1日1回ポチッとヨロシク!

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

37年間千葉県の小学校で学級担任として勤務。退職後2つの大学で非常勤講師。生活指導・進路生徒指導、特別活動、発達障害と学級づくり等の講義を担当。2月、3月には小学校現場にも臨時講師として勤務。全国生活指導研究協議会常任委員。著書『教師と子どものための働き方改革』『学校珍百景』 他。黒猫大好き。

さらに詳しいProfile……

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
mail2020_100.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター