FC2ブログ

スタンダードモデルを捨てろ![再掲載:2014年12月8日]

2014年に、私は「スタンダードモデル」という言葉を使っていたことがわかりました。

当時はまだ、「学校スタンダード」という言葉は広がっていませんでした。

----↓ここから↓----
どうも日本の教師はスタンダードモデルを持っていないと不安になるようで……。

たとえば、家族のスタンダードモデルは、夫婦そろっていて、兄弟は2人〜3人……。

一方、このモデルにあてはまらない家族は、大変な家族、問題のある家族、かわいそうな家族、といった見方をします。母子家庭が、そういった目で見られる典型。

しかしいまや…、たとえば、母子家庭はあふれるほどあります。そしてたくましく子育てをしている家族もたくさんある。教師に、そんな目で見られる筋合いはありません。

教室も同様。掲示物がきれいで、掃除が行き届いている、担任は仕事が早く、子どもにも好かれているように(見え)、子どもは落ち着いている雰囲気。気持ちのよい挨拶ができ、歌声もきれい。そんなモデルをイメージしている人はいませんか?

私から言わせれば、そんな気持ちの悪い学級こそ問題だと…。

子どもは多様です。その多様な子どもが集まる集団はもっと多様な集団にならなければ自然ではありません。みんな同じにしようとするから無理が生じる。

スタンダードモデルを捨てましょう。多様性を認めるから、新たな共同のあり方が生まれる。

子どものリアルな事実からスタートしましょう。そしてそのためのスキルを学び合おうではありませんか。
----↑ここまで↑----

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター