FC2ブログ

教育のマニュアル重視の指導は子ども理解を遅らせた

教育のマニュアル化にを批判すると、学生は不思議そうな顔をする。その場に応じた言葉や動作をマニュアルとして子どもに教えることは大切なことではないのか?と。

子どもが知らない言葉や言い方、動作を教えることは確かに大切なことである。しかし教育でもっと大切にしたいのは、子どもとの応答関係である。言葉足らずの部分を「それはなぜ?」と問い返し、子どもがそれに応える。その関係を大切にするべきだと思うのである。そして教師はその応答関係の過程で子どもを理解する。出会い直しをすることもある。

マニュアルの指導は、そのマニュアルが、できたか・できなかったか、で評価するしかなくなる。できない子どもはダメ出しをされ、できない子として評価される。そんな教育が2000年前後から広がっている。

子どもが理解できない、なぜそんなことをするのかわからない、いじめの早期発見ができない、事件が起こってもなぜそんなことが起きたのかわからない、そんな現場の声は、子どもをできるできないで評価し、応答関係を軽視して、子ども理解を怠ってきた教育現場の責任だと思っている。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

1日1回ポチッとよろしく(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

にほんブログ村 教育ブログへ 

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

37年間千葉県の小学校で学級担任として勤務。退職後2つの大学で非常勤講師。生活指導・進路生徒指導、特別活動、発達障害と学級づくり等の講義を担当。2月、3月には小学校現場にも臨時講師として勤務。全国生活指導研究協議会常任委員。著書『教師と子どものための働き方改革』『学校珍百景』 他。黒猫大好き。

さらに詳しいProfile……

にほんブログ村
人気ブログランキング

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
e-mail-send_icon_1150-80.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki
しおちゃんマン YouTubeチャンネル

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター