FC2ブログ

子どもと横並びであることと権威を失うことはイコールではない

最近の職員室は、子どもが入りにくくなったことと、入るためには長い口上のマニュアルを覚えなければならないことを以前書いたことがある。

▼教育のマニュアル重視の指導は子ども理解を遅らせた
https://shiozaki.blog.fc2.com/blog-entry-4145.html

▼職員室
https://shiozaki.blog.fc2.com/blog-entry-3944.html

▼職員室の敷居が高くなった
https://shiozaki.blog.fc2.com/blog-entry-2736.html

それに対して、職員室と子どもたちはけじめをつけるべきである……、つまり入りにくいくらいが調度良いこと、そしてその場に必要な言葉を教えることも大切な教育であるといった考えの方が教師の中にも一般の人たちの中にも多数はであることも記しておこう。

しかし、職員室にけじめをつけ(教師と子どもたちとの距離を離し)、応答関係を軽視し、マニュアルを重視の教育方法を広げたことで「子ども理解」が弱くなり、いじめ、不登校をはじめとした様々な教育問題が起こってきたことも事実である。

いじめの事実確認を教師に依頼せずに探偵に依頼することが増えてきたことが報道されていたが、教師と子どもたちの距離が、教師の権威を守るために、いかに離されてきたかがわかる残念な事実である。つまり、教師は子どもたちのことを何も知らないと言われているのと同じであろう。

教師と子どもたちはもっと距離を縮めるべきである。横並びであることと、権威を失うことはイコールではない。教師は「子ども理解」を強め、子どもたちは自分たちの目線に降りて来てくれる教師にこそ心を開き、信頼を寄せてくれるのである。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター