FC2ブログ

意義を感じない仕事が多すぎる

教師の長時間労働に対して「好きで残って仕事をしている」といった意見があいかわらずある。

さらには「遅く残った同士で親密になって職員室の雰囲気も良くなる」といった、勘違いも甚だしい意見も大真面目に語られている。

さらには、「要領が悪いから遅くまでかかる」「できない教師が遅くまで仕事をしている」といった意見も広がっている。

どちらも、『子どものために必要だと思えない仕事がありすぎる』といった大前提に立てていない意見だ。

日本社会が、高度な専門化と分業化が進みすぎて、今自分がやっている仕事がどんなことにつながっているのか見えなくなっている。しかし教育の仕事はそれでは困る。自分がやったことが子どもにどのように反映されるのかが自覚される職業でなければならない 。

いま日本の教師が振り回されている仕事は、それが子どもにとってどのような意味があるのかがわからない仕事が多すぎる。

さらには、どう考えても子どもを良くする仕事だとは思えない仕事も多すぎる。

ゆえに、そんなことに振り回されることには、とてつもない多忙感を感じるのである。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター