FC2ブログ

ヨシタケシンスケ『おしっこちょっぴりもれたろう』を読む(ネタバレ注意)

今、注目している絵本。

ヨシタケシンスケさんの『おしっこちょっぴりもれたろう』(PHP研究所)

DSC_3200.jpg

●「仲間探しの旅」での出会いは自分とは違った悩みを抱えていた人たち

おしっこをしたあとに、いつもちょっぴりもれてしまう「ぼく」は、いつもおかあさんにおこられている。しかし自分では、ちょっぴりだし、ズボンをはいたらわからないのだからいいじゃないか、と考える。

そして、外から見たらわからないのだから、実は "もれたろう" は、ほかにもいるのではないかとも考えるのである。

ある日、通りすがりのおじさんに「もれたろうなんじゃないですか?」といきなり尋ねて叱られる。それでも、パンツを見せられないのは "もれたろう" にちがいないと考える。そして「みんなこっそりかくしているだけで、きっとこのせかいには、ぼくみたいなもれたろうがいっぱいいるにちがいない」と「もれたろうさがしの旅」に出かけるのである。

しかし出会ったのは、服のタグが気になっている女の子、くつしたがずれて気持ち悪がっている男の子、ほうれんそうが歯に挟まって困っている男の子。下着のそでがクチャクチャになることが気になっている女の子には、その気持ちはわかるわかると思いながらも、もれたろうではなかった。はなくそが出てこない男の子も、もれたろうではなかった。

そこで「ぼく」は、自分と同じ悩みを抱えている人は少ないかもしれないけれど、みんなそれぞれ、その人にしかわからないこまったことがあることに気がつくのである。


★今の子どもたちの「生きづらさ」は、個々の違った悩みを「ズボン」で見えないようにして、あたかも悩みが無いように一斉に一律に生きなければならないことであると言える。

そこで「ぼく」まず、「自分と同じ悩みを持った人」がいるのではないかと考える。同じ悩みにこそ「共感」できると考えたからである。

しかし、出会い・対話を重ねていくうちに、同じ悩みに共感するのではなく、悩んでいることそのものに共感し、連帯できることに気づくのである。

仲間探しは自分と同じ仲間を探すのではなく、自分とは違った仲間と出会う旅であるともいえるのである。

●悩み?の共有は世代や立場を超えて楽しいもの

「ぼく」は、自分と同じ悩みをもった「けっこうもれたろうくん」と親密な友達であった。しかし、けっこうもれたろうくんは、引っ越してしまい、もれたろうはさみしい思いをする。

親しい友達との別れ、あいかわらずのもれたろう状態に「ぼく」は落ち込む。

するとおじいちゃんが話しかけてくる。

もれたろうは、ぼくはいつまでもれたろうなんだろう、とおじいちゃんに悩みを打ち明ける。

するとおじいちゃんは、ちょっぴりだし、ズボンをはいたらわからないこと、そしてすぐにかわく、と励ましてくれる。

そして…、
実は、「ワシもちょっぴりもれたろうなんじゃ!」とカミングアウトしてくるのである。

その時の「ぼく」のうれしそうな顔と、洗濯物を持って「えっ!」という呆然とした顔で立ちすくむお母さんの顔が楽しい。

悩みはいくらでも抱えていてもいいこと、なぜならそれを語り合うことで、その悩みを(悩んでいることそのものにも)共有できる仲間と、世代を超えて手をつなげるからである。

裏表紙の絵は、「ぼく」とおじいちゃんがそれぞれのズボンの中をのぞいている絵であり、裏表紙の裏の絵は、「ぼく」とおじいちゃんが笑顔で手をつないで歩いている。この絵に、後半のメッセージが表現されていると考える。

collage-1549071466792.jpg

#おしっこちょっぴりもれたろう #ヨシタケシンスケ #絵本

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター