FC2ブログ

教師はもっとオリジナリティーを出さないと子どもたちや保護者と和解できない

 オリジナリティーを出すことは悪いことだとイメージする教員が増えてきているようだ。強い力、多数の力に合わせることが良いことで、それを効率よく進める教員が『できる教員』だと勘違いしているのではないかと疑いを持ってしまう。

 「学び」とは「マネビ」からきた言葉で、そもそも真似することから学びが始まると言われている。しかし、学びのマネビと、自分を捨てて合わせる(ふり)をすることとは全く違う。何よりも子どもたちはそういったことを一瞬にして見抜く。

 子どもたちが求めているのは、〇〇先生らしい先生であって、まわりと合わせることに一生懸命な先生ではない。たとえ教えることが未熟でも、その先生らしさで向き合ってくれれば、必ずそれに反応してくれるはずだ。

 日本の教員はもっと「自分らしさ」を武器にしてほしい。そのことが子どもたちや保護者と和解し、信頼感を取り戻す第一歩だ。


    

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター