FC2ブログ

日本人は都道府県対抗がお好き

今日は高校野球、春の選抜の決勝戦。

久しぶりに千葉県代表の習志野高校が残っている。

習志野高校は甲子園で何度も優勝していると思ったら、なんと春は優勝どころか、決勝戦に残るのも初めてらしい。

サイン盗み疑惑や、美爆音で話題になっているが、プレーをする選手、応援する生徒たちには全力で頑張ってほしい。もちろん応援してます。

ところで、日本人はどうしてこんなにも都道府県対抗が好きなのか、というお話。

そもそも都道府県と言うのは、明治政府が幕藩体制に変わって、領地を天皇にお返しする、という意味も含めて整備されていったものである。

どのような理由で、今の区分・境界になったのかはまだ調べていないが、境界はあくまでも、政府の意図。ゆえに、文化・風習が同じなのに、違う県に区分された地域も少なくない。

たとえば方言も、都道府県区分ではなく、〇〇地方の言葉、というふうになっているのはそのため。

さて、話を戻すと、スポーツを都道府県対抗にして高め合う、という発想は成立しているのか?という問題。つまり、都道府県対抗が成立するのか?ということ。

たとえば、高校スポーツの各学校の運営・環境整備は、教育委員会の管轄外で進められているのがほとんど。私立高校が強いのは、都道府県教育委員会の管轄外であるからだと言っても過言ではない。

ましてや、学力テストを都道府県対抗にして順位をつけるのは暴挙である。

文科省も認めているように「学力」というのは、子どもたちの生活と密接にリンクしていて、地域によってその差があることは明白であり、そもそもそんな学力を競争させること自体がおかしいからである。

さて、そんな矛盾が多い都道府県対抗。にもかかわらず、日本人が都道府県対抗が好きなのは、所属意識に働きかけられているからであろうか。

それに踊らされていることを知りつつも、ついつい高校野球やサッカー、その他の都道府県対抗スポーツを応援してしまう自分も嫌いではない。

頑張れ、習志野高校。


    

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター