FC2ブログ

人間教師しかできない子どもへの配慮

こんなことはAIにはできないだろう、というお話。

毎朝行う「健康観察」でいつも笑顔の耐えないA子さんが下を向いて時折涙を見せていたとします。さあ、どうしますか?という事案。

当然、どうしたのかを聞くと思うのですが(意図的に「事情を聞かない」こともある。ただ今回は「聞くとしたら」の事案)、最近は「聞かない」のではなくて「聞けない」教師が増えていないか?という心配もあることはあるのですが……。

「聞けない」ということは、そういった関係を築けていないということなのですが、今回は「事情を聞くとしたらどんなことに配慮して?」というお話です。

まず、事情を聞くのは、
いつどこでどのように?といったこと。
その場で(全体の前で)
後でそっと個別に?
本人に聞く前に仲の良い子に様子を聞いてから?
と、最初の一歩から多様な道があります。

その子の生活背景とその場の空気によって最初の一歩は違ってくるのですが、それぞれに配慮が必要。プライベートなことでは?と予想できたら絶対に全体の前で聞いてはいけないのです。

個別に聞く場合でもプライベートな件(友達関係も含む)に土足で入りこまないように十分注意が必要です。友達に様子を聞く場合もその子との関係を十分に配慮しなければなりません。

さらには、
言いたくなかったら言わなくてもいいこと。こちらも、緊急を要することでないと判断できたら、無理に事情を聞かないこと。これらの配慮も大事です。

最近の異常な忙しさのなかで、教師の側にこういった配慮が足りず、余計に傷つけてしまうケースも少なくありません。

しかし、こういった場面こそ、AIでは対応できない人間教師の仕事の仕事だと考えています。


    

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター