FC2ブログ

学校のあぶりだし機能と「第三の教室」[塩崎造語:2019/04/12]

発達障害の子の報告数の急増。

特別支援学級の在籍数の増加。

研究が進み、受け入れ態勢が整ったのではなく、学校や社会の「あぶりだし機能」が強まったととらえる方が正しいのではないか、という思いが日に日に強くなってくる。

下駄箱のかかとの位置を数ミリ単位で決める、傘の柄の方向を統一する、給食を食べる時はしゃべってはいけない、掃除も黙働、話の聞き方は頷き方まで統一させ、発言のマニュアルも細かな語尾まで徹底させる。

時間を守り、誰とでも仲良くし、ケンカは許さない。思いやりを持っている言動が称賛され、感情的になることは評価されず、身の回りは常に清潔でなければならない。仲間同士では、嘘芝居コミュニケーションを強いられ、それができないと排除される。

そんな窮屈な学校や社会からあぶり出される子が増えていると考えているのである。

ある特別支援学級が、そんな子どもたちの「シェルター」になっているのを見せてもらったことがある。知的障害もなく、自閉症と診断された子どもたちが、学校や社会の管理・支配から抜け出し、自分のペースでゆったりと笑顔で生活しているのをこの目で見た。

学校に第三の教室が生まれつつある。





コメント

非公開コメント

ブログ内検索

1日1回ポチッとよろしく(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

にほんブログ村 教育ブログへ 

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

37年間千葉県の小学校で学級担任として勤務。退職後2つの大学で非常勤講師として、生活・生徒指導、特別活動、発達障害 等の講義を担当。全国生活指導研究協議会常任委員。雑誌『生活指導』(高文研)編集長。著書『教師と子どものための働き方改革』『学校珍百景』 他。黒猫大好き。

さらに詳しいProfile……

にほんブログ村
人気ブログランキング

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
e-mail-send_icon_1150-80.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki
しおちゃんマン YouTubeチャンネル

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター