FC2ブログ

「学校珍百景」が売れ続けている理由(わけ)

私が編集責任で発刊してきた「学校珍百景」シリーズは、「学校珍百景」「学校珍百景2」(共に学事出版)、そして共同通信で連載した「『学校珍百景』へようこそ」をまとめた電子書籍を合わせると、合計三冊出版されていることになります。

学校珍百景】三部作
  

このシリーズが長い間教師の皆さんを中心に読んでいただいているのは、現場の皆さんに次のような "思い" があるからではないでしょうか。

○教師が、自らを縛っているものの正体を明らかにしたい。
○子どもたちを管理・支配しようとするものの正体を明らかにしたい。
○教師や子どもたちを苦しめている力や事実を笑い飛ばす元気を得たい。

ちなみに「学校珍百景」とは以下のような原因で発生すると考えています。

一つ目は、「お上」が決めたことを、子どもたちや地域のリアルな現実を無視して強引に現場に降ろし、しかもそれをどの教師にも統一してやらせようとするので、そこに無理が生じて「珍百景」が発生するケースです。

二つ目は、学力テストに代表される“競争の土俵”に、学校丸ごと乗っかり、そこから発生する、様々な笑えない「珍百景」。

三つ目は、見た目や形ばかりの「良い子モデル」「良い教育」が前面に出されるようになって、そしてそれがわざとらしく見えたり、誰もが「意味がない」とわかっていてもそれを推し進めざるを得ない現実が「珍百景」となって表れるケース。

つまり「学校珍百景」を考えていくと以下の日本の次の教育政策が見えてくるということです。

(1) 一斉・一律主義
(2) 競争主義
(3) 子どもに対する「良い子の嘘芝居」強要

こういった政策によって発生している矛盾や理不尽さは、もはや「珍百景」などとのんきなことを言っていられない非常事態であるとも言えます。現場には、教師にとっても、子どもたちにとっても、理不尽な嵐が吹き荒れているのではないでしょうか。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター