FC2ブログ

発問って「後出しじゃんけん」?

SNSなどで、
「あなたはどう思いますか?」
と聞かれて、真摯に答えると、
「私はそうは思わない」
と、私の答えを予想していたような "あげあし取り" をされることがあります。

そういうやり方を、私は「後出しじゃんけん」と言っています。

そんなことが続くので、私は「どう思いますか?」と聞かれたら、「あなたはどう思っているのですか?」と逆に聞くことにしています。

最近もそんなことが続いて、腹を立てていたら、ふと……
「発問って、後出しじゃんけんだなぁ」
と思ったわけです。

子どもにとってみたら、
「先生はわかっているくせに私たちにわざわざ尋ねてくる」
と思うこともあるかもしれないなぁ、と。
一生懸命答えたのに、先生は薄笑いを浮かべながら正しい?答えを押し付けてくると思っているのかも。

発問についての研究はずっと続けられて、掘り下げられてきていますが、子どもの中に葛藤を起こしたり、子ども同士に討論を生み出したりすることの他に、教師との関係性の視点で研究されているものはまだ聞いたことがありません。

※その方面での研究を何点か紹介してもらいました。また、この件について考え方もご意見いただきました。ありがとうございます。

※私は、今の学校現場の教師と子どもたちとの関係にとても危機感を持っている一人です。その関係(不信感に近い関係)の中での発問のあり方を問い直したいと思いました。

もう一つは、上から統一された形式的発問の問題です。深い意味を感じずに発問しなければならない現場の実態の中で、教師と子どもたちはどのような関係になっていくのかという問題です。

発問は学習内容にはたらきかけると同時に、関係をつくっていくはたらきもあるのではないかと……。

まとまったらまた書きます。




コメント

非公開コメント

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター