FC2ブログ

いじめの問題については、研究、語りつくされているのに…

いじめについては、研究され、語りつくされているのに、なかなか解決できない日本の社会。

そして、誰でもいじめられたり、仲間外れにされたりする経験を話せる日本人。

ところがいじめた経験はなかなか聞こえてこない。

いじめられるよりもいじめる側にいた方が断然確率が高いのに……。

保護者も、自分の子どもがいじめられる心配はするけど、いじめる側になる心配はなかなかしない。

いじめる側になる確率の方が断然高いのに。


いじめ問題を、加害者-被害者の図式のみで考えていくと解決できないのだろう。

それを生み出す構造的な問題と、起きてしまった時の乗り越え方を考えていかないと……。

いじめの問題は、

(1)「いじり文化」でしかつながれない子どもたちの問題、若者の問題、大人集団の問題、社会文化の問題。

そしてそれを発生させている、

(2)“成果主義(できるorできない)で人を評価する社会の問題"

に言及しないと解決が見えてこない。

また、管理的な教室、管理的な地域にいじめが多いことにも注意したい。

(3)管理に適応できている自分の立ち位置づくりのためのいじめについての研究。

その管理が生み出す

(4)ストレスの問題……

具体的には、

☆教師、子どもの『個性』を生かした(保障した)教育活動
☆子どもたちの自治の指導

★自己責任ではなくみんなの問題として課題解決に向かう子どもたちのイメージを持つ。
★いじめゼロではなく、いじめが起きても自分たちで解決できる力を育てる指導。




コメント

非公開コメント

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター