FC2ブログ

いじめ一人抱え込み問題 Oo。( ̄‐ ̄)

| \( ̄1 ̄;)/ | #3コマblog
なぜ担任はいじめ事件を一人だけで抱え込もうとするのか?

一つは、学級担任制度が、結果的に、問題を担任の自己責任に追い込むシステムになってるからだ。

担任がきちんと見ていないからだとか、指導が悪いからだと他から見られがちであるし、担任自身も、自分の学級の問題を他の職員に相談するのは申し訳ないと考えてしまう、そんなシステムになっている。

( ̄‐ ̄)。oO(もちろん、良い点もある)


| \( ̄2 ̄;)/ | #3コマblog
いじめを担任が一人で抱え込む二つ目の理由が「見えない評価」を気にすること。

管理職や同僚の手を煩わせずに、一人で問題を解決することが自分の評価を上げる…、と考えるのである。

これは教師の「承認欲求」でもある。

故にこういった事件は教師が個々バラバラにされ、教師が孤立している現場に起こりやすい。


| \( ̄3 ̄;)/ | #3コマblog
一人で抱え込み問題は、責任所在問題でもない。

一人で抱え込むことによって、事案についての多様な見方を失い、問題が長引き、解決が遅れることが問題なのである。

また、外部機関との連携の可能性も潰すことになり、専門的な分野での取り組む道も塞ぐことになる。

問題は共有し、責任問題を超えて、解決のために共同していくことが求められている。

学校現場に、信頼関係と多様性のある同僚性を取り戻そう。

( ̄‐ ̄)。oO(真のONE TEAMは違いをリスペクトすること)


9784761925680.jpg
logo_header.png





コメント

非公開コメント

ブログ内検索

1日1回ポチッとよろしく(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

にほんブログ村 教育ブログへ 

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

雑誌『生活指導』(高文研)編集長/全国生活指導研究協議会常任委員/最新著書『教師と子どものための働き方改革』(学事出版)/小学校で37年間学級担任として勤務/現在某私立大学文学部教育学科特任教授/iPhone12 Pro/Surface Laptop3/黒猫大好き/手相は両手とも「ますかけ」。

さらに詳しいProfile……

にほんブログ村
人気ブログランキング

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
e-mail-send_icon_1150-80.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki
しおちゃんマン YouTubeチャンネル

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター