FC2ブログ

教室でそっと子犬を飼っていた?

古い仲間と新年会を開いた。

このメンバーが集まると話題になるのが、当時児童の急増で利用していたプレハブ教室で犬を飼っていた話。

今では考えられないし、おすすめしないが、そんな時代もあったことをここに記しておきたい。(約40年前の話)

犬を連れてきたのは、先輩教師が担任していた4年生の子どもたち。当時でも、学校では飼うことはできない。ところがそのクラスの話し合いで、正式な飼い主が見つかるまで、教室の子どもたちでお世話することになってしまったのだ。

担任のO先生(3年目の先生)は、新採一年目の私たちに「管理職には内緒だよ」と口止め。面白そうだったので、私たちも口止めに同意した。

教室に犬がいることは、4年生の学年の子どもたちと学年教師、そして一部の教師たちの秘密事項になった。(プレハブ校舎は、本校舎とは少し離れていたので、そんなことが成立したということもあった)

ここで問題が二つ。

一つは、放課後、その子犬をどうするかということ。

もう一つは、保護者にどう伝えるかということ。

特に数日後に学習参観があったので、その時にどうするかが "口止めチーム" の職員と子どもたちの間で話し合われた。

そんなことを大真面目で教師たちが話し合いをしていた時代だったのだ。なんとなくうれしくなる。

学習参観の時には、選ばれた子どもが足元のダンボールの中に子犬を入れて置くことになった。吠えたり、鳴いたりしたらばれる……、だから声を出さないように子犬に伝えられる子どもが話し合いで選ばれたという。その子は子犬を一番世話をしていたおとなしい子が選ばれたという話だ。そして見事に子犬は一声も発しなかったのだ。

放課後問題は、家で面倒が見られる家で、順番に見てもらうことになった。ということは、あらためて説明しなくても、実は保護者は知っていて、何も言わずに受け入れていたということだ。

二週間ほどでクラスの中で飼い主が決まった。それまで管理職には全くばれなかった。知っていたのではないかと思うかもしれないが、それはない。なぜなら、そんなことは絶対に許さない、厳格な(ある意味、理解のない)校長だったからだ。

今では、アレルギー問題、安全問題もあり、こんなことは許されないだろう。それに口止めが成立する職員室ではないし、保護者も説明がなく受け入れてくれるとは思えない。

しかしそれが成立した時代があったことを記憶しておきたい。

そして今はないが、当時あったことが(それぞれの関係性について)、教育活動にどのように反映されていたのかはもっと研究されて良い。





コメント

非公開コメント

ブログ内検索

1日1回ポチッとよろしく(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

にほんブログ村 教育ブログへ 

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

37年間千葉県の小学校で学級担任として勤務。退職後2つの大学で非常勤講師。生活指導・進路生徒指導、特別活動、発達障害と学級づくり等の講義を担当。2月、3月には小学校現場にも臨時講師として勤務。全国生活指導研究協議会常任委員。著書『教師と子どものための働き方改革』『学校珍百景』 他。黒猫大好き。

さらに詳しいProfile……

にほんブログ村
人気ブログランキング

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
e-mail-send_icon_1150-80.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki
しおちゃんマン YouTubeチャンネル

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター