FC2ブログ

日本の教育行政は退化しているのでは?

文科省は、生徒一人ひとりにタブレットが渡されるようになったと自慢します。

教師の働き方は、その時期に合わせて調整できるようになるのだと胸を張ります。

道徳の教科化によって子どもたちは「良い子」になり、小学校の英語の導入により日本の子どもたちは国際的に育つのだと言います。

これだけ環境を整えているのだから、あとは教師の質の問題だと言うのです。


しかし、タブレット学習は、子どもの自主的、自治的学びにリンクできるのでしょうか?

今回の働き方改革?で、ブラックと言われる学校現場は働きやすくなるのでしょうか?

国にとっての良い子である子は、仲間にとっても良い子?なのでしょうか?

小学校英語指導の指導環境(人員や時間割問題)は整えられているのでしょうか?

上からの教師研修は、逆に教師を苦しめてることになっていないでしょうか?


その結果、

子どもたちは守られることなく放置され、学力格差は大きくなり、個性ある子どもたちはやっかい者扱いされ、

上からの指示命令と、子どもの現実の間で苦しむ良心的な教師は、体調を崩して休職したり、退職したりしていないでしょうか。

こういった現実を見た時に、日本の教育行政は、進歩どころか、退化しているのではないか?と思うわけです。





コメント

非公開コメント

ブログ内検索

ランキングアップにご協力を

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 

しおちゃんマン★ブログ 嘘芝居な学校を超えて - にほんブログ村

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

37年間千葉県の小学校で学級担任として勤務。退職後2つの大学で非常勤講師。生活指導・進路生徒指導、特別活動、発達障害と学級づくり等の講義を担当。2月、3月には小学校現場にも臨時講師として勤務。全国生活指導研究協議会常任委員。著書『教師と子どものための働き方改革』『学校珍百景』 他。黒猫大好き。

さらに詳しいProfile……

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
mail2020_100.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター