FC2ブログ

「卒業式」を大切にする日本文化

こんなご時世……、どう考えても、学校を閉鎖して新型コロナウィルスの拡散を防いだ方が良いはずなのに、日本人はそれよりも「卒業式」を大事にすることがわかりました。

休校中にも「卒業式」の日だけは卒業生とその保護者のみが登校して短い式を開く学校や、

休校は「卒業式」直前までにしている学校……、

日本中なんとか「卒業式」だけは開いてあげたいという思いでいっぱいです。

逆に、春休みまで一気に休みにして…、卒業生が突然の別れになってしまって卒業式ができなくなり、涙する子どもたちや教師たちの様子に国民皆「かわいそうだ」「なんてひどいことを」という思いを持った人が、私も含めて少なくないと思います。

なぜ日本の学校はここまで「卒業式」を大切にするのでしょうか。

それはおそらく、

1) 日本に言霊信仰の文化があり、『おわり』と言っておかないと終わったことにならないと考えること。

2) 関連して……、終わったことに対する証明にこだわる文化があること……。

3) 未来よりも取り組んできた過去を大切にする文化があること。

等々と関係があるのではないかと考えました。

いずれにしても今回の政策が(春休みまで休校を要請した政策が)、現場の思いを無視し、現場の実態知らずの素人考えであったことは否めません。

全体的な取り組みの遅れが、現場の声や実態を聞き取る余裕がなく、「やってますポーズ」優先な取り組みになってしまったことが残念です。

私は基本的に臨時休校支持です。ただ、その手順や方法に課題があったと考えています。




コメント

非公開コメント

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター